2016年06月29日

北朝鮮ムスダン中距離弾道ミサイルロケットを侮れなくなって来たぜよ



三沢アメリカ村スカイプラザミサワ広場上空、本日もスッキリ晴れ渡っています。在日米軍三沢航空基地の動向をチラット紹介する。7月中旬から始まる予定のメイン滑走路の改修工事に伴い米空軍機を要する第35戦闘航空団のF-16CM-50は三沢基地の隣、海自・八戸基地を4機ローテーションで臨時使用。米海軍機のEA-18Gは分遣隊でクラーク空軍基地へ行ったし、P-8Aも在日米軍嘉手納航空基地へ移動するし、空自のF-2Aの8SQは7月上旬で築城機基地へ完全移動だし、残った3SQは空自千歳基地かな。アラートスクランブルをどうするか?まあ、3SQが対応するであろうがいずれにしろ、難しい防衛体制の臨時防衛展開整備を進めなければならない。それからアメリカ陸軍のEO-5C Dash7 空中低高度偵察・複合感知特殊電子任務航空機が駐機していたが目的はなにか?謎だ。ところで北朝鮮の動向もいささか気になるが北朝鮮から配信された絵があるので紹介する。旧ソ連が開発したR-27<SS-6-N>中距離弾道ミサイルロケット(IRBM)を独自に改造、改良した北朝鮮版・ムスダン中距離弾道ミサイルロケットが蜂の巣状の安定操縦補助翼や固体燃料の常時精密安定噴出などあらゆる面での最新技術向上が図られ6発目でグアム島圏内を射程に入れた一定の成果を上げムスダン中距離弾道ミサイルロケットの実戦運用に成功したらしい。おおコワ!! 多分つぎは長距離弾道の開発かな?核弾頭を詰めて飛ばせる北朝鮮ミサイルロケットに興味ある者の独り言。  


Posted by tsuzuki  at 17:45Comments(0)

2016年06月28日

アメリカ海軍・超大型戦闘「航空母艦」フライトデッキスタッフでSARなど特殊な資格を持つ赤シャツ・スペシャリスト集団

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ広場上空、今日も天気、気分やや爽快なり。スカプラも平日のいつも通りの状態ですね。ただ、青森市再開発ビルの「アウガ」が資本金も食ッチャテ何かゆゆしき事態に再突入しているらしい。県都の有名なところであるからいささか気になる。内外のニュースを見てみよう。殺戮集団・超過激派組織「イスラム国」の重要な拠点都市「ファルージャ」が陥落したらしい、何万人も居る一般市民の隠された状況が制圧後でどうなってるか心配だ。沖縄の事件で気になる事をフェースブックで聞いたので紹介する。「良きアメリカ人の多くが要る事を知っています。私は良い人と犯罪者を同じ「アメリカ兵同じアメリカ軍」と一つのカテゴリーに入れる事に反対なのです。」こういうことは、軍関係者が事件を起こすと見境なく気持ちが高ぶり、エキサイトして忘れがち・・・。冷静に物事を判断したい。真剣な面持ちで一身に仕事に励む絵があるので紹介しよう。
アメリカ海軍の超大型戦闘「航空母艦」のフライトデッキ上で戦闘爆撃機搭載用爆弾MAU-91A/B 展張翼とADU-320/Bアダプター付きの Mk.83:454キロ低抵抗汎用爆弾をえっちら、おっちら搬送しているフライトデッキ上のレッドジャージ(シャッツ)着用のスタッフは爆発武器取扱い(勿論、実弾)、爆発物処理(俗にEOD)の他、空母離艦、着艦時事故などで要員救助・救出などに当たる特殊な資格を持つSAR(サーチ・レスキュー)スペシャリストでエキスパートたちである。因みに空母フライトデッキスタッフはジャージカラーで担当職種に分かれてる。爽やかに誰も聞いてくれない独り言。


  


Posted by tsuzuki  at 17:36Comments(0)

