2018年02月20日

ロシア製造の戦闘機は鳥に例えたら「白鳥(スワン)」飛翔のごとくの流麗なスタイルに観えるなぁー

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、気温が低い日が続いていますね、インフルがどうのこうの言われている中で、マスクだらけの集団に合うと「良く風邪をひかないもんだ」と自分自身に感心している。では内外のニュースを観て見ましょうか、今朝ほどウチントコのF-16CM-ワイルド・ウィーゼル(野イタチ)機が離陸後すぐに、エンジン噴出口から火炎噴出アラートで両翼搭載の2基(ドラム缶14本分)の燃料増槽(ドロップ・タンク)を基地にほぼ隣接の小川原湖・湖水面に非常投棄し、帰投着陸とのことと。なんで火を噴いたのか??離陸時のアフターバーナー出力アップに伴う噴射機能の異常なのか??最初には油圧系統の機械機能不具合に伴うアラートか?もしかしたら、現用単機特有のメンテナンス・ヒューマンエラーの可能性が大きいかも?いずれにしても、今後の事故調査や補償問題の進展経過を見守りたい。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、撮影技量の特筆した、やぁー美しいロシア製造の戦闘機の空中展開絵があったので紹介したい、マレーシア空軍(Royal Malaysian Air Force 「RMAF」)に配備されているSu-30MKM <TUYDM M52-12>航空優位性マルチロール戦闘爆撃機である。ロシアが誇る海外向けの戦闘機だなぁーとジジイの独り言。
ロシア製造の戦闘機は鳥に例えたら「白鳥(スワン)」飛翔のごとくの流麗なスタイルに観えるなぁー


  


Posted by tsuzuki  at 18:07Comments(0)

2018年02月19日

重機関銃の多弾発射後の丁寧な清掃調整は怠れない命中精度維持には必須な緻密な点検作業

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、夕やみとなった今時分のスカプラ各ポイント気温をデジ計測器で測ったら、スカプラ店内23。2℃、店外地上空間マイナス13.1℃、天を仰いで上空「計測不能」ときた・・・ビックラ!!こいた。と言う事は「今年」に入って、三沢、この地域の一番の寒さなんだと・・・。では内外のニュースをチト見て観ようか、国内は、「人殺し事件」だけ、なんか最近、「殺人事件」の発生話題になれてきたような自分を見つめ直したら「恐ろしい」なぁーと言う感情が湧いてきた。耳なれは自己の感情を無頓着させるようだ、さして何とも思わせない気持ちで日々過ごさせるのか・・・・さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、ネイビー・バトルシップのヘビーマシンガン・ガンナーの装備スタイルはなかなかお目に掛かれないので紹介したい、アメリカ海軍・第6艦隊の護衛・攻撃のチーム艦船の一隻である「誘導ミサイル駆逐艦USSカーニー(DH64)」の艦上で艦装備「12.7ミリ50口径・M2重機関銃」の射撃練成訓練に励むネービー・ガンナーである。50口径重機銃の扱いは教導基本どうり行わないととんでもない目に・・・とジジイのひとり言。
重機関銃の多弾発射後の丁寧な清掃調整は怠れない命中精度維持には必須な緻密な点検作業
左腕の「パッチ」が珍しい。

  


Posted by tsuzuki  at 18:41Comments(0)

