2017年08月31日

超空を泳ぐB-2「鱏(エイ)」が成層圏でステルスとなり忍び寄る事態が来なければいいな

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、すっかり秋空模様の天候となった今日この頃、気持ちが良いだけ爽やかさが増した気分になれますね。では内外のニュースを観て見ましょうか、北朝鮮の漁船が日本の既得海域の日本海で水産物類の横取り漁やトンデモナイ漁法により漁獲していることが明るみに出て来た。これら何百隻の害船の追い出し駆除に日本の管区巡視群は多大な労力消化と精神消耗を与えられている・・・・・何年も続けられて、もう現場サイドでは威嚇送水砲などでは対処できないのではともおもう・・・と気の毒である。
また、(大陸間)弾道弾ミサイルロケット無差別、乱発発射実験問題で北朝鮮・労働新聞の論評として、この間の(大陸間)準中距離(戦略)弾道弾ミサイルロケット発射実験を引用して「発射訓練は主権国家の自衛権行使であり合法的な権利だ」と主張し、かつ「わが国が国防力強化に力を注ぎ、自衛的措置を取り続けているのは、米国からの核戦争の危険を防ぎ、朝鮮半島と地域の平和を保障するためだ」と強調しているとのこと。
着弾目標精度の曖昧・ひ弱な改修・改造北朝鮮版ミサイルロケットを飛ばして大海を挟んだ我が国・領土(小大陸)の頭の上を通過させておいて
、甚だしく迷惑で恐怖感を与えている独裁的な先軍政策思考はゆるすべきではない!!!日本も厳重警告、厳重抗議、経済強行制裁などではこれ以上の進展は望めないので超法規的(合法な)防ぎょ自衛権の行使を強硬に態度に表わすべき事態に来てしまっている・・・・さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ観て見ましょうか、雄々しい絵があったので紹介したい、天空を鋭く、獲物を狙う“マンタ”の如く・・・アメリカ空軍・空軍地球規模打撃軍団・第8空軍・第509爆撃航空団(モットー:復讐の擁護者?)・第509作戦群・第393爆撃飛行隊(愛称:猛虎)所属のB-2A (AV-20) Block-30 <93-1087>戦略ステルス爆撃機(航空機敬称:ペンシルベニア魂)「WM」である。当然、超大な破壊力をかかえいるだろうなぁーとジジイの独り言。
超空を泳ぐB-2「鱏(エイ)」が成層圏でステルスとなり忍び寄る事態が来なければいいな


  


Posted by tsuzuki  at 18:35Comments(0)

2017年08月30日

強大な破壊力を持った大型爆弾を大量に搭載して飛び回る「バフ」をあまり想像したくないなぁー

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、
お空に天気はいいがもうすっかり初秋を通り越して終秋ですね、寒すぎますよ。なんか今年は冬が駆け足でやって来るような感じです。さて内外のニュースを観て見ましょうか、国内の話題では、麻生太郎副総理兼財務相が派閥の集まりで旧ナチス・ドイツ宰相「ヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメ」と発言したことで不適切と撤回したいとのコメントを出したとのこと。多分、ヨーロッパ各国に生活していたユダヤ人民族一般住民の600万人?虐殺を含めての事だと思うが、何が不適切発言なのか小生には理解できない。明白な歴史的事実としてナチス軍は電撃的な進撃で各国を侵略進攻し、抑え込み、ユダヤ人を命令を下し無差別に殺戮した元首である。正直さがねじ伏せられたのか・・・何が不適切か?教えてほしい。では恒例の働く?軍事絵をひとコマ観て見ましょうか、青空にぽっかり空中浮遊する要塞の絵を見つけたので紹介したい。アメリカ空軍・航空軍地球規模打撃軍団・第8航空軍・第2爆撃航空団・第2作戦群・第96爆撃飛行隊(悪魔の化身)に所属するB-52H -140-BW (MSN 464368) ストラスフォートレス(成層圏の要塞)・長距離マルチロール戦略爆撃機(通称:バフ)「60-0021 : LA」である。超大で・・でっけぇーと思いながらいつものジジイの独り言。
強大な破壊力を持った大型爆弾を大量に搭載して飛び回る「バフ」をあまり想像したくないなぁー



