2016年08月31日

K-9(ケナイン)戦術軍用犬部隊の動向はあまり知られていない

三沢アメリカ村(オシャレの店)スカイプラザミサワ広場上空、澄み切って晴れ渡っています。台風の去った爪痕は意外に厄介なものです。今早朝から黙々と片づけに入っています。がしかし、折れた小枝の歩道上の散乱は見ただけでいやになってきているが、でもやらなければならない・・・。最近はさっぱり明るい話題は無いし、活気の兆しも無いし、阿部ノミクス君どうなってる?今の経済動向?ずいぶん長い間、超微下降が続いているように感じるが・・・?今日は内外に特に目を向けないで自身と地域の在り方を自分なりに考える事にする。犬と人間の交わりの絵が在ったので紹介する。アメリカ陸軍の特殊部隊の一つにK-9(ケナイン)戦術軍用犬部隊がある。彼らの仕事は人間と犬が一体となって爆弾検知、情報通信、軍務品の搬送などが主務任務である。いつの時代でも同じだが戦時下では犬も非常に忠実なあまり前線に駆り出される。訓練の合間のほのかな人と犬の交流のひと時の中での独り言。

  


Posted by tsuzuki  at 17:40Comments(0)

2016年08月30日

第324爆撃飛行隊B-17F(空中要塞)機の「メンフィスの女王」を知ってる

三沢アメリカ村(オシャレな店)スカイプラザミサワ広場上空、今時分もろ雨、台風10号が三沢・青森に豪風とともに到着した、これからもっと激風雨になるだろう。自然界の暴利に対処せよ!言う事無し・・・!!気分を変えて懐かしい実写の絵を見つけたので紹介したい。第二次世界大戦中にイギリス・東アングリアのバッシングボーン航空基地に駐留し、ドイツ帝国(ナチス独裁)軍に対する昼間爆撃を任務としていた。アメリカ陸軍・第8航空軍・第91爆撃航空群・第324爆撃飛行中隊、映画にもなった有名なB-17F フライングフォートレス(空の要塞)戦略重爆撃機 41-24485号機で機名愛称「メンフィス・ベル(メンフィスの女王)」、当然のごとく当時の爆撃機の機体先端側面ノーズアートはこの機の隊長のフェアンセの水着姿。メンフィスは「エルビス・プレスリー」の育ったところ、彼はここから世界に羽ばたいた。話元に戻して、第2次大戦中、アメリカ陸軍・第8空軍では、爆撃回数25回の出撃を達成した爆撃機搭乗員は帰国できることになっていた。彼らの最初の任務は、フランスのブレストにあるUボート・ブンカ―(英語でペン)基地への爆撃であった。最後の任務はドイツの主要軍艦船補給拠点基地であったキール軍港への爆撃である。アメリカでは第2次大戦の話題で黒人パイロットで編成されたマスタング・レッドテイル部隊の活躍とともに超有名な話の中での独り言。

  


Posted by tsuzuki  at 15:22Comments(0)

2016年08月29日

日本導入の次期主力戦闘機F-35Aは米国年次解析プランにより常に発展改造向上

三沢アメリカ村(オシャレな店)スカイプラザミサワ広場上空、いよいよ本格的巨大台風がわが都市三沢・青森に近づいてきている情報、直撃するとかなりの被害を及ぼす模様であるとのこと。河川氾濫、土砂崩れも引き起こし、果樹園は勿論、畑作物の倒壊、腐れ・水田冠水など・・・。自然に打ち勝つ手立てはないのか?大部分の対抗手段は黙って見過ごし・・、わずかばかりの防ぎょを模索し、破壊されたものの修復が今の時代常套手段かな?ここで国外のニュースを見て観よう。中東シリア内戦でトルコ軍とシリアのクルド人反体制勢力との間の戦争で犠牲者も出始め時間単位で内紛拡大の緊張が激化しており、中東地域に駐留しているアメリカ軍特殊部隊の危険を一層増大させ、特殊部隊が過激派組織「イスラム国」と対峙しているのに新たな戦争鎮圧への重責を拡大してくるようだ。恒例の軍事絵を一枚紹介する。日本の航空自衛隊が来年度から三沢基地に配備する艦隊交戦防ぎょ等の次期対地・対艦支援戦闘機F-35AライトニングIIの機体製造が急ピッチで進められているがアメリカ本土ではすでに5機が完成し、そのうち1機が製造サンプルで日本に送られ来ている。それではアメリカ空軍資材司令部・第412試験航空団・第412作戦群・第461航空機試験飛行中隊所属のF-35Aの機体実機動解析戦闘爆撃機である。F-35Aは空軍に引き渡されてから(実戦配備後も)も様々実用実技試験を繰り返され、戦技実証に必要なあらゆる面での改善、改造データが収集される。前の話であるがAIM-9サイドワインダー空対空ミサイル(ダミー弾)を胴体下パイロンに懸架した珍しい絵があった。ここ2,3日梅雨時のジメジメ日に戻った感じの中で独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 17:16Comments(0)

