スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2017年10月16日

しょせん、ドローン(無人機)は有人スパイ機を超越出来ないであろう?有人機人間の五感は一等

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、夕方5時になりました、もろ寒いです、冗談半分で雪でも降るのかなぁーと思うくらい気温が下がって来たらしい。今日は範多の16馬力除雪車の幌を取り外し、クレで汚れを取り除き、明日の試運転の準備を整えました。何事もなくかかればよいが・・・・。では内外のニュースを観て見ましょうか、国内は選挙詣で一色、人物と推奨党を決めた小生にはなんかつまらない感じ??新しい体制になっても地方経済がよりよく活性化されればいいなぁーと思いながらダンマリ。国外動静は近場の日本海でアメリカ軍、韓国軍軍脳が共同演習を開始したようである。なんか、アメリカの原子力大型空母「ロナルド・レーガン」艦隊部隊の空母打撃群などを主体に総合で艦艇約40隻が参加するとのこと、当然、北朝鮮・軍事主要首脳部を抹殺する韓国軍、アメリカ軍特殊作戦部隊の特殊な人間に鍛え上げられた暗殺戦闘員も秘密裏に今回の共同作戦でより実践に近い総合、統合(暗闇進攻作戦)訓練をおこなうでしょう。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、今日は超極秘任務に携わる航空機部隊を覗きますか?アメリカ空軍・空軍戦闘軍団・(第25空軍)・第9偵察航空団→モットー:Semper Paratus" Latin Always Ready (ラテン語で「常に準備良し」)・第9作戦群・第1遠征偵察飛行隊(BB)所属のU-2S(cn8-070) 80-1070 ドラゴンレディ 超高高度(有人)戦略偵察機である。他に類を見ないプラットフォームでのおよそ不可能な重要な極めて貴重な目標行動、状態動向の収集を行ってるなぁーとジジイの独り言。
しょせん、ドローン(無人機)は有人スパイ機を超越出来ないであろう?有人機人間の五感は一等




  


Posted by tsuzuki  at 17:44Comments(0)

2017年10月14日

デス・スワンのハイ、ロー、ロー爆撃進攻には今の北朝鮮ディフェンス・レーダー網は効くか?

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、夕方5時になりますね、今日も少々の肌寒さは感じられましたがマァー、さわやかな一日でしたね。では内外のニュースを見て観ましょうかな、
現場の実体験をしている訳ではないので下手なことは言えないが、想像を絶すような大規模な原野火災が続くアメリカのカリフォルニア州北部でかなりの被害が拡大しているようだ。せめて、人的な被害が抑えられれば良いが!!・・・???北朝鮮・軍部が怪しく不穏な動きを見せているらしい??観測情報等によるとICBM大陸間弾道弾ミサイルロケットやIRBM中距離弾道弾ミサイルロケット発射システム装置の搭載移動車の動きが頻回だと言う・・・?何を考えているのか?またぞろ物議をかもし出し身勝手な恐喝主張を繰り返すための発射実験のためなのか??真意、判らず。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、今回の北朝鮮話題で一躍有名になった「戦略爆撃機」である。アメリカ空軍・地球規模打撃軍団・第8空軍・第28爆撃航空団・第28作戦群・第37遠征爆撃飛行隊(タイガース)「通称:ドゥーリットル飛行隊」所属のB-1B (cn 99) 86-0139 ランサー(またの名を「死の白鳥」)長距離音速・戦略重爆撃機(139/EL)である。流麗な機体容姿に合わせたような「死神の白鳥」という異名をもつ低空進攻を得意とする戦略的な意味合いを持つ爆撃機だなぁーとジジイの独り言。
デス・スワンのハイ、ロー、ロー爆撃進攻には今の北朝鮮ディフェンス・レーダー網は効くか?


  


Posted by tsuzuki  at 17:26Comments(0)

2017年10月13日

三沢には、「レーダーバスター」、「サブマリンキラー」、「ウェーブデストロイヤー」がスタンバイ!!