  


Posted by tsuzuki  at 12:30Comments(0)

2017年08月28日

超高速・哨戒(索敵)巡視艇の水上スピードはハイ・スピード・モーターボートを捕えれるか

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、
昨日までの天気とは打って変ってチョットこ寒い感じがする。まあぁー、昨日までの3日間の「三沢まつり」も天候に恵まれ、愉快に楽しく盛会に終了したし、取敢えずは良かった・・・・したがって、本日は平日日となりこ寒い天候と同じく・・・閑散です。では内外のニュースを見て観ましょう、国内動静は新宿で重機は倒れるは・・、福島でグライダーが墜落するは・・・で、相変わらず事故が発生している。アメリカ海軍の(イージス)ミサイル駆逐艦「ジョン・S・マケイン(USS John S. McCain)」のタンカーとの衝突した事故で、行方不明となっていた乗組員10人全員の遺体を収容したと発表。艦船の船内各室等区画自動水密ドアが急激な浸水で働いたのであろう・・・・ご冥福を祈りたい。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ観て見ましょう、アメリカ海軍・沿岸河川(哨戒)軍団・第1沿岸河川(哨戒)群・グアム分遣隊の海上保安業務に携わる「マーク6・全天候型(沿岸・河川域)哨戒高速巡視艇」である。こいつの武装が半端で無い、びっくりするような武装装備を有しており、しかも海域・河川戦域海上を100キロ以上の超高速で移動できるウォータージェット・エンジンを搭載しているからすごいと言いようが無いし、哨戒時作戦の内容にもよるが艦艇外観上、前後2基の強力な40ミリ機関砲、7.62ミリ機関砲、12.7ミリ連装機関銃(最大4基)、40ミリ・グレネードランチャー装置を2基装備している。あらゆる武器を装備した超小型ハイスピードボートで操縦戦闘員少数「最精鋭・忍者群団」である。時に超有名なアメリカ海軍・特殊作戦戦闘員部隊を乗船支援作戦任務に就いているなぁーとジジイの独り言。
超高速・哨戒(索敵)巡視艇の水上スピードはハイ・スピード・モーターボートを捕えれるか


  


Posted by tsuzuki  at 17:21Comments(0)

2017年08月27日

ホークアイDは超長距離レーダーとハイレベル高精度電子通信機能と超滞空長距離飛行性能もち

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、天気爽快で秋到来のそよ風がこれまた心地よくたなびいているが昼は暑かった。今日は「三沢まつり」最終日(秋を祝う神様のお還り地方時節)、終日、楽しからんことと豊作物、豊漁を願いつつ嬉しきことを願いたい。では内外のニュースを観てみましょうか、、国内は相変わらず理不尽な事件、事故だらけ・・・・。これが私たちの住んでる世の中ですね!!ところでお隣の「海上自衛隊・大湊航空基地」(青森県むつ市に所在)の報道では海自艦船・護衛艦「せとぎり」搭載のSH-60J対潜水艦哨戒(捜索救難)ヘリコプター機が夜間飛行訓練中に墜落とのこと一人でも多くの乗員の早期発見、無事を祈りたい。目を変え、国外の動向も北朝鮮に振り回されぱなっし!甘いぜよ!諸外国!がこれが現実です!!アメリカの現大統領のドランプでは政権維持の今後の状況も当てにならないし、それ以上にアメリカ国民の意識の国家政策をドランプに委ねる思考を疑問視したい。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ観て見ましょう、アメリカ海軍・第7艦隊(航空飛行戦隊)配置となる第5空母航空団・(艦隊付)第125空母空中早期警戒飛行戦隊“Tiger Tails”所属機のE-2D 先進型ホークアイ空中早期警戒・管制機(NF/601)でスキッパー機か??そう言えばアメリカ海軍・第7艦隊の空母機動・戦闘機部隊が「在日米軍・岩国海兵隊航空基地」に順次各部隊移転することになっているが全機揃うと表面装備展開基地として「極東一の軍事基地」となるなぁーとジジイの独り言。
ホークアイDは超長距離レーダーとハイレベル高精度電子通信機能と超滞空長距離飛行性能もち