2016年08月28日

米海軍ヘリコプター部隊の運用には年毎に新たな運用能力が要求されている

三沢アメリカ村(オシャレな店)スカイプラザミサワ広場上空、霧様ような、時雨ともつかないイヤーな空模様です。内外のニュースを見ると、かなり大型の台風10号がどうも北上してくるらしい。どうやら今度は東北地方も直撃を受ける公算が高くなってきた。自然災害に対する対抗は自身防衛体制にかかってる。備えあれば憂いなしである。どういう状態になるのか判らないのでその都度防ぎょ準備を見直さなければならない。楽観しているとえらい目に合うから予断は許されない。イタリアやミヤンマーでは自然怒りの巨大な地震が発生して犠牲者が出ているらしい・・。アメリカで民間旅客機B737-700(機番N766SW)が飛行中に第1エンジンの空気取り入れ口前部カバーが破壊脱落する事故が発生し、最寄りの空港に緊急着陸したが幸いにして乗員、乗客約100人に怪我などが無かった。良かったデアル。ここで軍事絵を一枚紹介したい。アメリカ海軍・第3空母航空団・第7ヘリコプター海上戦闘飛行隊(HSC-7 Dusty Dogs)のMH-60S(多用途・補給支援?ナイトホーク)ヘリコプター戦闘捜索救難機(614号機)の運用訓練状況。アメリカ海軍のヘリコプター部隊はこれまでの運用能力に併せて各種の多様な用途が付加されて来ている。今日は物静かな出の独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 16:57Comments(0)

2016年08月27日

今日は沖縄の傾転回転翼飛行隊のきれいな絵があったので紹介します

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(オシャレな店)広場上空、爽快な天気です。やっぱり週末は人の入りも多い・・が、家族ずれやこどもの徒党を組んだ一団が多すぎますね。仕方がないから内外にニュースを見て観ましょう。中東ペルシャ湾でアメリカ海軍の駆逐艦や哨戒艇にイラン革命防衛隊の高速艇数隻が異常に接近し警告射撃を受けている。イラン・イスラム共和国政府はこの事実を了解しているのか?中東の国々の軍組織は得てして時に一人歩きする。もし承知の上の威嚇行動だとすれば、問題だ。まぁ、これらの国は軍組織として統率が執れていない場合が多々あるが・・・。それにしても怖い話である。皆さんお馴染みの軍事絵があったので紹介したい。アメリカ海兵隊・第1海兵航空団・第36海兵航空群・第262海兵中型ティルトローター(傾転回転翼)飛行隊(44・Flying Tigers)のMV-22オスプレーの超低高度海上移動訓練である。乗ってみたいが軍用機であるので機内はものすごい騒音だろう、多分普通に会話できないのでやめておこうっと。取敢えずは爽やかな中での独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 16:10Comments(0)

2016年08月26日

アメリカ陸軍、アフリカ紛争国のパートナーシップとして派兵準備か?

