2017年12月31日

46th Expeditionary Rescue Squadron

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、雪は降ってこないしそんなに気温も下がっていない、なんか年末日(大晦日)という感じがしない・・・・・それでは来年もよろしく!!

46th Expeditionary Rescue Squadron,  


Posted by tsuzuki  at 16:25Comments(0)

2017年12月30日

ライトニング・ステルス機は操縦高度テクニックパイロットの技量いかんで最高峰と同等ファイター

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、年末、今日を入れてあと二日、感じるところなんかいつもの年末より「スカプラ」来客者の態度と言うか?買い物様子?が寒々な感じを受けるのは小生だけかな??景気が上向いていると言う話であるが本当か・・?結構な入込客はあるが買い物をしない・・店舗そのものに魅力が無いのか??では内外のニュースをチト見て観ましょうか、国内での嫌な話題「ちゃんこ料理店」で、45、46歳になる客の二人が店員にいちゃもんをつけ、挙句に経営者を呼び出し因縁(恐らく無謀、ハチャメチャな)を付け、土鍋でメタメタに殴ったり、蹴ったりして殺しちゃった。この殺人者2人・・こりゃ駄目だなこのバカ!!所定の続きを踏んで「死刑」ダナな!!!こんなヤカラは普段の社会生活でも同じようなことしているだろうし、改悛の余地は無いだろう・・・「いつも殺された人間は損する」従って、この場合は極刑で始末するより現行制裁措置は無いと思う・・・・国際情報では中国の「中国海警局」の巡視船(戦闘駆逐艦を改造若しくは模倣した重武装強力艦船?)3隻が、またまた「沖縄県石垣市・尖閣諸島沖」を領海侵入して堂々航行されていると言う、しょっちゅうだな日本もとんでもなく中国に舐められたものだ・・・・「威嚇発砲を許す!」日本の毅然とした威信は何処へ行った・・・・アベノミクスじゃだめだな!!人情的に、冷静に??、忖度を含み対話を重要視した外交手段の限りを尽くすか・・・(美しさを求めた)人の良いのもいい加減にしろ!さて、恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、眼に焼付くようないい絵ですよ。アメリカ空軍・第388戦闘航空団「HL」・第388作戦群・第34戦闘飛行隊(Rude Rams)所属のF-35A (AF-101) 14-5100 電光2世号・統合(多目的)打撃戦闘爆撃機である。日本の航空自衛隊三沢基地に来年早々に配備される同型ステルス機でアメリカ空軍が秘匿しているラプター・ステルス戦闘爆撃機と共に空中進攻、空中要撃のかなめと成るだろうなぁーとジジイのひとり言。
ライトニング・ステルス機は操縦高度テクニックパイロットの技量いかんで最高峰と同等ファイター


  


Posted by tsuzuki  at 17:43Comments(0)

2017年12月28日

この戦闘機部隊は高練度で事あれば大平洋戦域、ヨーロッパ戦域へ遠征、もち本土防衛は当然

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、雲がポツリポツリあるものの素晴らしく晴れわたった澄み切った大空です、気持ちが良いですね。では内外のニュースを観て見ましょうか、来年3月に新編予定されてる航空自衛隊三沢基地の「第302飛行隊」(飛行隊ウイングマーク「雷神」かみなり様)の配備機F-35A型の「69-8701」「69-8702」「79-8703」「79-8704」「79-8705」「79-8706」号機の6機がアメリカ本土での日本人パイロット操縦実証認証訓練が順調に進んでいますね・・・もう、三沢基地の受け入れ態勢は早くから始まりスタンバイOK!!でも本番はこれから、段階的な配備に伴う全機列戦配備からの飛行運用機動展開での訓練成果が飛行部隊の実力を着実に拡充して行くであろう・・・・実戦を想定した最前線戦闘機部隊としての制空国土防衛を担って行くであろう。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、この絵のタイプと同型機がもうすぐ来る!!アメリカ空軍・空軍戦闘軍団・第20空軍・第388戦闘航空団・第388作戦群・第34戦闘飛行隊(Rude Rams:凶暴な牡羊)所属のF-35A(AF-98) 14-5097 とF-35A (AF-95) 14-5094電光2世・統合打撃戦闘(爆撃)機である。今や、音速、ステルス戦闘爆撃機は戦闘機同士の格闘戦はさほど重要視されず、先制、機先での攻撃態様が敵対国制圧能力を決めるなぁーとジジイのひとり言。
この戦闘機部隊は高練度で事あれば大平洋戦域、ヨーロッパ戦域へ遠征、もち本土防衛は当然


