2017年12月05日

アメリカ軍の戦時出動体制では上院、下院議会の承認を得なければならないが水面下で動き活発?

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、冬ですね、寒いですね、雪は降らないけど・・・。では内外のニュースを観て見ましょうか、北朝鮮の夜間イカ釣り操業の泥棒船群団が日本海側沿岸に出没している、独裁国・北朝鮮人民(軍?)らしい、日本の漁場は荒らすし、はては窃盗を働くし・・・・とんでもない連中である。海上保安庁も大変だろうが何とか頑張って排除してほしい、この国の人民は保健衛生上きちんと指導管理されていないので・・・そっちの方が恐ろしい!!もちろん、これらの行為に紛れて諜報(スパイ)工作員の活動も当然相乗りで行っているだろうから・・・。北朝鮮が情報、諜報活動で「朝鮮人民軍・偵察総局」、「朝鮮人民軍・保衛司令部」から、これまでに日本に送り込んでいる諜報活動から破壊工作準備活動のための潜伏(浸透)の潜入工作員「スリーパー」の数は、約600名?と言われている。この「スリーパー」たちは巧みに日本人に紛れて主に在日米軍基地の所在する都市・地域でありとあらゆる軍に関係した情報取得に当っていると言うし、絶対に一か所に長期期間留まる(在住する)ことなく、複数人員で交替で当たり行動は単独?で行うと言われてる・・・・。さて恒例の働く?軍事絵は今日はお休みして・・・北朝鮮が自国独自で製造したアメリカ本土までの飛距離を得たと言ってる「火星15号」・ICBM大陸間弾道弾ミサイルロケットである。これって旧ソ連(ウクライナ製造)製のSLBM/中距離弾道弾ミサイルロケットの改造、修復、2基結合体かな?今日もジジイのひとり言。
アメリカ軍の戦時出動体制では上院、下院議会の承認を得なければならないが水面下で動き活発?


  


Posted by tsuzuki  at 16:24Comments(0)