2017年08月25日

なんかよう判らんがー、実戦配備中ライトニングIIで海兵隊向けが実用的か?搭載兵器の破壊力は当然向上

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、素晴らしい!!快晴です!秋祭り豊作・豊漁祈願が天に通じたか!!サァー「みさわ祭り」、本日の夜間お通り運行から本格的に盛大に開催だ!!!では内外のニュースを見て観ましょうか、あまり驚かないが…?中国・人民解放軍空軍・航空連隊のH6(ホン6)多種機能転換?・大型長距離・戦略爆撃機が日本国土(本土領土)を爆撃編隊グループ体制で異常な侵犯飛行行動を執っていると思っていたら、ロシア極東軍管区・空軍航空偵察連隊のTu-95ベア?長距離・大型(戦略偵察)爆撃機数機が日本本土領空空域を周回していると言う??極東地域もいろいろイライラして来ているのか?恐らくは通年の「米韓軍事演習」へのけん制かも・・・!?毎年のことか?さて恒例の働く?軍事絵を見て観ましょうか、海兵隊の「カブトムシ君」の着陸時の面白いスタイルがあったので観て見ましょう。アメリカ海兵隊・第13海兵航空群・第3海兵航空団・第211海兵戦闘攻撃飛行戦隊(ニックネームは※太平洋の真ん中に浮かぶ島「ウェーク島の復讐たち」)所属のF-35B (BF-45) 169165電光2世号・ステルス短距離・垂直離着陸戦闘(爆撃)機「CF/12」である。このずんぐりむっくりな格好で実は飛翔中はほとんど敵対レーダー波にストライクの瞬間を与えないと言う事だから先進技術のステルス機能の確立は凄いの一言に尽きるなぁーとジジイの独り言。
なんかよう判らんがー、実戦配備中ライトニングIIで海兵隊向けが実用的か?搭載兵器の破壊力は当然向上







Posted by tsuzuki  at 17:35 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。