2017年11月29日

醜いどう猛なイボいのししは暴れだすと手がつけられん!サンダーボルト・タンク・キラー突進

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、本日の気候は気持ちが良いくらいです、満足!!では内外のニュースを観て見ましょうか、非情卑劣・独裁国「北朝鮮」が「新型?ICBM大陸間?弾道弾ミサイルロケット」の飛翔実験を強行した。打ち上げ上昇最高度が4000キロを超えたと言う事からICBM弾道ミサイル同等並みではあるが、本当にそうだろうか?ミサイル製造技術がそこまで確立してるのか??かなりの数を持ってる・・SLBM中距離弾道弾ミサイルロケット(旧ソ連製で上昇高度:約3000キロクラス)のむりくり多段型改造弾道ミサイルではないかなぁー??推進燃料増加改造型がうまくいけば上昇高度のアップは稼げる・・・あとは慣性で当然射程距離は伸びる、目標地点落下精度は別として・・・問題は、「大気圏外へ打ち出すのだから、大気圏内への超高度な再突入技術」であろう???
小生70歳なり、男子平均余命としてあと10年、この間に戦争は起きてほしくは無いが「きな臭い極東」に居る以上、巻き込まれるであろうなぁー・・・殺し合いケンカはふとしたはずみから起きる・・・歴史がモノ語ってる。
さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、鮮やかに綺麗な絵である・・・アメリカ空軍・太平洋空軍・第7空軍・第51戦闘航空団・第51作戦群・第25戦闘飛行隊("Assam Draggins")所属のA-10C (cn A10-0503) 80-0153 サンダーボルトⅢ (愛称Warthogs:いぼイノシシ) 対戦車・対地攻撃機である。地上戦最強と言われてる最新戦車でもこいつを敵まわさないほうがいいなぁーとジジイの独り言。
醜いどう猛なイボいのししは暴れだすと手がつけられん!サンダーボルト・タンク・キラー突進

  


Posted by tsuzuki  at 15:21Comments(0)

2017年11月27日

海洋に浮かび太平洋上を機敏機動航行する「アイスバー」キャリア・レーガンは恐ろしくデカい

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今日は朝から太陽が出て日が良かったが気温が低く寒~い一日が暮れようとしている。では内外のニュースを観て見ましょうか、旅客航空機で乗客が乗務員に暴行を加えて逮捕されてる・・・・・バ~カ!!小生とおない歳で酒を飲んでいるらしいがとんでもない奴だ!酒に飲まれるくらいなら飲むな!!この酔っ払いバカ「業界用語」を使っているらしくて??元社員か、かな?さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、海洋の怪物都市?まるで日本の一つの小さな町が洋上を威風堂々と移動して歩く航跡は勇壮にしか見えない・・・・・、アメリカ海軍の太平洋空母機動部隊の主艦となり、攻撃、爆撃戦闘機群団の第5空母航空団を搭載し、機動軍団、第70任務部隊・第7艦隊戦闘部隊の原子力大型空母「USSロナルド・レーガン(CVN-76)」(排水量:10万トン以上)の姿は海上に浮かぶ「巨大な氷山」のようだなぁーとジジイの独り言。
海洋に浮かび太平洋上を機敏機動航行する「アイスバー」キャリア・レーガンは恐ろしくデカい

  


Posted by tsuzuki  at 17:41Comments(0)

