2017年08月04日

パイロット技量にもよるがF-15Cはドッグ・ファイトでほかの制空戦闘機の追従を許さない

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、まるで今日も秋空のごとくの感じだ??爽快だが少しヒヤッとする。では内外のニュースを見て観ましょうか、国内事象では安倍内閣が再々始動した、サァー支持低迷を巻き返し出来るか??日本国の流通経済全般が向上できるかどうか?経済が上向いて、今この時代、働く人が職種を選ぶ世代が多い時に雇用が安心して安定的になれば、あらゆるもの(流れ)がおのずと上向いて来るか・・・・・
さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ観て見ましょう、在日米軍三沢航空基地にお出でになっていた空の覇者、アメリカ空軍・太平洋空軍・第5空軍・第18航空団・第18作戦群・第67戦闘飛行隊 “Fighteing Cocks” 所属のF-15C -35-MC(83-0023)イーグル制空戦闘機Tail(Base)Code 「ZZ」Kadenaである。アメリカ空軍切っての敵対戦闘機を対象とした空中格闘戦のために造られた制空戦闘機で空中戦運動機能はパイロット飛行戦闘技能技術の激鍛練と相まってこのイーグルがナンバーワンでしょう!!!と思いつつジジイの独り言。
パイロット技量にもよるがF-15Cはドッグ・ファイトでほかの制空戦闘機の追従を許さない

  


Posted by tsuzuki  at 15:05Comments(0)