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今日はチト寒い感じがするが秋晴れの心地よい天候となりました。だんだんと「ハローウィン・フェス」も近づいてきましたね、小生も恒例のコスチュームのファッション選択に・・・何にしようか悩んでます・・・・。では内外のニュースを見て観ましょうか、国外動向では、北朝鮮・上位要人がアメリカ・ドランプ大統領の発言に対して「(彼のこれまでの発言に)北朝鮮に対する戦争の導火線に火を付けた」、「我々は言葉ではなく、炎を降らせることによってのみ、最終決着をつける必要がある」と強烈な批判声明を出している。
またアメリカとの対話には「米国が最大限の圧力と制裁に訴え、(われわれ)北朝鮮に対する凶暴な軍事的脅しに訴えている現状に対話ができる雰囲気は全くない」とも反抗態度を示している。こういう双方のけん制、威嚇、恐喝まがいの発言論争が続いているようでは「外交対話での解決を」なる言葉、その存在価値が縮小し、消滅して行くのは時間の問題であろう。さて恒例の働く?軍事絵のひとコマを見て観よう、実はこれと同型機の米海軍部隊が小生の街にもローティ駐留していることはあまり知られていない。アメリカ海軍・第2哨戒・偵察航空団・第4哨戒飛行隊(対潜水艦索敵部隊)「愛称:スキニードラゴンズ」所属のP-8A (MSN 44951) 169009ポセイドン対潜哨戒機(009/YD)である。ズングリむっくりな可愛い機体だけど「敵対潜水艦ハンティング」においては最新型の機体だなぁーとジジイの独り言。
三沢には、「レーダーバスター」、「サブマリンキラー」、「ウェーブデストロイヤー」がスタンバイ!!

  


Posted by tsuzuki  at 12:35Comments(0)

2017年10月11日

AWACSスペシャリスト搭乗20人が海洋海中を隠密行動の潜水艦との交信、指揮能力を保持・・・

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今日もうっとうしい寒冷雨天候です。あぁー、イヤですね・・・。では内外のニュースをチト覗いて観ますか、国内動静では三沢市に隣接する青森県六ケ所村(行政運営上から言うと「裕福な」村)の日本原燃の「核燃料再処理工場」の本格稼働がまた延期になってる・・・20年以上前から延期の繰り返し、そりゃそうでしょうな!再処理精巧、精密技術の確立が未だにされていないから?日本の再処理工場稼働技術は、緻密な研究と並行して常に開発しながら稼働しようとしているから延期もやむを得ないかな??要は技術確立がされていないで運営しようとしているから無理がある。国外ではアメリカ空軍・アンダーセン空軍基地のB-1B「死の白鳥」長距離爆撃機が北朝鮮と相対する朝鮮半島上空を威圧、けん制の飛行を実施したらしい・・・が当の北朝鮮は防空情報取得に疎いからピンときてないのでは・・・・・ドランプ大統領が待っているのは「中国、ロシア政府」のわれ関せづの黙認姿勢(すなわち、今後二国とも黙って発言しないのは残った一つの方法に「了解」)かな???さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、青空に映える素晴らしくきれいな絵である。アメリカ海軍・第1海軍戦略通信航空団・第3艦隊航空偵察飛行隊(異名:鉄人部隊)所属のE-6B「164408」マーキュリー「TACAMO」航空通信中継・空中指揮機である。アメリカ空軍のエーワックス(AWACS)運用と同じく海軍版で運用しているなぁーとジジイの独り言。
AWACSスペシャリスト搭乗20人が海洋海中を隠密行動の潜水艦との交信、指揮能力を保持・・・


  


Posted by tsuzuki  at 17:15Comments(0)