2016年06月27日

ナイトビジョンスコープもこんだけ集まれば壮快に感じる

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ広場上空、空澄み渡り一応気分も爽快でなんとなくウキウキする、がお客さんが来ない・・。ガックリこ。内外のニュースを見ると、群馬大学付属病院で手術患者が相次いで死んでる、ここはへたくそな医師が多いのか・・。だとすれば無抵抗者に対する無信頼殺人と同じようなモノだ。おぉ、こわ。EUとイギリスの離婚の影響か円高が急速だ、この分だと90円台に突入するのでは・・・。今のところあとは平和なので
恒例の軍事絵を紹介する。アメリカ海兵隊・第1海兵師団・第7海兵連隊・第3大隊・K中隊武装戦闘員の皆がCH-53Eスーパースタリオン重ヘリコプター機による地上輸送での機動展開により空爆航空支援をエスコートするための移動訓練。約20数名の武装戦闘員全員が最新型の夜間暗視スコープをヘルメット前面上部に装着。この戦闘補助器具はべらぼうに高い…かな?現用海兵隊員の着用装備・服装は参考になると思うよ。いつも通りの独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 17:05Comments(0)

2016年06月26日

アメリカ陸軍の最新統合戦術空対地ミサイルの動向は?当然、精密度・飛翔距離・破壊力は増幅

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ広場上空、今日は朝から晴れてハッキリした天気が続いてる。スカプラもいつになくお客さんの出入りが多い。内外のニュースを見るとまた、沖縄県で米軍軍属が酒気帯び運転で逮捕されたらしい。ついこの間、殺人事件を起こしていてまたもや事件が発生した。軍人(兵隊)だから、軍関係者だからとはという判断で批判するのではない。一般人でも外国人、日本人問わず故意の不祥事は起こし得る、特に米軍人の事件、それによって是が非でも強硬に基地撤去とまで至っていないのが本土で基地を抱える都市の実情だと思う。ただし、共産党は即撤去で主張は違う・・・。話を戻して、沖縄のことを深く想って考えるに本土で基地を抱える都市の事情、実情とは違って、沖縄県は悲惨な歴史のうっ積がたまっての(極度の米軍アレルギー)こともあり、いささか解釈を変えて史実を紐解き、深く汲み取り現状を解析し論じないと間違いを起こすことになる。確かに沖縄では基地に依存している住民、そうでない住民はおそらくは半々ぐらいかな?このことをいったん脇に置いたとしても米軍に対するジレンマは存在し、様々な議論を呼ぶであろう・・。恒例の軍事ニュースになります、アメリカ陸軍が最新のミサイル開発を進めている絵を見たので紹介する。アメリカ陸軍の最新ミサイルで統合戦術ミサイル(JAGM)である。陸軍はこれをヘリコプター搭載用対戦車誘導弾AGM-114AヘルファイアIIミサイルとAGM-65Gマーベリック空対地ミサイルとの交替を図り、陸軍アパッチヘリコプターと海兵隊コブラヘリコプター、ドローン機などへの通常運用装備化を進めており、すでに各種段階の実証試験に成功している。ただの独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 17:16Comments(0)

2016年06月25日

パトロン・エイトのスキッパー機ポセイドンが超長距離運用で空中給油の実証試験順調

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ広場上空、今朝ほど雨模様でぐずついてた天候の幾分落ち着きを取り戻してスカッとした天気になって来た。スカプラも週末だと言うのに人の入りが今一、とにかく若少年が多いのは確かです。内外のニュースを見てみると、イギリスがEUと離婚した。今は常軌熱が蔓延して行け行けムードだが将来はこんなはずではなかったと再婚もあり得るかな???まぁ、経済には変調を来たすであろうから末端では賃金の上昇が止まった、食品、日用品が高くなったなどとだんだんと変化が起きてくるのかなぁー・・・。綺麗な軍事絵を一枚紹介します。アメリカ海軍の長距離対潜水艦戦索敵・哨戒を主任務とし、対水中・水上艦船攻撃、情報収集、監視、偵察にあたる第8戦闘哨戒戦隊(パトロンエイト:戦闘猛虎)の最新鋭精密機能を搭載しているP-8A (168759)ポセイドン対潜哨戒機LC759を使い、アメリカ空軍の第412実証試験管理群との共同運用でこの対潜哨戒機への空中給油作戦の試験運用における実証を進めている。因みに、この機体は嘉手納基地に本拠地を置く第8戦闘哨戒戦隊の中隊長機で空中給油方法は、現在アメリカ空軍機などが運用しているフライング・ブーム方式を使用。この同機体は、現在、在日米軍三沢航空基地の米海軍航空施設隊管理飛行場に数機が居る。ぼんやりした中での独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 17:00Comments(0)

