2017年08月31日

超空を泳ぐB-2「鱏(エイ)」が成層圏でステルスとなり忍び寄る事態が来なければいいな

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、すっかり秋空模様の天候となった今日この頃、気持ちが良いだけ爽やかさが増した気分になれますね。では内外のニュースを観て見ましょうか、北朝鮮の漁船が日本の既得海域の日本海で水産物類の横取り漁やトンデモナイ漁法により漁獲していることが明るみに出て来た。これら何百隻の害船の追い出し駆除に日本の管区巡視群は多大な労力消化と精神消耗を与えられている・・・・・何年も続けられて、もう現場サイドでは威嚇送水砲などでは対処できないのではともおもう・・・と気の毒である。
また、(大陸間)弾道弾ミサイルロケット無差別、乱発発射実験問題で北朝鮮・労働新聞の論評として、この間の(大陸間)準中距離(戦略)弾道弾ミサイルロケット発射実験を引用して「発射訓練は主権国家の自衛権行使であり合法的な権利だ」と主張し、かつ「わが国が国防力強化に力を注ぎ、自衛的措置を取り続けているのは、米国からの核戦争の危険を防ぎ、朝鮮半島と地域の平和を保障するためだ」と強調しているとのこと。
着弾目標精度の曖昧・ひ弱な改修・改造北朝鮮版ミサイルロケットを飛ばして大海を挟んだ我が国・領土(小大陸)の頭の上を通過させておいて
、甚だしく迷惑で恐怖感を与えている独裁的な先軍政策思考はゆるすべきではない!!!日本も厳重警告、厳重抗議、経済強行制裁などではこれ以上の進展は望めないので超法規的(合法な)防ぎょ自衛権の行使を強硬に態度に表わすべき事態に来てしまっている・・・・さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ観て見ましょうか、雄々しい絵があったので紹介したい、天空を鋭く、獲物を狙う“マンタ”の如く・・・アメリカ空軍・空軍地球規模打撃軍団・第8空軍・第509爆撃航空団(モットー:復讐の擁護者?)・第509作戦群・第393爆撃飛行隊(愛称:猛虎)所属のB-2A (AV-20) Block-30 <93-1087>戦略ステルス爆撃機(航空機敬称:ペンシルベニア魂)「WM」である。当然、超大な破壊力をかかえいるだろうなぁーとジジイの独り言。
超空を泳ぐB-2「鱏(エイ)」が成層圏でステルスとなり忍び寄る事態が来なければいいな








Posted by tsuzuki  at 18:35 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。