2017年10月30日

芋虫のようにずんぐりむっくりした体形に見てとれ、スピードは出ないがすばしっこい攻撃力

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、夕方のこの時間はかなり気温も低くまだ小雨まじりの状態だからいつになく寒く感じる。16オンスの厚手のフーデイスエットを着ていても寒い。では内外のニュースを見て観ましょうか、アメリカ大統領選にロシアが干渉した疑惑事件「ロシアゲート」捜査で政権を揺るがす重大局面を迎えたとのこと。ビジネスマン上がりの大統領よく言えば企業戦士上がりの成功者君主は何をやっても観て見ぬ振りをされ、相当程度まで容認される、アメリカ建国隆盛同志の共和党議員の心底計り知れぬ、まだ放任するのか?????アメリカ共和党の中でも常識あるタカ派と言われる誠実人集団諸君よ!!何とかせいよ。このニュースでは北朝鮮はほくそ笑んでるかな???捜査が進む初期段階のインベストゲート・ファイアでドランプも引っ張り出されるか・・・??アメリカの世論調査?で不支持50%を超えてるドランプ現アメリカ大統領!大丈夫でねぇーな、極東各国歴訪終わったらこのドランプ撃大津波、日本までも来るかも・・・・・取敢えず日本は平和で最高です!!!中東イラクの殺戮集団・超過過激派組織イスラム国(ISIS)・・・「ダーイッシュ」殺戮非情集団戦闘員たちの支配したモスルが陥落したら、イラク軍、モスル市民からイスラム国に協力した大多数の人間(男性、女性、子供を問わず)に対して激情的な悲惨な処刑報復が始まっているらしい・・・・現地一般市民は至極当然なことと受け止め、むしろISIS復讐に燃えている状況であるとのこと。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、非常に綺麗に撮られた絵である、アメリカ海兵隊・第2海兵航空団・第14海兵航空群・第231海兵攻撃飛行隊 (VMA-231) "Ace of Spades"所属の AV-8B+ (MSN273) 165356ハリアー2世 短距離離陸・垂直着陸対地攻撃機 CG12 である。気のせいか?この機体、しょっちゅう実戦爆弾を搭載しているような感じがするなぁーとジジイの独り言。
芋虫のようにずんぐりむっくりした体形に見てとれ、スピードは出ないがすばしっこい攻撃力


  


Posted by tsuzuki  at 17:12Comments(0)

2017年10月29日

艦載ヘリ・マルチ「シーホーク」の下っ腹からの覗きはなかなか観られるものでは無いだろうな

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今日は台風22号(今は足摺岬沖を北上か?)の影響もこの北日本地域にも及んでいるのか小雨、中雨模様です、最悪、小生意気揚々と愛用の自転車で気持ち良く職場へ駆けつけたからダメージ多し。では内外のニュースを見て観ましょうか、こともあろうに北朝鮮がの日本国宰相政府を安倍一族と称し、「北の核威嚇論」「日本人拉致問題」を非難して「日本列島が丸ごと海中に水葬」とほざいているらしい・・・・・、また一方では、核爆弾開発に一定の成果を得たとも・・・・。この邪悪、卑劣な屈折した北朝鮮民族どもの大嘘つき!!とは言え、このまま非難、誹謗、中傷、威嚇に対しての抗議、いさめの応酬戦をいつまでも続けていると・・・・北朝鮮に相当数の時間稼ぎをされてしまう、今は、おそらくミサイル開発は北朝鮮科学技術者も技能力が高いから中精度・高度化までは進んでいるだろうがそれ以上の超高高度化、技術力開発には到達していないであろう、さらにはミサイル搭載「核爆弾」小型化はかなり緻密な技術力を擁することから高難度な開発課題であろう・・・・と言われてる。そのためには何をもってしてもかなり相当数の時間(期間)が絶対的に必要であろう。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、大海原、海洋上で雲一つ無い空を背に・・・・アメリカ海軍・第1空母航空団・第46ヘリコプター海洋打撃飛行隊(Grandmasters)所属のMH-60R (MSN 703822) 167038シーホーク・統合多用途艦載ヘリコプター機(HQ-466)である。この艦載ヘリの多用途とは捜索救難、輸送、電子戦、対水上艦戦、対潜水艦戦、指揮、統制、通信などのマルチミッションに自在変化するなぁーとジジイの独り言。
艦載ヘリ・マルチ「シーホーク」の下っ腹からの覗きはなかなか観られるものでは無いだろうな