2016年06月24日

極東ロシアの第11航空軍配備の今のMiG-31BMフォックスハウンド 戦術迎撃戦闘機をあまく見てはよくない

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ広場上空、今日の天候は最初ぐずついたが今時分はたおやかな感じ。まずスカプラも人がいない?う~ん。いよいよ三沢飛行場も来月中旬から約1ヶ月ぐらいメインランウェーが修繕、改修工事に入りますね、そうするとつい4、5日前にアラスカ・レッドフラッグから空中給油ストラトタンカー2機とエクステンダー1機が空中で時々“乳を飲ませながら”第2航空団のF-15J要撃戦闘機機と第35戦闘航空団のF-16CM戦闘爆撃機をエスコートしそれぞれに送ってきたが米空軍F-16CMの方はすぐまたぞろ移動一時駐留するため出かけることになる。何か米空軍・極東最前線・列戦戦闘機部隊も忙しいや。出たり入ったりこれは大変な運用展開ですよ。それと米海軍のグラウラーの方はアンダーセンを訓練展開しながらクラークに移動したらしいし、P-8Aポセイドン、P-3オライオンの方は嘉手納だし、同時に第3航空団のF-2A防衛攻撃・支援戦闘機も一時移動展開地への対応もあるし、いろいろ考えると大変ですね。日本の北を見ると極東ロシア軍が着々と基地整備している、空軍では新たにフルバックを配備すらしい。もう一つの戦闘機絵があるので紹介します。MiG-31BMフォックスハウンド 戦術迎撃戦闘機はロシア空軍の国土防空体制のかなめとなってる中重量級戦闘機であるが条件次第でトップスピードはマッハ2.8以上を出せる 。ロシアの戦闘機装備ミサイル関係も従来より格段に向上(バージョンアップされている。)していることと、ロシア空軍の前方展開即応態勢の戦術的な考え方は一気に大量兵器をもって広域破壊を主としているらしく、見方によっては強力な打撃攻撃力に成り得ると言えるだろう。
静かに”Horse Soldier Horse Soldier”ソングを聞きながらだって独り言。



  


Posted by tsuzuki  at 16:15Comments(0)

2016年06月23日

キングスタリオン開発の戦時即応展開態勢の維持に対処する武装戦闘員の大量移動輸送展開の手腕は

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ広場上空、みなさんのところと同じで灰色曇り空でジットリ降雨です。いやぁー、うっとうしい。内外のニュース。北朝鮮のムスダン(旧ソ連開発SS6-N改良型)中距離弾道ミサイルロケットの発射実験において北朝鮮側の言い分によると飛翔高度・距離、安定性等でかなり実績を得られたと言ってるが、目標標的区域への照準、殺戮爆弾の搭載などまだまだクリアしなければ問題がうっ積しているのも事実であろう。ただ、キムジョンウンの指令でこのミサイルロケット武装装備弾体の完全化に取り組んでいる専門技術者たちは大変であろう、失敗したこれまでの責任技術者はその失敗の責任を取らされそれなりの処分を陰ながら受けたであろう。当然、死をもって粛清されるだろうし、良くても強制収容所送りなるのは目に見えているから必死の思いで取り組んでいるだろう。恐怖の支配が伝わってくる。恒例の軍事絵情報をワンクション紹介する。アメリカ海兵隊が戦時、前方展開戦闘即応態勢の維持に対処する武装戦闘員の大量移動輸送展開する必要とする大型重量輸送ヘリコプターを旧来機をベースに開発を進めているCH-53K(EDM1)キングスタリオン 大型重量輸送ヘリコプター機。全長30m以上で重量33tだがハイスピードは300Km以上で自機防衛システムはヘリ搭載型のドアサイドガンとしてGAU-15/A (XM-218)12.7mm (50口径)重機関砲など数種を装備させる予定。むさくうっとしいさ中での独り言。

  


Posted by tsuzuki  at 17:19Comments(0)