2017年11月26日

ウィーゼル部隊はナム・ワーはじめガルフ・ワーなどを歴史的にこなした空軍、直接打撃精鋭爆撃部隊

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、どんより曇り空が続いてま~す。まぁ~、気持ちはそんなにすたれなくのびのびな感じです。では内外のニュースを観て見よう、自由民主党のもと大臣がアメリカほかの黒人に対して差別発言・・・・オマエ、公人?のくせに「バカ」か、常識を失った「アホ」か・・・オマエみたいのが人類人種ごとを語る資格なし。いろいろな人種や性格人間がいて人類が形成されてるんだ、軽々しく言うな!!!地球の存在は非常に意義と価値ある中に生命の維持がされているんだ。馬鹿たれが!!!!さて、恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、在日米軍三沢航空基地の長期日本駐留部隊の米空軍戦闘機部隊は日本国内の日本人、在住米国外・外国人にはあまり知られていないが、航空マニア通の日本人には戦時先制攻撃部隊の静かな敵対地域破壊深攻部隊として知られてる。知らないだろう・・・・・。
これが精鋭レーダーバスターズ專撃部隊で有名なワイルド・ウィーゼル先制攻撃飛行部隊の第35戦闘航空団司令官指定機で「Bob:ボブ」が操縦。実はウィーゼル・デンのボスである司令官は特殊戦・戦闘捜索救難ヘリ「ペェーブホーク」の操縦資格を持ってる異色の戦闘機パイロットである。アメリカ空軍・太平洋空軍・第5空軍・第35戦闘航空団(WW)・第35作戦群・第14戦闘飛行隊・所属航空団司令官指定機のF—16CM(Block-50A) 90-0808 ファイテング・ファルコン戦闘爆撃機(ワイルド・ウィーゼル機)である。この部隊は北朝鮮・朝鮮人民軍との戦闘勃発では一等最初に北朝鮮本土内陸部に深々侵攻し爆撃破壊行動を執る戦闘爆撃部隊であるなぁーとジジイの独り言。
ウィーゼル部隊はナム・ワーはじめガルフ・ワーなどを歴史的にこなした空軍、直接打撃精鋭爆撃部隊
  


Posted by tsuzuki  at 15:46Comments(0)

2017年11月25日

P-3Cオライオンも長距離飛行が可能なことから大海海洋を駆け巡って来た突出する海軍機

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今日は朝から湿雪が降り続けるとのことであったがそれも上がり、太陽がのぞいてきて気持ちが良いほどの日差しになって来てますね。では内外のニュースを観て見ましょうか、中東・アフリカの「エジプト」は破壊力の強大な爆弾による大量殺戮が発生してる、すわ「IS・ダーイッシュ」惨殺集団戦闘員の敗残兵による仕業か?事件はまだ解析されていないが・・・・・。超過激派組織・殺戮テロ集団の「IS・イスラム国」の活動拠点が殲滅、奪還、解放されて来て敗残戦闘員には居場所が無い・・・そうなると、逃亡先の行く先々で略奪、殺人を繰り返し逃避をしているだろう。数年前の彼らが行った侵略、破壊時の殺人制覇が未だ続いているだろう。さて恒例の働く?軍に絵をひとコマ見て観ましょうか、新しい機体へととってかわってる中で澄み切った空映えする絵があったので紹介したい。アメリカ海軍・第10哨戒/偵察航空団・第69(対潜)哨戒飛行隊(Totems)/トーテム分遣隊所属のP-3C -210-LO [Update III] (MSN 285A-5740) BMUP+ 161404 オライオン対潜水艦哨戒・海洋監視機 「PJ 404」である。 このての「対潜機」もだんだんと少なくなってくるなぁーとジジイの独り言。
P-3Cオライオンも長距離飛行が可能なことから大海海洋を駆け巡って来た突出する海軍機


  


Posted by tsuzuki  at 11:38Comments(0)

2017年11月24日

潜水艦アサシンのP-8キラーとP-1キラーどちらが探知能力に優れてるのかなぁ~~

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、弱風で小雪交じりの寒い一日が経過して行きます。いいかなぁーと思えば、崩れる繰り返し・・・・・。では内外のニュースを観て見ましょうか、日本海の漁業海域でほっといたら大変なことになる状況が悪化して来ている。北朝鮮籍(韓国船もあるがほぼ間違い無し)の小型木造漁船・群船団が日本海・漁業海域の排他的経済水域(EEZ)内での違法漁業が横行して来ている。夜間イカ釣り船への衝突危険や違法「定置網」によるスクリュー、船外機への絡みなど横暴を数え上げたらきりがない・・・・。迅速、厳重強固な対応を継続的に図らないとどんどんエスカレートして来るのは目に見えている。国益を守るためには時には強硬策も必要かと・・・。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょう、海洋監視、専守するビッグな航空機を観たので紹介しよう、アメリカ海軍の対潜水艦索敵任務を主とする第2偵察哨戒航空団・第4(対潜哨戒)偵察飛行隊 (VP-4) “ Skinny Dragons“ に所属するP-8A (MSN 44951/5963) 169009 ポセイドン対潜哨戒機「YD 009」である。これがアメリカ海軍、極最新鋭の潜水艦キラーかなぁーとジジイの独り言。
潜水艦アサシンのP-8キラーとP-1キラーどちらが探知能力に優れてるのかなぁ~~