  


Posted by tsuzuki  at 15:08Comments(0)

2017年08月26日

米海軍の主力戦闘爆撃のスーパー・ホーネットを基軸に開発された双発エンジン独特のお尻の可愛いグラウラー

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、天気がいいですね「三沢まつり」中日もこれからが国際サマーフェステバルで盛大さを増す時間帯となってきます。楽しみですね、祭りですから今日も愉快に楽しみたいものです。では内外のニュースを観て見ましょうか、アメリカ国防省の報道によると、北朝鮮が恐らくは旧ソ連製の「SS-21」短距離弾道弾ミサイルロケット「SRBM」(※ロケット先端部には、核弾頭、生物弾頭、化学物質弾頭などが搭載可能である。) を延長改造、改良した弾体?の「KN-02」?改造型・短距離弾道弾ミサイルロケット(SRBM)3発の発射に失敗したとのこと。この「米韓合同・軍事演習」?を視野に入れ、威圧した敵対国に対する行動を執った極東非情国・独裁国キム・ジョンウンの継承された先軍思想、ミサイル発射脅しの対外プパガンダ威嚇失敗で権威失墜か!!?さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ観て見ましょう、アメリカ海軍・第132電子戦攻撃飛行戦隊(VAQ-132スコーピオン部隊)のE/A-18G (MSN G-25) 166940グラウラー電子戦攻撃機(NL540)である。この電子戦攻撃機は「在日米軍三沢航空基地(米海軍三沢航空施設)」にアメリカ本国から6ヶ月ローテ配備されている機体の1機でそれぞれを判別するにはシリアル・ナンバーを分析するしかないなぁーとヂヂイの独り言。

米海軍の主力戦闘爆撃のスーパー・ホーネットを基軸に開発された双発エンジン独特のお尻の可愛いグラウラー

  


Posted by tsuzuki  at 14:48Comments(0)

2017年08月25日

なんかよう判らんがー、実戦配備中ライトニングIIで海兵隊向けが実用的か?搭載兵器の破壊力は当然向上

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、素晴らしい!!快晴です!秋祭り豊作・豊漁祈願が天に通じたか!!サァー「みさわ祭り」、本日の夜間お通り運行から本格的に盛大に開催だ!!!では内外のニュースを見て観ましょうか、あまり驚かないが…?中国・人民解放軍空軍・航空連隊のH6(ホン6)多種機能転換?・大型長距離・戦略爆撃機が日本国土(本土領土)を爆撃編隊グループ体制で異常な侵犯飛行行動を執っていると思っていたら、ロシア極東軍管区・空軍航空偵察連隊のTu-95ベア?長距離・大型(戦略偵察)爆撃機数機が日本本土領空空域を周回していると言う??極東地域もいろいろイライラして来ているのか?恐らくは通年の「米韓軍事演習」へのけん制かも・・・!?毎年のことか?さて恒例の働く?軍事絵を見て観ましょうか、海兵隊の「カブトムシ君」の着陸時の面白いスタイルがあったので観て見ましょう。アメリカ海兵隊・第13海兵航空群・第3海兵航空団・第211海兵戦闘攻撃飛行戦隊(ニックネームは※太平洋の真ん中に浮かぶ島「ウェーク島の復讐たち」)所属のF-35B (BF-45) 169165電光2世号・ステルス短距離・垂直離着陸戦闘(爆撃)機「CF/12」である。このずんぐりむっくりな格好で実は飛翔中はほとんど敵対レーダー波にストライクの瞬間を与えないと言う事だから先進技術のステルス機能の確立は凄いの一言に尽きるなぁーとジジイの独り言。
なんかよう判らんがー、実戦配備中ライトニングIIで海兵隊向けが実用的か?搭載兵器の破壊力は当然向上


  


Posted by tsuzuki  at 17:35Comments(0)

