2017年09月29日

極東米空軍基地の中でもウィーゼル部隊の特殊強化シェルターは結構な予算を投じているらしい

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、本日は昨日の午後と同じでどんよりしたり、雨が降ったりで不安定な天気が続いていますね、こういうのをうっとしい気候と言うんだろうな。今時分になったら今度は寒くなって来たしどうしたいんだ??では内外のニュースを見て観ましょうか、チビ(でぶ)ロケットマンの非情独裁国・北朝鮮が情報筋の観測解析によると、単純なミサイル分析ではまたもや潜水艦発射型が基本となっている中距離弾道弾ミサイルロケット(SLBM)の発射準備を進めているらしい??マァー、北朝鮮の中距離?弾道弾型ミサイルではこれまでの無神経で激情迷惑なミサイル実験でこの北極星(1号)→旧ソ連製KN-11型タイプが一番飛行安定しているようだ・・・・またもや物議をかもし出すか・北朝鮮!アメリカは今度は今までのようにいかないでしょう。開拓時代からの強固な意志として戦って勝ち取って来た歴史を持ってきているから・・・・さて、ここのところ、三沢の米軍基地もウィーゼルもガルーダもシード訓練を強化しているようだし、今度は外来機も頻繁に来るようだし・・・・さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、今日は設備編でいきますか?先日のワイルド・ウィーゼル部隊F-16CM、20数機によるメインランウェーのの「エレファント・ウォーク」は爆装フル装備によるマーチングで勇壮、猛々しかったらしい・・・この絵は、ウィーゼル機の強化シェルター(掩体壕)内でのひとコマである。このスリット・トレンチは実はF-16戦闘機用、F-15戦闘機用とダブルの常設システムが組まれている。確か、今度配備されるF-35戦闘機用整備・補完システムはすでに完了しているらしいなぁーとジジイの独り言。
極東米空軍基地の中でもウィーゼル部隊の特殊強化シェルターは結構な予算を投じているらしい


  


Posted by tsuzuki  at 17:57Comments(0)

2017年09月27日

人員輸送のエキスパート群であるC-5、C-17機動軍団とC-130群団の横田の14機は迅速

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、本日も気候良し、風土良し・・・のんびりとした午後のひと時を迎えています・・・・が、人が来ない、昨日とおんなじような感じで時間が過ぎております。では内外のニュースを覗いて見ましょうか、アメリカ空軍のB-1B(戦略)戦術爆撃機2機と護衛のF-15C大型戦闘機の数機が北朝鮮と韓国の海上南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)を越えたらしい・・・どうも、北朝鮮・国土にかなり配備されてる旧式と言われてる早期警戒レーダー網がキャッチできなく、戦闘機のスクランブルが出来なかったらしい。防空網監視が稼働出来ないと言う事は致命的である。というかB-1Bを撃墜できるかどうか?疑問とアナリストの声でもある。話は変わって在韓米軍家族の退避に伴うアラーム・コンディションであるがそれ相応の退避輸送手段が的確に稼働しないと12時間以内の移動は厳しいものがある!・・・・C-130、C-5、C-17輸送機、強襲揚陸艦、空母艦船等の艦船救出などによるマニュアルがあるから心配??無いか・・・独言(どっこ)。さて、恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観よう、デカいですよ・・・アメリカ空軍・空軍機動軍団・第18空軍・第436空輸航空団 (436 AW)・第436作戦群・第3空輸飛行隊所属のC-17A (c/n P170) 07-7170グローブマスター3世(戦略/戦術)長距離大型軍用輸送機 である。この機体が集まって来て動いたら・・・退避本番か・・なんちゃってジジイの独り言。
人員輸送のエキスパート群であるC-5、C-17機動軍団とC-130群団の横田の14機は迅速





  


Posted by tsuzuki  at 15:51Comments(0)