  


Posted by tsuzuki  at 14:09Comments(0)

2017年12月27日

アーミー各カンパニー緊急展開山岳戦軽歩兵(突撃戦闘員)の持久体力は半端ものでは無い

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今日も「寒ッム!」、学生たち冬休みに入ったのか、どちゃどちゃ、ワンサカだ。では内外のニュースをチト見て観よう、防衛省が「自衛隊基地や米軍基地」周辺(迷惑)施策の基地周辺の騒音(障害)防止対策の一環のNHK受信料の補助を打ち切るとのこと、戦闘機等航空機運用基地が所在することによる迷惑緩和補助施策を一方的に撤廃するとはどういうこと???もともと全国の各基地が国策には賛同するものの、存在から及ぼす物理的影響、精神的苦痛、風評的疑念・欺瞞な被害に国(防衛省)が率先してその迷惑を我慢してもらう代替として制度化したものであるのに何ら状況の改善がされていないのに消滅させるとは人道理に相反するものである。直ちに撤回するべきである。「国防は国防」「迷惑対処は対処」!!住宅防音工事(窓の段階的な改善)でテレビの視聴環境が完全解消とはならない!!とかく国(防衛省)の官僚は実態(地域の置かれている現状)把握より机上(施工図面)での論理判断を優先する業務処理を得手とする・・・・。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、グローバル的な緊急的展開野戦部隊で有名なアメリカ陸軍・第18(空挺)軍団・第10(軽歩兵)山岳師団(合言葉“栄光に登る”)突撃戦闘員である。分隊支援軽機関銃を抱えて荒地、丘陵山岳踏破は骨が折れるだろうなぁーとジジイのひとり言。
アーミー各カンパニー緊急展開山岳戦軽歩兵(突撃戦闘員)の持久体力は半端ものでは無い




  


Posted by tsuzuki  at 15:31Comments(0)

2017年12月26日

ジャベリン、分隊支援?軽重量ロケット砲は地上戦・戦闘員6名3セットで戦車と同等威圧力

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、雪がモソモソ降ってますね、寒いですね、まぁー、極端に寒いわけでもないから言いっか!今日はスカプラも静かですね・・・・昨日は一日、“シセル”の「サイレントナイト」などを聞きながら過ごした。では内外のニュースを観て見ましょうか、国内では自分の分身とも言える児童、赤子虐待を超えた邪鬼・鬼畜がまたぞろ出現して来ている・・・理性も失い、感情が沸騰して・・・痛み憐れみの言葉さえ出ない・・・国外話題では、この年末期に不気味に不穏な動きを見せているらしい北朝鮮動静に注目したい・・・さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観たい、ズバリ、アメリカ陸軍などが敵対部隊に対する地上戦対抗携帯武器システムのFGM-148 ジャベリン(Javelin)対戦車・歩兵携行式多目的ミサイルである。戦車、装甲車両、重塹壕破壊、対戦ヘリに対する強力な壊滅パワー威力を発揮する頼もしい相棒だなぁーとジジイのひとり言。
ジャベリン、分隊支援?軽重量ロケット砲は地上戦・戦闘員6名3セットで戦車と同等威圧力


  


Posted by tsuzuki  at 16:10Comments(0)

2017年12月25日

ボーン(B-One)は「北朝鮮」内陸部深々侵攻アタックに鼻っぱしを向けゴーサインを待つ

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、風が強くなってきましたね、寒冷強風、波浪警報が出ていますね。ではチト内外のニュースを観て見ましょうか、北朝鮮が吠えてる国連安保理の追加制裁に対し、厳格な経済封鎖の所業で戦争行為に等しく、追加制裁を支持した国々に確実に重い代償を払わせ報復するとがなった。北朝鮮もいよいよ諸外国から見放され、完全孤立化へ前進の歩みを一歩一歩近づけている・・・・こういう状況下で、逆なでする「ミサイルロケット発射実験」、「核(分裂)爆弾」の実験を繰り返したら、火に油を注ぐような行為に近似して来るだろうな。外交対話を無視した中でこれらを阻止する残された選択肢は武力による機先打撃戦よりナイノカナァー・・。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、鈍黒カラーに不気味で勇壮な・・・アメリカ空軍・地球規模戦闘軍団・第8空軍・第28爆撃航空団「EL」・第28作戦群・第37遠征爆撃飛行隊(タイガース)所属のB-1B (c/n54) 86-0094 (EL) ランサー (通称:ボーン) 超音速戦略重爆撃機である。同型機4機も地中深々度(25メートル以上)貫徹誘爆特殊爆弾の搭載準備に入っているのかなぁーとジジイのひとり言。
ボーン(B-One)は「北朝鮮」内陸部深々侵攻アタックに鼻っぱしを向けゴーサインを待つ