2017年10月10日

この先発戦闘爆撃飛行隊の粗暴なウィーゼル部隊はエレファント・ウォークで実弾を搭載か

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店?)広場上空、本日は早朝の曇天空からいきなりのザァーザァー雨です。自然にはかてねぇー・・・・。ではチト内外のニュースを覗いて観るか、国内の話題では、日銀の黒田が支店長会議で曰く、国内景気は堅調な海外経済などを背景に「緩やかに拡大している」との考えをだし、景気は今後も「緩やかな拡大を続ける」と言いったらしい。お抱えのシンクタンクの分析でしょうが、地域経済の動静は?小都市、隔り地域の雇用情勢については「どうですか」?見込まれ鳴り物入りで安倍政権に登用されたでしょうがこれまでも5回以上、かすっただけで空振りしていますね。この人?本当に地域の生活経済情勢(こういう時代に生活権が安定している公務員職、進出法人を除く。)が解ってるのかナァー???国外ではドランプが北朝鮮への威嚇、制圧発言で仲間の共和党主力者から戦争勃発への自重提言を受けているらしい・・・本国近くの太平洋上に北朝鮮ミサイルが海上着弾?したらどうなる、どう出るか????さて、恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、めずらしい絵です・・・在日米空軍で戦闘爆撃機18機による「エレファント・ウォーク」です。アメリカ空軍・太平洋空軍・第5空軍・第35戦闘戦闘航空団(ワイルド・ウィーゼル部隊)・第35作戦群・第14戦闘飛行隊(サムライ)のラインナップ・スナップ絵のF-16CM- ブロック-50タイプ ファイテイング・ファルコン戦闘爆撃機である。これらの機体を良く観察すると、機体胴体には ASQ-213HAARMターゲッテングシステム、AAQ-33スナイパーXRターゲッテングポッド、AN/ALQ-184-1 ECM電子妨害ポッド、主翼にはAIM-9X空対空サイドワインダーミサイル、AIM-120D-C7空対空アムラームミサイル、Mk82/500ポンドイナート爆弾、AGM-88E ハーム・高速対レーダーミサイルと長距離遠征飛行の600ガロン燃料増装ドロップタンクを2本懸架している。まるで湾岸戦争作戦、イラク進攻作戦と同じフル重装備の完全なる進攻戦闘武装「レーダー・バスター」スタイルですなぁーとジジイの独り言。
この先発戦闘爆撃飛行隊の粗暴なウィーゼル部隊はエレファント・ウォークで実弾を搭載か?




  


Posted by tsuzuki  at 16:36Comments(0)

2017年10月09日

米国本土防衛網の一つのかなめである地対空・対地システムのM142高精密弾発射機?

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、本日の日中は非常に良い天候となりました、グッド!!昨日は三沢の「アメリカンデー」でごった返しで来沢数も「三沢基地航空祭」の来客に迫る勢いがあった。特に基地内アメリカ人部隊・家族の出身州50ヵ所からの出展ブースでの食べ物類販売品の人気は例年高まって来ていますね・・・では内外のニュースをチト覗いて観ましょうか、中東情勢の動静として、殺戮集団・超過激派組織「イスラム国IS」の戦闘居城であるシリア北部の都市「ラッカ」陥落が近いとのこと・・アメリカ軍事顧問戦術指導軍の共同作戦支援を受けているクルド人部族主流の民兵組織「シリア民主軍」が都市ラッカ市内の80パーセント以上を制圧したことから陥落は時間の問題であろう。市内この地域のあちこちに残党は少なくても1,000人以上は居るだろうし、死にもぐるいの戦いを仕掛けて来ているのは現場の見分は実況出来なくても想像できる・・・一般市民を巻き込んだ人間盾による退避防ぎょはもとより、人間爆弾、あらゆる物(者)への仕掛け炸裂・爆薬と追いつめられた戦闘員たちの粗暴オオカミと化した無差別抵抗が続いているだろう・・・・さて恒例の働く?軍事絵をさりげなくひとコマ見て観ましょう、アメリカ陸軍・第8軍団・第18野戦砲兵旅団・第321野戦砲連隊・第3大隊?砲兵戦闘員によるMTV・陸軍中型戦術車輌に搭載されたHIMARS・軽量複数弾ロケット発射装置であるM142高機動ロケット砲発射システムによる長距離精密弾実射撃訓練を実施しているのかなぁーとジジイの独り言。
米国本土防衛網の一つのかなめである地対空・対地システムのM142高精密弾発射機?