2017年09月25日

B-oneと言われ、「死神白鳥」ボンバー「粗暴な野生イタチ」ウィーゼル基地・三沢にも来たなー

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、本日の天気模様は悪くはなかったがさりとて良いかと言うとそうでもない・・・・なんせ、小生、気圧の変化を敏感に感じるらしく、だるいはかったるわ・・ふしぶしがぎしギスと感じる今日のようなこんな天候にはいつもそうだ。では内外のニュースを見て観ましょうか、ちびデブ・ロケットマンとドランプのドゴウまがいのけん制もだんだんとエスカレートして来たね・・・大国も余裕ありげに膝枕でけん制しているが「窮鼠猫を噛む」にならなければ良いが・・・・独裁・後進国のキタ、水爆(核融合)実験を太平洋上で行う事もじさないとしている。こういうので恐ろしいのが北朝鮮の「水爆・輸送手段」が弾道ミサイル空輸しかない事である。核融合物体であるから間違って飛行中に何らかの影響により起爆したりして・・・・円周直径約150キロ以上に放射能被害をもたらして・・・・北朝鮮・ミサイル開発技術陣の高難度精密科学習得技術がまだ適正確立高度化されていないだろうし、考えたくない。さて恒例の働く?軍事絵のひとコマを今日はさりげなく見て観よう、アメリカ空軍・地球規模打撃軍団・第8空軍・第28爆撃航空団(EL)・第28作戦群・第37爆撃飛行隊(ニックネーム:猛虎)所属のB-1B (MSN80) 86-0120 ランサー超音速(超低空進攻)重(戦略)戦術爆撃機(呼称:死神白鳥)である。最近は北朝鮮国土境界線スレスレの上空にけん制飛行をしているが当の北朝鮮のロケットマンと朝鮮人民軍・軍部はこの爆撃機の強大な底力を理解していないらしい・・・爆撃機が凄いのはもちろんだが搭載する地上破壊爆弾類がものすごいのを知らなすぎるなぁーとジジイの独り言。
B-oneと言われ、「死神白鳥」ボンバー「粗暴な野生イタチ」ウィーゼル基地・三沢にも来たなー

  


Posted by tsuzuki  at 18:14Comments(0)

2017年09月24日

コーストガードMSRTオペも装備装着でこうなって来ると誰が誰だかわかんねーような感じ

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今日の天気はそれなりに爽やかな感じがしますね、凌ぎ易いとはこのことか・・・・そういえば、今日は「海自・八戸航空基地の航空祭」でしたね。では内外のニュースを見て観ましょうか、どうやら軍事大国のアメリカ・ドランプ現大統領と非情独裁国・北朝鮮(ちびロケットマン)の舌戦が一歩づつ地盤堅めされてきたようである、アメリカも最初は警告には、警告とかなりあしらってきた感じであったがことごとく増幅に増幅を重ねて来て・・・ここまで来たらやるしかないかと言う意向を外掘りから中堀り、内堀りへと順次変化して来ている・・・・このことは各種の様々なステージ、カテゴリー、フェーズの軍事演習を強化充実して来ていることからも言えるのではないか!?因みに三沢基地の米空軍・F-16CMウィーゼル、米海軍・EA-18ガルーラ戦闘機部隊もそれぞれシード(敵対防空網制圧)訓練の技能向上維持を保っているとのこと。そう言えば中東ではイランがアメリカの圧力に屈服することなく開発を進めていた多弾頭搭載型新型中距離?弾道ミサイル「ホラムシャハル」の発射実験に成功したとのこと、弾道ミサイル問題もこうなって来ると極東だけではなく中東でものさばって来るようになる。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか。アメリカ国土防衛軍は陸軍、海軍、空軍、海兵隊4軍のほか、沿岸警備隊がその任をおびている。ではコースト・ガードの特殊(作戦)部隊を覗いて観ますか、アメリカ沿岸警備隊・展開特殊軍団・展開(特殊)作戦群団・海洋対応戦術警備チーム(MRST)・交戦戦術部門(DAS)のオペレータ部員の訓練敵対装備である。通常はDASオペレーターは警察SWATチームが着用するタイプの戦術的装備で、CQBR 5.56mm×45mmのカービン、12ゲージのショットガンと9mmピストルですね。MSRTオペレーターは、複数のプレートキャリアと戦闘服を着用するらしい。マルチカムでもOPS-Core FAST Ballistic Maritimeヘルメットの下にマルチカム・バラクラバとPeltor Comtac IIIヘッドセットを装着しているなぁーとジジイの独り言。
コーストガードMSRTオペも装備装着でこうなって来ると誰が誰だかわかんねーような感じ