  


Posted by tsuzuki  at 15:28Comments(0)

2017年12月23日

367アタックヘリはその愛称のごとく、暗黒街の顔役「アル・カポネ」を彷彿させるのかな

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今日は「天子様」の誕生日で特に日も良く清々しい日になりましたね。では内外のニュースをチト観て見ましょうか、国連安保理では、兵士(朝鮮人民軍→最下級軍人)の脱北が続いている非情・独裁国「北朝鮮」に対するさらなる経済制裁がヒシヒシと強まってきている、現在の経済制裁ではまだまだ抜け道があるようだが・・・その道も閉ざされるだろう、ロシア、中国のスタンスも変わるだろうし・・・??今度、北朝鮮がミサイルロケット打ち上げ実験を無視挙行したら・・・アメリカ軍は進攻「戦争」か??国内ではジャーナリストの風上にも置けない(卑劣な人間)TBSラジオの名物政治記者と言われてる報道屋?がDVで問題を起こしてる・・・。おそらくこれまでも他人に対して「大柄な放漫な態度は勿論、無理強いや執拗な嫌がらせ」などを起こしていたのかな。さて恒例の働く?軍事絵をのひとコマを観て見ましょうか、「暗黒街の顔役」の異名を持つ、アメリカ海兵隊・第1海兵航空団・第24海兵航空群・第367海兵軽装備攻撃ヘリコプター飛行戦隊(OT/20)所属のAH-1Z (MSN 59219) 168962 ヴァィパー (スーパーコブラ)軽装備攻撃ヘリコプター機である。ガラガラ・スネークのごとく地上戦における獲物探しは得意とするところであるなぁーとジジイのひとり言。
367アタックヘリはその愛称のごとく、暗黒街の顔役「アル・カポネ」を彷彿させるのかな

  


Posted by tsuzuki  at 15:30Comments(0)

2017年12月21日

シーホークLAMPS/MkIIIは特に潜水艦索敵、探知能力がより高度化、精密化が執られてる

アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今日は朝から暖かい日が差していて気持ちのいいスタートを切っていましたが、午後の今時分になるとヒャヒャしてきました。では内外のニュース(話題)を覗いて観ますか、国外話題では、外交上も内政上もハチャメチャなアメリカ合衆国・ドランプ現大統領が国連総会の緊急会議(寄り合い)で「聖地」エルサレムをイスラエル国の首都認定したアメリカ・ドランプ政権の決定に反対する国に対し(これまでの)ドル財政・経済援助を削減する警告を出したな。要するに強権「俺の言う事を聞け」ということだ!! 国内話題では、沖縄県に対する国(日本国政府)の防衛補助金類が削減される見通し、国家防衛補助と言っても「交付金」「調整交付金」「援助金?」「助成金」そして「事業採択補助金」が沖縄県行政が国の云う事を聞かないからかな??特に「交付金」はこれに使っちゃダメ、あれに使っちゃダメとかの俗に「ひも付き」ではなく、県・市町村行政レベルで自由に使える財政援助(金)であるなぁー・・・せこい!!金の力を活用して・・そのうち、「沖縄県」が「独立国宣言」したりして!?? さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、太平洋海洋で機動打撃群艦船を守る敵対国潜水艦バスターキラーのアメリカ海軍・第5空母打撃群「原子力大型空母USSロナルド レーガン(CVN-76)」艦載機の第5空母航空団(NF)配備の太平洋海洋打撃ヘリコプー航空団・第77海洋(対潜水艦戦)戦闘ヘリコプター飛行戦隊(セイバーホークス)所属のMH-60Rシーホーク統合多用途艦載ヘリコプター機である。この躍動的な絵のシーホークは捜索救難、輸送、電子戦、対水上艦戦、対潜水艦戦、指揮、管制、通信などのマルチミッションに長けているなぁーとジジイのひとり言。
シーホークLAMPS/MkIIIは特に潜水艦索敵、探知能力がより高度化、精密化が執られてる