  


Posted by tsuzuki  at 14:21Comments(0)

2017年10月28日

インストラクター教導のもと取扱、射撃分隊支援マシンガンの弾丸発射後の薬莢が空中を浮遊

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今日の天気は気持ちと同じ表現で聡明、爽快なり、ときましたね。スカプラ広場には週末イベント?かな・・・どっかの新車販売会が行われ、盛り沢山な人だかり。では内外のニュースを見て観ましょうか、日本海(北朝鮮東海)で北朝鮮側水域に入り拿捕(拿獲)された敵対国の韓国漁船(乗組員10人)が拿捕後約1週間で送還された。異例中の異例な取り扱いである、北朝鮮当局が拘束した人間、船舶を1週間で開放すると言う事はまず無い、最低でも数か月は拘留される。日本漁船がロシアに拿捕されたとしてもかなりの期間拘束される、おまけに船舶などは送還されないじゃないか??だんだんと吠え方にも威力が薄れてきた北朝鮮よ!急にどのような風の吹き回しか??さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、アメリカ海兵隊・海兵航空地上(機動)任務軍団・第1海兵遠征軍・第1海兵情報群・第1法務執行大隊戦闘員による自動小銃タイプのM249パラツゥルーパー?「空挺タイプ」分隊支援ミニ軽機関銃の自動小火器取扱い、射撃訓練指導模様かなぁーとジジイの独り言。
インストラクター教導のもと取扱、射撃分隊支援マシンガンの弾丸発射後の薬莢が空中を浮遊

  


Posted by tsuzuki  at 14:18Comments(0)

2017年10月26日

アメリカ開拓時代の遺志を継ぎスペシャルコマンド戦闘員はアメリカへの忠誠と国旗精神のもとに

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、本日も天候良しGooD!!、特に気候のことに言うこと無しである。では内外のニュースを観て見よう、北朝鮮が、またまた高飛車な強硬、威嚇発言を発してる。核融合の「水爆」実験(破壊力の規模は不明?)をこれ見よがしに行うとしている。ドランプ・アメリカ現大統領のシンクタンクの一員、マティス・国防長官は「われわれは戦争に突き進むのではなく、平和的な解決を求めている」と再三発言強調しているが、彼の言う「平和的な解決」とはどういう事??、何を言おうとしているか、まったく解らん!!無駄である、こうしている間に北朝鮮は「核」爆弾の威力増大開発、ミサイルロケット搭載小型化開発を確立して行くであろう!!その時は対等対話協議の段階では遅いでしょう!!北朝鮮・ロケットマンが今、一番恐れているのはアメリカ海軍、アメリカ空軍の国家忠誠のために死ねる、死を恐れない特殊作戦部隊である。その一つがすでに原子力潜水艦「ミシガン」に乗艦して韓国内に秘密裏に移動したアメリカ海軍・ネービーシルーズ超精鋭、極東担当チームの特殊作戦部隊(約60名?)と現在、各紛争地の軍事顧問団(戦闘教導員)と称して実戦地でCIA要員と共に活動してるアメリカ空軍の特殊作戦戦術グループ(部隊人数は不明)のメンバーたちである・・・・さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、この絵はアメリカ空軍・空軍特殊作戦軍団・第24特殊作戦航空団・第720特殊戦術群・第23特殊戦術(飛行)中隊・戦術戦闘員の相当数の実践現場を踏んだ戦闘、捜索、救助教導の冷静沈着な指導状況かなぁーとジジイの独り言。
アメリカ開拓時代の遺志を継ぎスペシャルコマンド戦闘員はアメリカへの忠誠と国旗精神のもとに