2017年08月24日

グラウラーの最新機能である前方全域センサー、電波妨害や電磁波、通信網破壊は超高度化

三沢アメリカ村「スカイプラザミサワ」(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、「三沢まつり・前夜祭」日だと言うのに情緒の無い凌ぎ雨である、どしゃぶりじゃ!!!これが続いたら祭りは悲惨である。秋祭りによる祈願参りが農業経営者や漁業経営者たちの窮状を救えるか?天候回復祈願!!では内外のニュースを見て観よう、戦略軍事費にカネにイトメをつけない独裁国「北朝鮮」朝鮮人民軍(戦略ロケット軍)がこれまで試験発射してきた数発の超強力な推進力のあるICBM・長距離大陸間弾道弾ミサイルロケットの同種のリフト・アップ・エンジンはどうもウクライナがロシアへ売却した旧ソ連の液体燃料式エンジン「RD250」の改良型「宇宙ロケット・エンジン」だと言う事である。ではどこが北朝鮮に売却したのかなぁー?!そりゃ「ロシア」でしょう!!また現実的なミサイルの開発課題として、北朝鮮・ロケット改造技術陣(かなり優秀な技術者がいると言う事である。)は液体燃料から固体燃料化に一部で成功しているでしょう??さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ観て見よう、大好きな機体の一つであるアメリカ海軍・第132電子戦攻撃戦隊(VAQ-132スコーピオン部隊)のE/A-18G 166937 (MSN G-22) グラウラー電子戦機(NL543)である。この飛行部隊は「在日米軍三沢航空基地(米海軍三沢航空施設)」にアメリカ本国から6ヶ月ローテ配備されている部隊だなぁーとヂヂイの独り言。
グラウラーの最新機能である前方全域センサー、電波妨害や電磁波、通信網破壊は超高度化


  


Posted by tsuzuki  at 16:00Comments(0)

2017年08月23日

オスプレーの輸送能力は軍戦・軍略的には合理的に迅速に大量物資の調達援助に一役買ってる

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズされた店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、今日は意にたがわず良い気候となりました・・・こういう天候が続いてくれれば少しは気分も安らぐかな・・・自然界の行動に祈りを捧げたい・・・。神のみぞ知る・・・。では内外のニュースを見て観るとしますか、独裁国・北朝鮮のダッダ子で党委員長と言われてる「キム・ジョンウン」の動静が伝わって来た、なんか、この間試射に成功したらしい?(本当かなあー??)ICBM・超距離大陸間弾道弾ミサイルロケット(自国生産??固体燃料搭載)の開発(恐らくは旧ソ連ミサイルの改造)・増産と搭載弾頭(核分裂・核爆弾のことか??)を指示したとのこと・・・旧ソ連から購入したミサイルロケットは恐らくは500発は下らないであろうがそのどれもが1950年代の旧型ミサイルであろう・・この劣化が進んでいる改造して使用することは相当な高度技術を要する。果たして確立しているのか??また、大気圏再突入の技術的な能力を得たのか疑問であるし??なおかつ命中精度の達成度はどうか疑問である???いかさまだらけの国であるから他国に対する独りよがりで吠える単なる牽制であればよいが・・・・さて恒例の働く?軍事絵を見て観ましょうか、今、在日米軍三沢航空基地に日米演習の遠征拠点基地で飛来しているオスプレー部隊のティルトローター・カーゴ機の仲間である。アメリカ海兵隊・第3海兵遠征軍・第31海兵遠征群団(第1海兵航空団・第36海兵航空群)第265海兵中型短距離・垂直離着陸飛行戦隊「ドラゴンズ」所属(EP/07)のMV-22B (168028) オスプレーy V/STOLティルトローター 軍用輸送機である。あんまり言いたくないがパイロットのヒューマンエラーなのか時折、人命損失事故を起こしているらしいなぁーとジジイの独り言。
オスプレーの輸送能力は軍戦・軍略的には合理的に迅速に大量物資の調達援助に一役買ってる



  


Posted by tsuzuki  at 17:54Comments(0)