2018年02月17日

国務省召命のもと完全武装の出で立ちで草原を静かに進む不気味とも言える陸軍・特殊部隊戦闘員

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今日は幾分天気は良いものの、寒い一日だ。まぁー降雪が無いだけましか!「スカプラ」も冬季五輪の羽生選手の活躍、応援視聴のせいかお客さんもいつもより幾分少ない感じですね、土曜日だと言うのに・・・・。では内外のニュースをチト見て観ようかな、北朝鮮軍事戦略問題に関して、国際政治学者が、南北朝鮮半島有事に関連して、日本や韓国に潜入したテロリスト・工作員『スリーパー・セル』(潜伏暗殺、破壊工作員?)を紹介し、様々な立場の様々な意見が噴出してきている。実際度量でどれほど脅威なのか別として、北朝鮮が情報、諜報活動で「朝鮮人民軍・偵察総局」、「朝鮮人民軍・保衛司令部」から、これまでに日本に送り込んでいる諜報活動から破壊?工作準備活動のための潜伏(浸透)の潜入工作員「スリーパー」の数は、約100名以上?と言われている。この「スリーパー」たちは巧みに日本人に紛れて主に在日米軍基地の所在する都市・地域でありとあらゆる軍に関係した情報取得に当っていると言うし、観光と称して特定部所を観測して歩くと言う。住居地は別として、観測先では一か所に長期期間留まることなく、複数人員で交替で当たり行動は単独?で行うと言われてる・・・・。特に「在日米軍基地」を抱える都市は、観測上の重点要所となっているとのこと。ただし日本の「公安警察官」も調査、捜査等の緻密情報収集の能力では高度の敏腕性を抱いているのは事実である。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、不気味な特殊(作戦)戦闘員を紹介したい、アメリカ陸軍・第1特殊部隊軍団・第3<空挺強襲>特殊部隊群・(第75レンジャー連隊・?大隊)である。この陸軍・特殊部隊戦闘員(兵士)は、国務省召命のもと、小規模チームで展開し、独立して運営し、厳しい環境下でどんな状況が発生しても任務を遂行することで有名ですねぇーとジジイのひとり言。
国務省召命のもと完全武装の出で立ちで草原を静かに進む不気味とも言える陸軍・特殊部隊戦闘員

  


Posted by tsuzuki  at 18:37Comments(0)

2018年02月16日

この個人運用可能な携行武器カールグスタフ数種を日本では陸上自衛隊(普通科部隊)でも採用

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今日はまだまだ気温が低いものの、意外に日当たりも良くポカポカ天気だった。まぁー夕方以降は極端に寒くなるでしょうが・・・・では内外のニュースをチト見て観ましょうか、平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子エース「羽生結弦」スケーターの素晴らしい演技を見て、ひとりでほくそ笑んでいたら、新たな気象情報が入って来た、またまた、関東地方を中心に「南岸沿い低気圧」の影響が強行なのか、19日(月)の夜遅くから20日(火)の昼頃にかけて、かなりの雪や雨が降るとのこと。当然、北日本もそのあおりを被るのかなぁー・・・・ アメリカ軍の北朝鮮に対する軍事動向として、核開発関連施設などを局地限定的に先制攻撃するとメディア報道で言われていた「ブラッディー・ノーズ(鼻血)作戦」に関して、アメリカ議会・上院外交委員会の公聴会で国務次官補代行が存在しないと明確に証言。ただ、思うに核開発関連の現場施設に対する攻撃は後段作戦になるであろうが、一等先制進攻作戦は空爆による朝鮮人民軍「軍事命令指令本部」と各戦術、戦略、特殊作戦軍などの中間軍事命令伝達指導の各要所(機関)ではないのか
???さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、実弾射撃訓練の絵があったので紹介したい、アメリカ陸軍・第2歩兵師団・第2ストライカー旅団戦闘団・第23歩兵連隊・第4大隊所属戦闘員による軽歩兵用携行(対戦車、対装甲車両、マルチロール対応破壊)84ミリ無反動砲(カールグスタフM3)である。歩兵戦闘員の携行する武器は、順次アップデートされてより強力になって来ているなぁーとジジイのひとり言。
この個人運用可能な携行武器カールグスタフ数種を日本では陸上自衛隊(普通科部隊)でも採用
  


Posted by tsuzuki  at 18:37Comments(0)

2018年02月15日

時に、前線後方支援医療集団部隊は陸、海、空、海兵部隊遠征部隊員は集約して事に当たるのか?