  


Posted by tsuzuki  at 17:37Comments(0)

2017年10月24日

横から見たツラツキ(横顔)ラインはまるであのどう猛な水生昆虫の「タガメ」に似てる

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、台風も去り、秋晴れの素晴らしい天気です。北日本小生の住む地域も狙われていたが先般の台風襲来情報同様カラ振り、まずは一安心。それにしてもいやー、昨日から今日にかけて腹痛でどうしようもなくだるく・・・参った、参った。では内外のニュースを観て見ますか、非情・独裁国と言われてる北朝鮮「ロケットマン」の動向を観測してみると、ここんところ静かなもんです。SLBM・中距離弾道弾ミサイルロケットの改造バァージョンアップ型の開発が思うように進んでいないのか??新たなICBM大陸間弾道弾ミサイルロケットの製造技術が確立できないでいるのか??それとも隠密作戦専用の原子力大型・トマホーク巡航ミサイル搭載型潜水艦が共同作戦を執ってるオサマ・ビンラディン暗殺で有名な海軍特殊作戦部隊「ネービーシールズ」特攻戦闘員の秘密裏・深深進攻抹殺作戦へのディフェンス対応での動きを執っているのか?・・・・・さて恒例の働く?軍事絵を見て観ましょうか、大平洋の真ん中で進攻戦闘準備がスタンバイされてる第五世代、格闘戦・低高度進攻爆撃戦統合最新戦闘機の本領は如何に??と言う事でアメリカ空軍・航空戦闘軍団・第12空軍・第388戦闘航空団(HL)・第388作戦群・第34戦闘飛行隊(ニックネーム:Rude Rams「粗暴な雄羊」)所属のF-35A(AF-122)15-5131 稲妻2世・ステルス統合(多目的)打撃戦闘機である。「アメリカ空軍・F-35A戦闘機」の「在日米軍三沢航空基地」への配備計画はどうなってるのかなぁーとジジイの独り言。
横から見たツラツキ(横顔)ラインはまるであのどう猛な水生昆虫の「タガメ」に似てる
F-35
  


Posted by tsuzuki  at 15:49Comments(0)

2017年10月22日

リーパー・ドローン中東戦域でシャットダウン・・・これが無人機戦争ですかね!?

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、雨です、超大型で巨大な勢力を持った「台風21号」の先端影響が北日本のこの地まで来ているようだ。相当な強風が襲来するらしいから我が家の駐車場に駐機している中型除雪車、小型除雪車を強化ステンレスチェーンで結束、勿論、その他建屋界隈の機械、器具、小間物類は車庫内に移動施錠。強い台風の来る情報のたびにこのような同じような用具退避行動をシテイルガ、この地域に到達する前に温帯低気圧に変わってしまって取敢えず何もなく・・・・・。では内外のニュースを観て見ましょうか、韓国で日本の「旭日旗」は、「日本の軍国主義の象徴」だとして騒いでいるらしい。また、近未来に向かってる現代のこの世で、先に関連したよく似たデザインの看板などに異常、過剰に軍国主義反応しているとのこと・・・この国の一部人種??凄い暇だなぁー、韓国報道では過度、極度な「民族主義的コンプレックス」と指摘しているが、冷静に、キチンと物事を判断できる韓国ジャーナリストも居るんだ、これは称賛に値する。特定な中国人に似て騒ぎ立てる韓国・朝鮮民族の一部(憶測、推測、はては妄想が好きな人種)、横暴者たちよ!自分の国の中のことに眼を配れ!!小生の国は次代を担う子供たちへの未来期待と大人の責任と相まって新感覚の教導提供に忙しいんです・・・・・。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、アメリカ空軍の連携同盟国の空中観測・航空偵察情報や敵対国攻撃援助支援に駆り出されていたMQ-9Aリーパー長距離・偵察無人攻撃機であるが、この静かそうに見える絵は何故か寂しいものを感じるのは小生だけかなぁーとジジイの独り言。
リーパー・ドローン中東戦域でシャットダウン・・・これが無人機戦争ですかね!?