2017年08月22日

ドラゴン・レディの作戦任務はもちろん機体運用の各種装備内容もトップシークレットは当然

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズされた店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、昨日とうって変って今日は時雨れ、グレ雨模様ですがこれまでのグズグズ雨模様天候より少しはましか・・・・今月、(24日は前夜祭でお囃子競演)25日から「三沢まつり」が25日は山車のお通り、26日は仮装行列など、27日は山車のお還りとコスチューム・イベントと三日間に渡って開催される・・・・天気が良ければと願う。では内外のニュースを見て観てみようか、アメリカ・ドランプ現大統領が中東内戦のアフガニスタン戦略の今後について撤退しないで、米軍の駐留は継続し「勝つために戦う」と言ってる自分が大統領選挙戦中はアフガニスタンから「早期撤退」を強く言ってたくせに・・・・政治家になれば二枚舌で平気な顔していけずうずうしい。ビジネスマン大統領が軍略の実態を知ればコロッと気持ちが変わるのは解っていたが・・・・地方都市雇用対策、製造産業の停滞消滅ストップなど・・・政策は山積みですね。なんか、日本の海外輸出自動車産業が今度はアメリカで一等順位でやり玉に挙げられるような気がする。経済が向上するような要素はどんどん狭められていくような気がするのは小生でけかな????さて恒例の働く?軍事絵を見て観ましょうか、 北朝鮮へ威嚇、脅し自制の威圧演習「米韓の年次合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダム・ガーディアン」(UFG)」がなんか坦々と進められてる。この演習より次の演習のほうが北朝鮮にとっては国家消滅の意味合いが大きいことから、多分、徹底的な反抗態度に出るであろう・・・・米韓演習の奥深さについて日本人で理解している人は・・・ほとんど皆無、他山の火事・・・・。不気味な始祖鳥?の絵があったので紹介しよう、アメリカ空軍・航空戦闘軍団・第9偵察航空団「BB」・第9作戦群・第99(遠征)偵察飛行隊「Semper Paratus→常時態勢?」所属のU-2S (070) 80-1070 ドラゴン・レディ超・高高度偵察機である。アメリカ空軍は無人偵察機の高度化に傾注しているがこの有人偵察機の運用は精密機械の盲点をある意味補充しているのかなーとジジイの独り言。
ドラゴン・レディの作戦任務はもちろん機体運用の各種装備内容もトップシークレットは当然

  


Posted by tsuzuki  at 17:40Comments(0)

2017年08月21日

すばしっこい軽量級・戦闘機の飛翔にもベイパーを引くとこんなダイナミックさが垣間見える

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、イヤー、久し振りの清々しい天気ですね、おおむね二十日ぶりかな?今後の天気情報によるとこの一週間はだんだんと天候が回復して来るらしいが・・・・どうかな!?では内外のニュースを見て観ましょうか、国内動静は各地でいつものように事件、事故が散発しているなぁー。国外に目を向けると、またアメリカ海軍・第七艦隊の第15駆逐艦隊の(イージス・ミサイル)駆逐艦「USSジョン・S・マケイン(DDG-56)」が民間?タンカーと衝突したとのこと、同艦船乗員10名が行方不明で5名が負傷しているとのこと・・・行方不明乗員の無事を祈りたい。さて恒例の働く?軍事絵を観て見ましょうか、在日米軍三沢航空基地・米空軍第35戦闘航空団配備のF-16CMウィーゼル機とは前方展開時の作戦任務は違うステージで出撃になると思うがダイナミックで華麗な絵があったので紹介したい、アメリカ空軍・航空戦闘軍団・第9空軍・第20戦闘航空団「SW」・第20作戦群・第79戦闘飛行隊「タイガース」所属のF-16C (CC-224) Block-50 00-0224 ファイテング・ファルコン・マルチロール戦闘機である。航空戦優勢作戦任務を遂行し進攻時における劣勢態勢をカバーするタイガース部隊は頼もしいなぁーとジジイの独り言。
すばしっこい軽量級・戦闘機の飛翔にもベイパーを引くとこんなダイナミックさが垣間見える

  


Posted by tsuzuki  at 16:23Comments(0)