  


Posted by tsuzuki  at 17:22Comments(0)

2017年09月23日

軍人家族の緊急時の退避ペイロードはフェーズが違うでしょう、スキッパーの人道判断で決断

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ広場上空、 ズバリ、雨です。言う事無し、でも明日への変わり目を期待する・・・・これが人間です。ではチョコと内外のニュース見て観ましょうか、北朝鮮・ロケットマンとUSAツゥーイーグル・ドランプとの威嚇毒舌戦はどうなるか・・・????簡単です!!イーグルは国連安保の見て見ぬふりを狙っています・・それが「承認」です。それでグローバル・ポリスを自負するアメリカ軍が行動を起こせる!!世界世論もついて来る!!戦争とはそんなもんですね、これまでの歴史を見ると・・・正当化はしないがこれがその時代の現実!!さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、アメリカ空軍(在日アメリカ軍本拠)・太平洋空軍・第5空軍・第374空輸航空団(YJ)・第374作戦群・第36空輸飛行隊(大鷲の運び屋)所属の高度化改造のC-130J -30 (T/V# 5612) 08-8604 スーパー・ハーキュリーズ軍用輸送機である。在日米空では横田だけで約15機?あるが結構な救出が出来る、米軍は何か起ころうとすれば退避作戦はべらぼう迅速・・・あまり知られていないなぁー。こういう後方支援って言うのかどうかファーストアタック、バックアタック、オールランドバックアップ・・・これが先攻進攻戦の暗黙のカテゴリーかなぁーとジジイの独り言。
軍人家族の緊急時の退避ペイロードはフェーズが違うでしょう、スキッパーの人道判断で決断


  


Posted by tsuzuki  at 18:02Comments(0)

2017年09月22日

ドラゴンレディを撃墜できる能力を持ち合わせていないなぁー、北朝鮮の軍事動静は筒抜け

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、 今日は昨日の曖昧な天気と違って極めて清快ですね、もち、気持ちがいいですよ・・が生き物(人)が活きてる形跡が無い?どこに居るんだ人間は??晴れ晴れとした日の通りに人が居ない・・・・・では内外のニュースを見て観よう、非情独裁国・北朝鮮のロケットマンがアメリカ・ドランプ大統領の国連での演説に対抗してか?・・・恐喝とも思える太平洋上での核融合・水素爆発実験実施で「史上最高の超強硬(強攻)対応措置を取る」との声明、なんかあからさまにどんどんエスカレートしてくる事態に突き進んでいる感じがするのは小生だけかな??戦争屋さんのアメリカ軍はプレジデント・ゴーサインを待って万全の先攻態勢化でスタンバイしている・・・・・決して煽る訳ではないが・・現実的に第二次朝鮮戦争への歩みらしきことに転換して行くような感じがしてならない・・・・さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観よう、24アワーズノンスットプ監視体制のブラックジェットの異様なシルエットをじっくり見て観たい、アメリカ中央情報局(CIA)スパイ活動連動のアメリカ空軍・第9偵察航空団(BB)・第9作戦群・第1偵察飛行中隊?所属のU-2S (80-1099) ドラゴン・レディ高高度全天候型(戦略監視スパイ)戦術偵察機である。北朝鮮は軍事衛星の他、かなり詳細鮮明な情報が採れるこいつに常に見張られてる荷を知ってるのかなぁーと時事の独り言。
ドラゴンレディを撃墜できる能力を持ち合わせていないなぁー、北朝鮮の軍事動静は筒抜け








  


Posted by tsuzuki  at 17:30Comments(0)

2017年09月20日

OS51、べバリーハード、ウィーゼルORE・OK、イワクニ、アンダーセン、カデナ、スタンバイ!