  


Posted by tsuzuki  at 16:50Comments(0)

2017年10月20日

ステザムの艦上は機関砲、魚雷、ハープーン、スタンダード、トマホークなど攻撃武器だらけ

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、そろそろ夕方5時になりますね、寒くなってきた中で今にも雨が降りそうな、薄暗くどんよりした天候になってきました。明日は、一足早い三沢の商店街の独自「ハローウィン」イベントだ天気よモテ!すっかりハローウィンも日本版バァージョンが定着してしまった。では内外のニュースを観て見ましょうか、アメリカのドランプ政権下ではアメリカの首席補産官がドランプ現大統領の戦死家族への配慮弔話で無礼、不謹慎極まりない発言をしたことを擁護しているらしいがとんでもないことである、擁護者本人の心情にも戦士対する敬意を払わない人格を存在するから一般的な社会生活の場で到底容認されるものでは無いし、極めて無責任で人格欠格者と言わざるを得ない・・・・・そういう育ち方をして来たのであろう。こなまずるい人間はどこまで行っても、いけたけだけしい・・・・さて恒例の働く軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、今日はアメリカ軍、韓国軍合同演習の中からひとコマ、アメリカ海軍・大平洋艦隊・第7艦隊主力空母で前方展開時の「第5空母打撃群の旗艦」の「USSロナルド・レーガン(CVN 76)」原子力大型航空母艦(最新型戦闘機類を60機以上搭載)と空母護衛伴走艦「USSステザム」ミサイル駆逐艦である。伴走艦は小さな戦闘艦船であるが多少の荒天でもハイスピード移動が出来るし、すばしこいのは当たり前であるが攻撃武器の多種多様の装備艦で「海洋攻撃戦闘武器の塊り」となっているミサイル駆逐艦だなぁーとジジイの独り言。
ステザムの艦上は機関砲、魚雷、ハープーン、スタンダード、トマホークなど攻撃武器だらけ

  


Posted by tsuzuki  at 17:06Comments(0)

2017年10月19日

元大統領名のアタック・サブマリン「ジミー・カーター」は水中艦の中でも超突出した能力保持

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今日は寒い!!気温がぐっと下がり、中途半端な一撃寒波を喰らったような日だ。あぁー、寒い!寒い!!では内外のニュースを観て見ましょうか、北朝鮮がアメリカ軍、韓国軍共同演習に向かって、また吠えた・・・断末魔の叫びで「覚悟しろと」威嚇!したらしい。というのを見ていたら、ドランプ現アメリカ大統領がまた、国のために殉じた若い戦士の家族の葬儀中に「あの男(兵士)は戦死覚悟・・・・云々」の発言で個人、家族を冒涜するような無作法極まりない言葉を発したらしい・・・場面は違うにしても「またか」という感じ・・・・さて恒例の働く?軍事絵を見て観ましょうか、アメリカ海軍原子力潜水艦物語です。アメリカ海軍のシーウルフ級攻撃型潜水艦のうちでも660ミリ魚雷発射管8基、UGM-84D(Block-1C)ハープーン対艦ミサイル、SLCM潜水艦発射型トマホーク巡航ミサイル、高性能爆薬搭載型Mk-48ADCAP魚雷など多種多様な戦闘攻撃武器装備を持ち潜水艦の中でも水中深静進航出来るUSS ジミー・カーター(SSN23)積載能力向上型・原子力攻撃型潜水艦である。なおかつ、海軍特殊作戦部隊支援運用潜水母艦としての多機能な戦闘攻撃装備・設備装着型となっているなぁーとジジイの独り言。
元大統領名のアタック・サブマリン「ジミー・カーター」は水中艦の中でも超突出した能力保持