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、昨日夕方から降り続いた雨まじり?のジットリした雪も今朝ほどには止みましたが、積雪が重たくて重たくて、ジットリ汗をかきかき除排雪に往生しましたね。お昼です、今時分になると晴れ渡った青空となり、気温は低いもの爽やか感じがしています。では内外のニュースをチト観て見ましょうか、ちょんちゃんオリンピックでの日本の活躍は頼もしい限りです・・・ちょぴり、惜しい面もありましたが誰に運が向くか?勝負ですね、いたし方ない。アメリカでは銃の乱射がまた発生、市街地、局地戦の戦場みたい「悲しい限りです。」何故なのかの前に・・・殺人者の行動に悲運にも巻き込まれた犠牲者に対して哀悼の意を捧げたい。さて、恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、なかなか観られない?非常にめずらしい戦闘前線地の後方アシスト医療部隊の活動です。アメリカ陸軍の打撃任務部隊・第101(強襲)空挺師団・第2(打撃)旅団戦闘団所属の医療(ドクター)アシスタントの医療スタッフチーム・医療テクニシャンによる健診、検診チェックかなぁーとジジの独り言。
後ろの方も含めて、それぞれの戦闘服、職務服のカモ・パターンをよ~くチェックしてね。
時に、前線後方支援医療集団部隊は陸、海、空、海兵部隊遠征部隊員は集約して事に当たるのか?

  


Posted by tsuzuki  at 14:16Comments(0)

2018年02月14日

スプーキーなヴァイパー・ガンファィターズは「コブラゴールド」でタイランドを飛び交う

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今朝もオッソロしなく氷点下気温だったけど、日中は気温が低いものの太陽が出て暖かったが、すぐにドンヨリして来て寒い。では内外のニュースを観て見ましょうか、無双のアメリカが「北朝鮮はもっとも差し迫った脅威」と必死漕いでる??極東朝鮮半島の震撼(グラグラ)問題に小生ごときがほざく訳ではないが、アメリカ軍はもう戦時発動体制の段階に入ってる、後は両院議会の承認を得るだけだ・・・。今のうちに、殲滅、局部消滅の作戦を実行しないと敵対国もどんどんエスカレートし、そのうち、早いうちに戦略、戦術・核(核融合)爆弾攻撃弾道弾ミサイルシステムを高精度に確立するであろう、このことは厳格に統制化されている独裁国、特に類を見ない非情・カリスマ独裁国には危険極まりない。水面下では、アメリカ中央情報局(CIA))、イギリス秘密情報部(M16機関)の諜報活動における情報検索解析は緻密に行われているだろうから・・・・その分析結果も選択肢作戦のいしずえとなっているだろう。さて恒例の働く?軍事絵を見て観ましょうか、最近はアメリカ軍がグローバル的にあちらこちらで遠征演習を行ってる。そんな中のユニット展開プログラムのヒトコマ、アメリカ海兵隊・第1海兵遠征軍・第3海兵航空団・第39海兵航空群・第369海兵軽攻撃ヘリコプター戦隊(ガンファイターズ)所属のAH-1Z バイパー攻撃ヘリコプター機「45SM」である。灰色がかったボディカラーは不気味でどう猛な毒蛇を連想させるなぁーとジジイのひとり言。
スプーキーなヴァイパー・ガンファィターズは「コブラゴールド」でタイランドを飛び交う


  


Posted by tsuzuki  at 16:34Comments(0)