  


Posted by tsuzuki  at 15:32Comments(0)

2017年12月20日

軍事用艦船の「駆逐艦」設計を前提に模倣したのか?戦時になれば戦闘艦に転換するは必定である

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今日はこの冬一番かな?気温最下が・・・今は少し日が出ているので幾分凌ぎ易い・・・では内外のニュースを観て見ましょうか、東シナ海、石垣島北方の尖閣諸島周辺海域で不気味な動きを見せる中華人民共和国(中国)の主として沿岸警備業務に配置されている中国・公安部辺防管理局・公安辺防海警部隊(海警)所属艦船の無謀なイタズラ、嫌がらせとも取れる海洋行動がまたぞろ日本との物議をかもし出すのか???朝鮮半島・北朝鮮との対アメリカ戦時戦が対外的な外交交渉から軍事(進攻戦)へゆっくりではあるがエスカレートして来ている状況下でロシア政府及び中国政府の結束動向が注目されてきていると言う・・・表向きは中国(人民解放軍・ロケット軍)は北朝鮮との境界線を接することから「防ぎょ」危機管理上での軍の動員は必要だ・・・、ロシア(極東防衛軍)はアメリカ軍の「終末高高度防衛ミサイル(THAAD:サード)は、敵対ミサイル迎撃から攻撃進攻ミサイルに即時転換されることから、韓国配備のこれの撤去を強硬要求と・・・中ロとも利害は一緒である。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、軍事海洋戦・戦闘駆逐艦船を思わせる「中国海警局」所属の新型巡視船「中国海警3901」である。排水量12000トン級?とも言われる大型海警船「巡視船」、艦砲主砲に76ミリ速射砲、37ミリ連装機関砲2基、対空用近接防御火器システム2基?の武装の他、2機の大型(戦闘)ヘリコプター機を搭載?していると言う。まるで軍艦並みの武装だなぁーとジジイのひとり言。
軍事用艦船の「駆逐艦」設計を前提に模倣したのか?戦時になれば戦闘艦に転換するは必定である

  


Posted by tsuzuki  at 15:17Comments(0)

2017年12月19日

戦争は、喧嘩では無い!!敵対国の殲滅ダ!つまりデリートである。初代駆逐艦「旗風」乗艦員

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、

今日はえらい気温が下がった・・・そんな中で、職場に出向く前に自宅庭で30分ほど「ノコギリ」をギコギコ、汗かいちゃった。その後、路線バスでスカプラへ・・・・では内外のニュースを観て見ましょうか、極悪、邪鬼殺人者に「死刑」が執行されたとのこと、ただ一度の生命しか持たない人を殺してヌクヌクと国家が保護、育ててきた殺人大人が今頃????・・・どうも疑問だ!!もう少し改悛の情を見せた時(拘置期間が短くても)が良いのでは、言葉に表せないような恐怖と苦しみを持たせて人間常軌を失った殺人者に国家が制裁を加える・・・・恨みが薄れると言うのはその人物が忘れっぽいからだけなのかな????さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、先日、小生手前の勝手な親父思い出を語ったが、にっくき旧アメリカ海軍艦載機の絵を見つけたので紹介したい・・・旧アメリカ海軍・空母艦載機のSBD-2・ダグラス・ドーントレス急降下爆撃機である。今、百歳を超えて物静かに独り暮らし(現段階で痴呆の気無し。)している旧大日本帝国海軍・駆逐艦「旗風」乗艦員の兵曹長の愛艦を、このドーントレス急爆の搭載する約500キロ爆弾を雨あられと降らされメチャクチャにやられて高雄港湾で撃沈となった・・・かなりの負傷はしたものの良く生き延びたよ。この時には親父曰く、一切口外は出来ないが「この戦いは負ける」と想っていたそうだ・・・・とジジイのひとり言。
戦争は、喧嘩では無い!!敵対国の殲滅ダ!つまりデリートである。初代駆逐艦「旗風」乗艦員
  


Posted by tsuzuki  at 14:05Comments(0)