  


Posted by tsuzuki  at 16:57Comments(0)

2017年10月18日

USS John Warner 第6潜水戦隊は「自由を守る使命」をモットーに海洋・水中から戦術監視

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、曇っています、しかもかなりヒヤッとします。小生のこれまでの生活経験から言ってこういう天候は時として風邪を誘発しますので気を付けたいものです。では内外のニュースを覗いて観ますか、中東紛争では超過激派・殺戮テロ集団組織の「ダーイッシュ」一団のイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)が拠点都市シリア北部ラッカを有志連合軍とシリア民主軍(SDF)に追われ「ラッカ」が陥落した。ダーイッシュ主要幹部、強攻殺戮戦闘員は残存する兵員とまだ隠れているらしいが捜索で発見されるのは時間の問題だろう・・・・。この戦闘状態に何の関係も無いラッカ在住一般庶民の無事を祈りたい、なぜなら、これまでの戦闘で人間盾にしてきた「ダーイッシュ」は野獣、無差別なケモノと化しているだろうから・・・さて、恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、北朝鮮との険悪な状況下でアメリカ海軍は「原子力大型航空母艦」を日本海に展開するなど武力けん制、威嚇をシテイルガ、実はこの状況下で目立たない存在、注目されないものがある。4か月の間、深い海の底を不気味に静かに浮遊している潜水艦・・・・アメリカ海軍・潜水艦部隊・第6潜水戦隊所属の「ジョン・ウォーナー (SSN 785)」高速原子力攻撃型潜水艦である。実に潜水、水中航行スピードは安定的に60キロ以上のハイスピードで移動でき、武装、装備は対艦船・対潜水艦高速魚雷を装備するほか対艦戦ミサイル垂直発射システム12基を搭載していると聞いているなぁーとジジイの独り言。
USS John Warner 第6潜水戦隊は「自由を守る使命」をモットーに海洋・水中から戦術監視

  


Posted by tsuzuki  at 15:30Comments(0)

2017年10月17日

大型原潜ミシガン艦上、先端、中央部にはまた見慣れない突起部と舟艇用かな?増えてる感じ

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、本日は天気良し、爽快なり。でも月曜日はいつものことだけど、日中は静かなもんですね。相変わらずだけど上空は戦闘機が出て行ったり、帰って来たりで変わらない一日が刻々と過ぎ去ろうとしています。では内外のニュースをチョット覗いて観ますか、北朝鮮・高官?が今後、北朝鮮が地上「核実験」の確立と大陸間弾道弾ミサイルロケット(ICBM)の技術確立の上にミサイル飛距離の延長拡大の技術的発射試験を繰り返すとして、アメリカとの外交交渉?で「いかなる状況においても」核・ミサイル開発で妥協する意思はないと強調したとのこと。まぁー、ドランプ大統領の外交政策で極東アジア訪問期間内に併せてミサイル発射実験は無慈悲、無情傲慢にも行われるような感じである。現在、日本海洋上等ではかなりの艦船、航空機が参加してアメリカ軍、韓国軍による規模の大きい共同演習がたけなわとなってきているのでこの10日間は北朝鮮も傍観するかな???さて、恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、アメリカ海軍の太平洋第7艦隊・超秘密部隊の誘導ミサイル・大型原子力潜水艦「USSミシガン」(SSGN727)である。なんと全長は170メートル以上で搭載兵器類でも近代中東戦でも強大な破壊力を見せた水中発射型BGM-109・トマホーク巡航ミサイル 150発以上のほか、ネービーシールズなど海軍特殊作戦部隊戦闘要員部隊を敵対地域深攻させるためなのかミサイル戦、特殊部隊作戦も併用した隠密、生き残り原潜だなぁーとジジイの独り言。
大型原潜ミシガン艦上、先端、中央部にはまた見慣れない突起部と舟艇用かな?増えてる感じ

  


Posted by tsuzuki  at 16:03Comments(0)