  


Posted by tsuzuki  at 14:54Comments(0)

2017年11月21日

このシーホークは対潜水艦戦闘、捜索救助、海上哨戒、海上輸送を主用務で全天候型・昼夜可変型

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今時分は昨日と打って変わって寒い!!また、冬将軍の先発部隊が攻めて来るらしいし・・・・、オォーさむ!では内外のニュースを観て見ましょうか、国内では「M」大銀行の「人員削減」が発表、低金利貸金業の経営動静が上向かないでいるのに・・・・・、日銀・黒田ゾウサイよ、国内経済動向の是正施策をいつ打ち出す・・・、アベノミクス(推進官僚も含めて。)は今どのへんなの、どこにあるの????関東、関西首都圏大都市と地方小都市の経済格差が徐々に広がっている態様の中で格差が縮まるような安定的な政策を打ち出すようなことが出来ないのか・・・?さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ観て見ましょか、アメリカ海軍の空母(機動)打撃群の一員である第11空母打撃群・太平洋ヘリコプター海上戦闘航空団・第8ヘリコプター海上戦闘飛行隊(Eightballers)「NH 615」所属のMH-60S(168394)シーホーク "ナイトホーク" 対潜水艦戦闘・捜索救助(バリアント)ヘリコプター機である。
このシーホークは対潜水艦戦闘、捜索救助、海上哨戒、海上輸送を主用務で全天候型・昼夜可変型





  


Posted by tsuzuki  at 15:26Comments(0)

2017年11月20日

マリンコー、F-35のあだ名は「サイカブト」にするか、沖縄に生息してるカブトムシに似てるな

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、本日の天候、朝来より快晴なり・・・・・、言う事無し。では内外のニュースを観て見ましょうか。国内ではキレる人種の発端事件が多発しているらしい・・・交通トラブルまがい、或いは思い込みでメンタル・スパーク・ギレで「あおり運転で事故、事件」を起こしているヤカラがあちらこちらで出ている、とっ捕まえてブチ込め、運転免許は永久剥奪停止とした方が良い。何故なら一般良識が欠如しているから。さて恒例の働く軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、今日は認証資格実証の華麗な?航空機を紹介したい、アメリカ海兵隊・第3海兵航空団・第13海兵航空群・第211海兵戦闘攻撃飛行隊 "Wake Island Avengers" ( CF03) 所属のF-35B (BF-36) 168839 電光2世・ステルス統合打撃戦闘機 (DT-III :第三段階開発試験)である。何かに似ている、まるで「甲虫・カブトムシ」が空中で浮遊停止しているみたいだなぁーとジジイの独り言。
マリンコー、F-35のあだ名は「サイカブト」にするか、沖縄に生息してるカブトムシに似てるな

  


Posted by tsuzuki  at 15:23Comments(0)

2017年11月18日

スターテイング時のスモーク・スプレー、タッチダウン・アプローチ時のスモーク・スプレー見逃すな

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、朝から小雨まじりのジトジトした天気ですね、気が滅入ってしまう、何とかならんもんなネイチャーだから。では内外のニュースを観て見たいね、アルゼンチン海軍の小型?潜水艦が交信が途絶え、行方不明らしい・・・・乗組員の安否が気に掛かる・・・。救助対処の一部ではあるが無線機器の持ってる特質のすべての周波数による遭難信号の探知、対潜機によるソノブイ大量散開投下音波探知、救難艦DSRVの現場海域待機などあらゆる手段を軍事大国揚げて対応できないものか・・・・・・・。さて、恒例の働く?軍事絵を見て観ましょうか、今日は華麗な空中機動展開飛行を見せてる、言わずと知れたアメリカ軍の海軍、空軍の戦技曲技部隊である。アメリカ海軍・「合衆国海軍飛行演技飛行隊」の「ブルー・エンジェルス(Blue Angels)」とアメリカ空軍・「合衆国航空軍航空戦技演武飛行中隊」の「サンダーバーズ(Thunderbirds)」の飛行隊チームである。グローバル的に飛行機動鋭敏、華麗で超スピード感の空中飛行(機動)演技で全世界の航空ファンを魅了している飛行戦技部隊であるなぁーとジジイの独り言。
スターテイング時のスモーク・スプレー、タッチダウン・アプローチ時のスモーク・スプレー見逃すな