三沢アメリカ村(オシャレな店)スカイプラザミサワ広場上空、ワァー、ザァ―ザァーだ、すごい豪雨です。ったく、勘弁してくれよ。しようが無い自然には勝てない。内外ニュースを見て観ると?俳優の高畑女史の息子が法を犯したことに。母親として道義的責任なのか育て方がまずかった・・・。どうとか、本人は大人でしょう?犯罪だから司法の場に委ね法律に照らし捌けば良い。母親が就職に奔走したとか?母親が子を助けるのは当たり前でしょう。母親の道義がどうとか、マスコミ報道の場に引き出され話題性追求にあっている。母親は息子の責任者として一生逃れられないのか?選挙権、自覚行動していても大人で無いのか?まぁー、母親が自分に(育て方に)責任があると述べているので・・。チョット異常な解釈かもしれないがこれと反転してよく日本の母親は子供を連れて無理心中、道連れにするなど特に息子を溺愛しいつまでたっても子離れしない・・・。息子が何歳になっても大人として認められていないような気がする。社会人として自立した時点から大人ではないか?外国ではこの種のことはあまり聞かない・・。話を替えて軍事話題を一つ。
アフリカ紛争国のパートナーシップとして派兵準備のためのか?この絵は派兵先の正確な現地の地形状況等を掌握し、悪天候を加味した実弾射撃に伴う局地戦移動でのアメリカ陸軍・第3歩兵師団・第2歩兵旅団戦闘団・第30歩兵連隊・第1大隊・B中隊員の泥ぬかるみ地形踏破の状況で敵対鎮圧前進の悪路進攻行軍訓練?このグチャグチャ道ともつかない傾斜地移動、勘弁して下さい。見慣れてるとは思いますが、これがアメリカ陸軍武装戦闘員の服装です。良く観察して。ただの独り言。

  


Posted by tsuzuki  at 15:37Comments(0)

2016年08月25日

この射撃姿勢は自己身体防ぎょで遮蔽物の無い場合における態勢でのスタイルかな?

三沢アメリカ村(オシャレな店)スカイプラザミサワ広場上空、今時分、お出でになるお客さんが暑い、ムスなあと言うので外に出てみたが私はそうは感じなかった。むしろ爽やかだった。そこで思ったことは自分が歳をとったなぁーと言う事。内外ニュースを見て観ると俳優の高畑女史の息子が法を犯したことにいろいろ話題が集中している。育て方がどうとか、道義的責任がどうとか・・・。大人とは何歳からかな?大人でしょう。現在の法律に照らし合わせて捌けば良い。いろいろ言うが就職など親が子を助けるのは当たり前でしょう、がそれが裏目に出ちゃっただけ。親の道義がどうとか、マスコミの話題性追求じゃないからそこまで責任を追及するか?終生、大人の息子の連帯保証人みたいで逃れられないのかな?ここで話を変え軍事絵の切り抜きを紹介します。アメリカ海兵隊・第2海兵遠征軍司令本部直属の第2軍事警察大隊(いわゆる遠征「海兵隊員に対する法執行」)員によるアメリカ軍の使用主要拳銃である装弾数15発で口径9ミリの「ベレッタM9」軍用拳銃使用の基本的な射撃姿勢のほか、武器取扱いの自信、スキルを向上させる助言、さらには突発的な不意の反抗発砲時に対する基本型にはまらない各種の射撃姿勢の錬成訓練を行っている。この射撃姿勢は自己身体防ぎょで遮蔽物の無い場合における態勢でのスタイルかな?拳銃はむやみに発砲せず、スタンスとして拳銃を固定する両腕はしっかり目標物に向かって伸ばし、標的を見極め、まず拳銃発砲の右人差し指はトリガーに掛けずターゲットの抵抗、無抵抗、敵意の状態を瞬時に確認し射撃対抗行動をとる・・のか?何にも考えないでいる中での独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 18:01Comments(0)