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、本日は曇りです、マァー寒くは無いがどうしようもない天気ですね。台風が去ってもサッパリ気候が良くならない感じである・・・。どうも体がかったるい、どんてん雨模様の繰り返しで身体が気圧に反応したらしい・・・・だるい。この身体に反応と変化、若もん者には解らないだろう、年を重ねないと・・・。では内外のニュースを見て観ようか、
ドランプ現大統領、国連の演説の場で独裁国北朝鮮を名指してキム・ジョンウン「ロケットマン」国家をアメリカは合衆国は「完全に破壊」せざるを得なくなる可能性があると発言。アメリカ軍、全4軍プラスワンの戦闘に突入、極短時間先制攻撃態勢は完全に準備が整ったらしい。あとは国連の安保理が暗にだんまり容認をしてくれれば正義の制圧戦闘に出るであろう・・・・。米空軍のリビア進攻、イラク進攻、アフガン侵攻、シリア進攻然りである。これはこれまでのグローバル論理から言って当然のことである。こうなって来ると残念ながら外交交渉、人道尊重優先は戦いの中での自然派生する交渉の一つである。さてここで恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観よう、アメリカ陸軍・第4歩兵師団・第2歩兵旅団戦闘群団(モットー:真一文字の猛者)・第41歩兵連隊(モットー:聖戦馬と山岳戦士)・第1戦闘大隊・B(ブッシュマスター)中隊戦闘員と共同作戦に臨むUH-60L -21 ブラックホーク (S-70) 「97-26767」マルチロール(輸送)ヘリコプター機である。この機体の発展・改良型は様々なバージョン、バリエーションを吹かせれいるなぁーとジジイの独り言。
OS51、べバリーハード、ウィーゼルORE・OK、イワクニ、アンダーセン、カデナ、スタンバイ!


  


Posted by tsuzuki  at 17:29Comments(0)

2017年09月19日

ネイビー・シールズは軍事予算執行上、あまり制約されない!「特待生」扱いをされているか?

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、台風の消滅した本日はメッチャ、ビッチャ爽快な気候ですね・・・・・清々しーい。平日ともあってか人通り極めて少なし・・・。ではここで少し内外のニュースを見て観ましょうか、アメリカの超タカ派御人の国防長官が核小型化・長距離延長弾道ミサイル開発でムチャクチャな挑発を続けるキム・ジョンウン独裁国・北朝鮮に対する対応について、アメリカ先制攻撃の北朝鮮による報復攻撃で韓国の首都「大都市ソウル」が危険にさらされない方法もあると強調発言。仮に米軍(在韓米空軍、在日米空軍、グアム駐留遠征米空軍)が先制武力行使に踏み切れば、大都市ソウルは北朝鮮と50キロ位しか離れていない南北軍事境界線沿い(非武装地帯境界沿線)に配備している北朝鮮・朝鮮人民軍・砲兵陸軍部隊の長距離砲による攻撃で深刻な被害が出るのではないか一般的戦時戦分析で思われている。勝手な推量解析だが、もし先制攻撃を仕掛けるのではあれば在日米軍の米空軍・F-16CMウィーゼル約50機で超低空進入で長距離高射砲陣地を精密レーダー誘導爆弾で破壊するであろう。在韓米空軍F-16C、A-10A部隊が南北軍事最前線で在日米空軍の近接・直接防ぎょに回るのか?在日米空軍F-15C部隊が深々進攻、FA-18E、F-35B部隊などが敵対領土、南北海岸延長沿線波状攻撃を受け持つか?と同時にグアム戦術?爆撃部隊が敵対領土、深々分散要所バンカーバスター攻撃に走るのか???さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、ズバリ、アメリカ特殊作戦軍団・アメリカ海軍特殊作戦群団(チームモットーNever Quit「ネーバー・クエイト:決して諦めない」)・海軍特殊作戦グループ1・チーム3(中東戦域担当)の超精鋭特殊戦闘員たちである。え、海軍所属スナイパー戦闘員なのに戦闘服がACU陸軍用を着用しているなぁーとジジイの独り言。
ネイビー・シールズは軍事予算執行上、あまり制約されない!「特待生」扱いをされているか?