  


Posted by tsuzuki  at 15:35Comments(0)

2017年10月07日

その気になればジャンボ機の1.5倍以上の人員輸送に即時迅速に転換対応出来るのでは・・

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、本日は雨です・・・・・今晩6時からスカプラ広場をメインに米軍パシフィック・ミュージックイベント前夜祭と明日は待望の米国50州ブース出展の三沢「アメリカンデー」本番です。天気、大丈夫かな??ちなみに航空自衛隊三沢基地天気情報によると明日は「晴れ」とのこと。では内外のニュースを見て観ましょうか、国内事情は殺人に繋がる事件だらけ?さて国外の動静であるがしばらくなりを潜めている激情非情・独裁国のちびロケットマンが牛耳っている「北朝鮮」がどうも「アメリカ」に対してさらなるミサイル威嚇をもくろみ、これまで幾度となく成功しているIRBM・中距離弾道弾ミサイルロケットのノウハウを活かし、さらに高精度化(北朝鮮・ミサイル開発技術陣は超優秀な技能を持ってる)を確立しつつあるICBM・超長距離弾道弾ミサイルロケットの実証実験を太平洋海域、深東方域に行う準備を進めているらしい。アメリカ軍はこのことをすでに察知しているらしく、アメリカ全軍のそれぞれの演習を終え、進攻作戦(すでに作戦名コードは付されているでしょう。)のゴーサイン待ちのような感じを受ける。もちろん、戦闘状態に入れば、北朝鮮の報復として韓国の大都市、日本の大都市は格好の標的となるでしょう!!?さて、恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、アメリカ空軍・空軍機動軍団・第60機動航空団・第60作戦群・第22空輸飛行隊と朋輩部隊である空軍予備役軍団・第349機動航空団・第349作戦群・第312空輸飛行隊所属のC-5B (MSN500-0118) 87-0032スーパーギャラクシー超大型・長距離軍用輸送機の重量感のある離陸かなぁーとジジイの独り言。
その気になればジャンボ機の1.5倍以上の人員輸送に即時迅速に転換対応出来るのでは・・





  


Posted by tsuzuki  at 15:16Comments(0)

