2016年01月26日

1st Battalion 187th Infantry Regiment 3rd BCT



三沢アメリカ村スカイプラザミサワ広場上空、御多分にもれずのそりと暗闇が迫ってきた。ところで殺戮集団・超過激派イスラム国の動向がさっぱり伝わってこない、が有志連合による空爆は壊滅的な相当な成果を上げている。そんな中でも一般人は大多数の人間が巻き込まれる。落ち目の集団こそ人間を防ぎょの盾に使う。話は変わって、ロシア・ハバロフスク(極東軍管区)第11航空・防空軍・第23戦闘機航空連隊にロシア最新鋭の戦闘爆撃機Su-35S制空・多用途双発重戦闘機配備して来ているがさらに追加配備を進めている。これは極東日本のF-15J要撃戦闘機に対する一つの対抗と威圧でもある。今の時代は戦闘機同士の近接ドッグファイトは考えられないがロシア戦闘航空機の基本指針(設計思想)はあらゆる用途に即座に対応できるように造られてる。今日も面白い物を。アメリカ陸軍・第82空挺師団(エアーボーン)・第3戦闘団旅団・第187歩兵連隊(ラッカサン)・第1大隊強襲戦闘員のM4カービン連射射撃進攻。パッチ類の添付状況を観察して。特に公式ヘルメットパッチは日本でも持ってる人少ないね。多分5人以下。




  


Posted by tsuzuki  at 18:05Comments(0)