2016年06月22日

第2軽装甲偵察大隊アムトラック・ストライカーのAAVP7水陸両用強襲兵員輸送7型装甲車

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ広場上空、まあまあ、気持ち良いといいでしょうくらいすごしやすいなぁ~。アメリカ村拠点エリアも平日は閑散としたもんですよ。それでは今日のニュース。北朝鮮のムスダン中距離弾道ミサイルロケットの改良技術能力が確実に上昇している。固体燃料の精密調整など改造を加えて何回も試射すればそれなりに高度、飛距離などんの技術向上する。ただ現段階は地上固定型で行っており、北朝鮮・朝鮮人民軍のロケット部隊が目指すミサイル発射場所を隠匿するミサイルロケット発射レール台付大型移動車での改良技術は進んでおらずどうなのか?それと同時に進めてる核開発で核爆弾を生産できる原料のプルトイニュームを約60トンも隠し持ってるそうだ。いずれにしても自国民への食糧配給を削減してまでの防衛戦略の価値があるか・・・。まあ、北朝鮮防衛戦略は武器装備を見せびらかし他国への威嚇戦略に基づく物乞い戦術防衛体制を進めているので・・。恒例の軍事絵を紹介。アメリカ海兵隊・第2海兵遠征軍・第2海兵師団・第2軽装甲偵察大隊(通称:破壊者たち)のストライカー中隊の強襲武装戦闘員をAAVP7水陸両用強襲兵員輸送車7型(これもアムトラックと呼んでいる。)装甲車両で移動展開中の様子。それにしてもべら棒な数の強襲戦闘背嚢リュックがぶら下がってる。今日は何かピリッとしないで独り言。


  


Posted by tsuzuki  at 17:36Comments(0)

2016年06月21日

MHU 83架空格納昇降台車( MJ-1B/Cジャマー)によるロード態様

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ広場上空、秋晴れみたいにさわやかな感じを受ける。一方南の方の熊本地方は先般の地震被害も癒されないうち、追いを打つように強烈な豪雨で犠牲者も出ている。日本列島の気象状況はいったいどうなってるのか?この年の気候は予断を許されないし、楽観、油断もされない。今入ったニュースです。北朝鮮がまた性懲りもせず、ムスダン中距離弾道ミサイルロケットの発射準備に入ったらしい。これまでもことごとく失敗しているのに・・。旧ソ連製のSS-6-N(IRBM)潜水艦発射型ミサイルロケット(相当数の年代物)をろくに技術も無く、改造、一部変形加工し、射出燃料も液体燃料から固体燃料に変えたらしい。当時のロシアの有能な技術者たちも打ち上げ、飛行コースなどの制御、着弾エリアの標準などに苦労したらしいのに上げるだけでも超高難度の技術を要する。北朝鮮よいったいどこへ行く・・。恒例の軍事絵を一枚紹介したい。在日米軍三沢航空基地の米空軍・第35戦闘航空団・第35整備群・第35航空機整備飛行中隊隊員の武器武装システム(技術)専門官たちによる第14戦闘飛行中隊機の F-16CM-50(Block-50D)91—0373ファイティングファルコン機にAIM-120(CATM-120C)高度化中距離空対空ミサイルを高架積載1.5トンまで可能なMHU 83架空格納昇降台車( MJ-1B/Cジャマー)によるロード態様。案外普段見慣れていて何ともないとこですが、何処の国の人でもどのような職業の人でも働いている姿を見ると素晴らしいですね。彼自身がこれで生活を立てて自立している、見てて頼もしいです。いい仕事を見せてますね。スッキリなところで独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 15:16Comments(1)

2016年06月20日

軽装甲機動偵察中隊ライフル隊員による高度技能維持(射撃)訓練

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ広場上空、今朝はぐずついていたが今時分、意外とスッキリとした天気になった。内外のニュースを見るとジャワ島で大雨、洪水や地滑りで少なくとも35人が死亡、25人が行方不明とのこと。こういう話題は悲惨としか言いようがない。これ以上の犠牲者が増えては欲しくない。ロシアでは湖でボートが転覆して子供が14人犠牲になった・・・・。共和党大統領指名候補のドランプが差別的な変なことばかり言って支持率が下がって来たし・・。大金持ちに良くある罵声を伴った強硬な発言らしい。恒例の軍事絵をまた一コマ。アメリカ海兵隊・第1海兵師団(第1海兵連隊)・第4海兵隊第1大隊(大隊上陸兵団)・軽装甲機動偵察中隊武装戦闘員の前方展開戦闘即応態勢におけるライフル隊員による高度技能維持(射撃)訓練での精悍な形相。彼の訓練での真剣な自覚と任務の体得が伝わってくる。二日酔いがすっかり納まっての独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 17:51Comments(0)