2017年10月05日

三沢のウィーゼル飛行部隊は知られていないが湾岸戦、イラク戦、シリア戦に空爆遠征の実績あり

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、本日、天気爽快なり、われ清々しき気持になれる。今日は朝から気持ちが良かったので「コネチカット風・サンド」ホームメイドをランチに用意をしてきた・・・・日本製食パンにたっぷりのアメリカマヨネーズと厚切りハムを上下に数種類、中には厚くレタスと目玉焼といたってシンプルです。なんかよう判らんがマヨネーズがやたら美味しい、でもロシア人料理なら何でもたっぷりマヨネーズ(これはサッパリタイプの)を使うから、いいでしょ。では内外のニュースをちょっこと見て観ましょうか、国内では季節の変わり目なのか変人が続出、ホームで線路にいきなり突き落したり、刃物を持っていきなり見も知らない家に飛び込んだり、通りすがりに刺したり、殺人に繋がる精神的に不安定な日本人種?が続出しているようだ・・・毎年のこととは言え見逃されない・・・!!国外では非情・独裁国の北朝鮮・ちび(ぶとり)ロケットマンが沈黙の状態に入っているようだ・・・旧ソ連製購入弾道弾ミサイルロケットの技術開発も過渡期に達して来たか、金が無ければ精密弾道弾ミサイルロケットの目標着弾精度向上は難しい・・・・ただ飛ばすだけであれば北朝鮮ミサイル開発の高度で優秀な技術陣は出来るでしょうが??それ以上はかなりの開発時間を要するでしょう・・・勿論ちびロケットマンの厳命ですから、こうしている間でも必死の決意で臨んでいるでしょう・・・さて、働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、小生の住む街の「在日米軍三沢航空基地ジョイントベース航空自衛隊三沢基地」の米空軍ウイーゼル・デン、米海軍ガルーダ・フロックもいつも通りでここ数日間は静かなもんですね、そういえば我らが「302・ホワイトテール・イーグル」ファイターも遠征して来ているようだがこれも静かな感じ・・・さて恒例の働く?軍事絵を見て観ましょうか、アメリカ空軍・太平洋空軍・第5空軍・第35戦闘航空団・第35作戦群・第13戦闘飛行隊(Panthers)所属のF-16CM(Block-50P)92-3913ファイテイング・ファルコン戦闘爆撃機である。
このワイルド・ウィーゼルズ飛行隊コマンダー機には、パイロットの爆撃練度の凄さと正確さをを讃えるように以前「キラーマーキング」が結構な数がペイントされていたなぁーとジジイの独り言。
三沢のウィーゼル飛行部隊は知られていないが湾岸戦、イラク戦、シリア戦に空爆遠征の実績あり
  


Posted by tsuzuki  at 14:29Comments(0)

2017年10月04日

海兵隊用の分隊支援小火器の歩兵用自動小銃も馴染みが深くなってきましたね・・・・

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今日も一日、降ったりやんだりの繰り返しだけど時折の雨上がりに出没する「レインボー」すごく綺麗でしたね。珍しくダブルリングを描いて・・・ダブルリングレインボー久し振りに観ました。では内外のニュース、わと覗いてみましたが今時分まで特に話題がありませんのでさらりと恒例の働く?軍事絵と併せてふたコマ紹介したいです。アメリカ海兵隊で多く小銃火器運用されているM27 IAR(Infantry Autmatic Rifle) アメリカ海兵隊・分隊支援火器(歩兵用自動小銃)での射撃訓練でのひとコマです、ダブル・リング・レインボーのひとコマと見比べながらジジイのだんまり言。
海兵隊用の分隊支援小火器の歩兵用自動小銃も馴染みが深くなってきましたね・・・・



  


Posted by tsuzuki  at 17:03Comments(0)

2017年10月03日

ハゥツァー野砲は砲員数5名チームで最大飛翔能力砲弾で約40キロを飛ばす

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、イヤー、今日の天気にはマイッタ。ザァーザァー雨が降って来たと思ったら、急にどんより雲空になったり、ジトジトぐずり空になったり、またシトシト雨が降って来たりで・・・・今は雨上がり状態。だれて腹もたたねぇーや。では内外のニュースをチト覗いて観ましょうか、国内動静では代議士選挙の話題だらけで様々な党の勝手な言い分、主張でごった返しの感じ・・・・選挙戦イコール戦虚選かな?何を基準に誰に、何処に投票するかターニングポイントを探すのにひと苦労するなぁー・・・国外ではアメリカのバクチの街で恐ろしや無差別大量殺人事件!!狂ってる人間も居るものだ、許されるべきことではない悲惨なことが起きた。麻原サリンの地下鉄事件を思い出した。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマを見て観ましょうか、黙々とオペレーション・ミッションに励むアメリカ陸軍・アメリカ陸軍・大平洋陸軍・第25歩兵師団・第1(ストライカー)旅団戦闘団・第8野戦砲兵連隊・第2大隊・B(Bravo)中隊の砲員戦闘員によるM777・ 155mm超軽量野戦(牽引式)榴弾砲榴弾砲による射撃手順、実弾発砲訓練の手際かなぁーとジジイの独り言。
ハゥツァー野砲は砲員数5名チームで最大飛翔能力砲弾で約40キロを飛ばす

  


Posted by tsuzuki  at 18:01Comments(0)