2016年08月25日

訓練とはいえ突撃遠距離行軍の形相はそれなりに獲物を狙う、狼顔を思い起こさせる

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ広場上空、なんか今朝ほどはチビット暑かったがそれも消沈、そよ風がそよそよで早々と秋に入った感じです。内外のニュースを見るとイタリアで大地震が発生し、多数の犠牲者が出ているとのこと。何とも言えない悲痛な気持ち・・・。
中東ではトルコ軍が殺戮テロ集団・超過激派組織「イスラム国」の拠点地域のシリア北部支配地区の完全排除の空爆、地上戦を含めた攻撃に出た。鎮圧も時間の問題であろう、ただ自爆テロのマインドコントロールで毒された10歳から15歳の少年少女のことが気がかり。それと戦争の宿命としてイスラム国最後のアガキでとんでもない報復行動に出ることは目に見えている。悲しいことである。ここで精悍な絵を一枚紹介する。アメリカ陸軍・第82空挺師団・第3(歩兵)旅団戦闘団・第73騎兵連隊?・第5中隊員による降下地上戦撃破進攻?この部隊はアフガニスタン戦でも勇猛果敢な部隊であったと聞いている。訓練とはいえ突撃遠距離行軍の形相はそれなりに獲物を狙う、狼顔を思い起こさせる。参考までに現用装備等の状況を参考にされたい。今日もさえない一日の中での独り言。

  


Posted by tsuzuki  at 12:34Comments(0)

2016年08月24日

北朝鮮の戦略軍事破壊目標は戦略爆撃拠点のグアム・アンダーセンと戦術攻撃拠点の日本の三沢航空基地

三沢アメリカ村(オシャレな店舗)スカイプラザミサワ広場上空、今日も晴れわたっています。朝早くから米軍三沢基地のF-16CM戦闘機のデモンストーション飛行機動が30分ぐらい続いた、航空祭ショーアップ上のトレーニングに入ったらしい。午後もあるだろう。9月11日の「三沢基地航空祭」からデモインストラクターのオースチン少佐に替ってスミーディング大尉が正式にデビューするであろう。内外のニュースを見て観ると、北朝鮮が日本海域での米韓合同演習に対抗して「北極星1号?(KN-11)」潜水艦発射中距離弾道ミサイルロケットを発射したらしい。ミサイル技術技能が確立していないのにとにかく飛べるものは発射すると言う考えなの??ハッキリしているのは、北朝鮮の極東地域の戦略軍事破壊目標地点はアメリカ空軍の戦略爆撃拠点のグアム・アンダーセン空軍基地と戦術攻撃拠点である日本の三沢航空基地である。北朝鮮はこの2地点に対してミサイルの飛翔距離、目標地点の正確な標準さらには核爆弾(核分裂爆弾)のミサイル用小型化に躍起になっているが潜水艦発射が成功したとはいえ、どうも全体がうまく進んでいないようである。さりとて予断は許されない。飛ばすか飛ばさないかは別として、ミサイル性能が完全確立すれば今後これまでの口頭威嚇とは違った物理的な軍事恐喝態度に出てくる可能性が観えてくる。かなり暇な中での独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 12:10Comments(0)

2016年08月23日

凄い!!空飛ぶおしり「エアランダー10」が空を飛んだだって

三沢アメリカ村の「おしゃれな店」スカイプラザミサワ広場上空、台風の後、何か爽快な感じの天気です?再度襲来の新たな台風の影響前触れか?内外のニュースを見て観ると北朝鮮がまたイカっている、自分の近くで米韓軍事演習が始まったから「核場弾による先制攻撃をもじさない」と今回は今まで以上にかなり語気を強めている・・・。多分、また核弾頭搭載型ミサイルロケット発射をするだろう・・・が間違っても日本本土に着弾しないことを祈るだけ。確立していない技術力(核爆弾の搭載)で行う行為だから油断はできない。本当であればTHAADシステムでも撃墜難度が高いであろう。もう一つの動きはアメリカ軍は南シナ海の中国の常軌を逸した行動や北朝鮮無謀な行為や中近東のイスラム国からの解放など暇ないが新たにアフリカ・スーダン内紛問題にも(アメリカ陸軍が?)出動準備を進めている。科学の発展での興味ある絵を見つけたの紹介をしたい。全長92メートルの世界最大の商業ベースでの航空機(ハイブリッド飛行船)「エアランダー10」ニックネーム「空飛ぶおしり」が処女飛行に成功した。すごい、空飛ぶおしり「エアランダー10」が空を飛んだぞ。浮かない一日の中での独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 14:31Comments(0)