  


Posted by tsuzuki  at 12:21Comments(0)

2017年11月17日

先制攻撃を軍事指針の米国が決起するとひとたまりも無い、当然、戦傷デメリット、リスクも計算済

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、空は澄み切っているが初冬ですから気温も下がりやっぱり寒いです。では内外のニュースを観て見ましょうか、アメリカの北朝鮮軍事関係の偵察、分析、解析研究グループの予測発言によると、しばらく鳴りを潜めている北朝鮮・軍事予測動向として、どうやら様々な弾道弾ミサイルロケットの巡航精度実験や核爆弾(主に核融合の水素爆弾か?)実験などで一応の技術精度の確立を達成したのか?軍事施設・装備動静ではどうやらSLBM(小型核爆弾搭載型中距離弾道弾ミサイルロケット)搭載型の「ミサイル潜水艦」建造を急ピッチで行ってるらしい・・・・・もしそうだとすれば、「ミサイル潜水艦」に搭載する軍事破壊兵器は確実な充足を得たであろうから、発射器となる潜水艦本体建造を急ぐのは当然な気がする。ミサイル潜水艦建造は国家元首の厳命であれば、「不眠不休」で取り組まなければならないであろう・・・・・かつての大戦中での「旧日本・陸海軍」のための軍需工場と同じで・・・・さて恒例の働く?軍事絵を見て観ましょうか、日本海大海をサイド・バイ・サイド航行する巨大空母群団のアメリカ海軍・各空母機動打撃群の原子力空母「USSロナルドレーガン(CVN 76)」、同「USSセオドアルーズベルト(CVN-71)、同「USSニミッツ(CVN 68)」といずれも排水量10万トン超、艦載機を各約70機を搭載している巨大空母打撃群である。三つ合せると戦闘武装員述べ1万5千人の海上移動軍事基地で日本駐留航空基地に比較すると嘉手納、岩国、三沢米軍基地を合せたぐらいになるなぁーとジジイの独り言。
先制攻撃を軍事指針の米国が決起するとひとたまりも無い、当然、戦傷デメリット、リスクも計算済

  


Posted by tsuzuki  at 17:01Comments(1)

2017年11月16日

今は沈静化の非情・独裁国「北朝鮮」を威嚇、誇示するため巨大空母三艦が集結演習で強大力を披露か

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、午後5時を廻ったころから初雪じゃ!!降って来た、毎年のことだからさして驚きもしないが今日はE自転車通勤だ・・・・空気が冷たかろうって!では内外のニュースを観て見ましょうか、内外ともドロドロな話題だらけでトンと気にもかからなくなったからお休みです。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、勇壮で華麗とも言える絵があったので紹介したい。アメリカ軍の大海洋の数匹の王者とも言える原子力大型航空母艦である。アメリカ海軍太平洋艦隊・第9空母打撃群を編成し、艦隊のコールサイン「ラフ・ライダー」の異名をもつ巨大原子力空母「セオドア・ルーズベルト (USS Theodore Roosevelt, CVN-71)」、排水量は10万トン以上、搭載される戦闘・攻撃艦載機数は約65機、航空機運用・艦船航行従事乗員約4千名ををもって広大な海原を長期間にわたって作戦任務に就いている。それにしても穏やかな太平洋海洋だなー、いつもはこうはいかないであろうなぁーとジジイの独り言。
今は沈静化の非情・独裁国「北朝鮮」を威嚇、誇示するため巨大空母三艦が集結演習で強大力を披露か

  


Posted by tsuzuki  at 17:57Comments(0)