  


Posted by tsuzuki  at 17:43Comments(0)

2017年09月18日

グリーン・ベレー・チームの遠征展開は慣習的でない戦争と外国の内戦(局地紛争)の専門家たち

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズな店かな?)広場上空、台風去ったか?極めて爽快な天候となりました。情報だとなんか今日は気温が相当上昇するとのこと。取敢えずは一難去った、風が相当強かったので荒らされた跡の片づけが大変なような感じがする。マァー、かすり傷みたいなもんだから良しとせな、あかんな!!では内外のニュースを覗いて観ましょうか、国内は「台風18号」の多大な爪痕で被害が相当出ているらしい、気の毒としか言いようが無い・・・・・。またまた、自民党の危うい動静が動き出したのか??臨時国会冒頭で衆議院解散・総選挙に踏み切る話題が膨らんできている。落ち着かねー政府だな!!野党追及逃れだとか何だか、わかんねぇーがー・・・日本の低所得者のための増幅経済立て直しや地方の安定的な雇用体系の確立などうっ積している国内経済動向をどう考えているのか!?一時的な補助金の垂れ流しで無くて、見据えた実を伴う地方・国政、政策をやってくれよ・・・な!!さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、今日は戦闘最前線での猛禽類の獲物を狙う眼光を持ったおっかない連中を紹介しようかな、アメリカ陸軍の外交・公務殺人戦闘員?とも言えるのかな?超有名であるが知る人ぞ知るアメリカ陸軍特殊作戦部隊「グリーン・ベレーズ」公務狙撃戦闘員である。狙撃手たちはAR-15 / M-16 5.56mmをベース?にしたMK12 SPR特殊戦専用精密狙撃ライフルとM110 7.62mm半自動狙撃兵システム(SASS)スナイパー・ライフルを使い分けているなぁーとジジイの独り言。
グリーン・ベレー・チームの遠征展開は慣習的でない戦争と外国の内戦(局地紛争)の専門家たち



  


Posted by tsuzuki  at 12:59Comments(0)

2017年09月17日

保安憲兵軍用犬「トビー」はタッグを組む新しいハンドラーを求人していますー・・・

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空もっさり曇って小雨降りでこ寒い、気圧の変化か??体がついて行けず、職場内清掃作業は明日に順延することとした。では内外のニュースを見て観ましょうか、国内のニュースで
2002年に起きた4人惨殺殺人(人殺し)の首謀者(死刑囚)が獄中で病死ときた・・・これってなんだ!??人殺しがまだ生きていたのか?法務省、法務大臣、正義執行の公務怠慢か???被害を受けた御仏と残された家族・遺族のことを冷静に考えれば「無念」の一言に尽きるのでは・・・・死刑の執行は法の執行期間内での執行はもちろんであるが特異、特殊な死刑囚には改悛の情がわいたころあいを見て刑の執行をすべきでは・・・不平等感を覚えるのは小生だけか?極悪・身勝手な人殺しには坦々と臨むべき!!さて恒例の働く?軍事絵を見て観ましょうか、今日はいささか視点を替えて軍用犬のチラ見の真顔を紹介しよう、アメリカ空軍の保安警備隊(日本では「憲兵隊」ともいう)で活躍を期待されているアメリカ空軍・第432航空団所属のK-9 戦闘前線捜索・救助(伝令)保安犬のジャーマン・シェパード犬種「軍犬認識番号V368(タツゥープリント)」である。この憲兵軍用犬、目つき鋭く精悍な顔つきで将来を期待できるなぁーとジジイの独り言。
保安憲兵軍用犬「トビー」はタッグを組む新しいハンドラーを求人していますー・・・

  


Posted by tsuzuki  at 17:53Comments(0)