2018年02月12日

アメリカ空軍の各保安部飛行隊戦闘員の防弾ベスト装備類がブラックカラーに順次転換支給されてる

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今時分の外の気温を計測器で測ったら、地上空間マイナス8.4度、上空マイナス30.0度を指していた。誤差があるとしてもどうりで寒いはずである。では内外のニュースをチト見て観ようか、中国・中国人民解放軍・空軍に開発中の第五代戦闘機と言われている最新鋭ステルス戦闘爆撃機「J(ピンイン)20」ファイヤーファング(Fire Fang)が、実戦配備された。その戦闘機動能力は、アメリカ空軍が世界に誇る超高精度・先進戦術ステルス機である「F-22Aラプター・ステルス多用途戦術戦闘機」とは、格が違いすぎると思うので比較は別として、日本の航空自衛隊でも配備を進めている「F-35AライトニングIIステルス多用途戦闘機」との比較を相互空戦訓練は不可能であろうことから、中国軍による領空侵犯事件などの飛行機動展開?実務運動性観点から情報収集分析を手始めに行う事も必要であろう。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、奇妙な兜?を着けた戦闘員を見たので紹介したい、アメリカ空軍・太平洋空軍・第673空軍基地団・第673作戦支援群・第673保安部飛行隊所属の防衛戦闘員によるアクティブシューティングトレーニングでの行動展開であろうが、この装着ヘッド・スタイルなんに観えます?
耐熱防火用ですかね?女性も交じっていますかなぁーとジジの独り言。
アメリカ空軍の各保安部飛行隊戦闘員の防弾ベスト装備類がブラックカラーに順次転換支給されてる









  


Posted by tsuzuki  at 17:53Comments(0)

2018年02月11日

「CIA潜入撹乱エージェント」はさしずめ現代版「忍の者」で有名だった「名張ノ四貫目」か?

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、気温はさほど下がっていないのに今朝っぱらから、どんよりと曇り空で更けてもいないのに雪がシンシンと降り出してきた。では内外のニュースをチト観て見ましょうか、中東情勢も目が離されないが、今度はイスラエル空軍が、シリア領のイラン軍事施設を空爆して戦闘爆撃機1機をシリア側の反撃を受け撃墜されたらしい。従がって、イスラエル軍とシリア軍との軍事緊張が高まり戦闘戦拡大になるだろう。そうでなくても、シリア国内ではアメリカ軍、ロシア軍、トルコ軍が実動軍事作戦を展開しているのに・・・・。こうなって来ると軍事緊張の膨張だけに収まらず、新たな戦時下拡張が当然懸念される。また、アメリカが今後の核戦略構想(軍事指針)を改たに打ち出した。それは大型大陸間(長距離、中距離)弾道弾類の開発を凍結??して、小型化(局地化限定)核ミサイルの増産体制を執ると言う事。現況ではロシア軍が保有する局地戦限定(小型)核ミサイルが核保有他国を大幅に引き離し実に約1800発?を配備している。ドランプ現大統領さん、戦略核、戦術核、局地(小型)核だろうが、核ミサイルによる殲滅区域は範囲が限定されるとしても超有害放射能「電離放射線」の影響には、さほど差異は無いでしょう・・・。さて恒例の働く?軍事絵を見て観ましょうか、アメリカ第33代大統領ハリー・S・トルーマンの肝いりで創設された諜報活動、情報機関「中央情報局(CIA)」は、今ではその組織局員(エージェント)も地球規模のあらゆる隠密偵察、軍事潜伏、軍事先鋒進攻活動を行ってる。この絵は、潜入潜伏のCIA特殊作戦エージェントと陸軍・特殊戦術戦偵察戦闘員か??黒シャツ右腕のドクロマークは戦闘部隊マークでは無いなぁーとジジイのひとり言。
「CIA潜入撹乱エージェント」はさしずめ現代版「忍の者」で有名だった「名張ノ四貫目」か?

  


Posted by tsuzuki  at 11:48Comments(0)

2018年02月10日

巨大空母「USSトルーマン」で発艦ゴーサイン体験をして見たいなぁーと思ってる空母マニアです

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今日は一日が良かった。なんか2~3日あとから、また、「ロシケ」からの寒気団が襲来して、極端に気温が下がり大雪になる模様だ。世界のフランス、アメリカ、カナダ、ロシアなども例年になく極端な寒気が襲来して大変なようですね。今年は特定的に世界的な異常気象の状態らしい?では内外のニュースをチト観て見ましょうか、非情独裁国「北朝鮮」のジョンウンが南にすすり寄って何とか敵対国アメリカの思惑から行動緩和と回避を狙っているのか、アメリカはそうは甘くない・・・湾岸イラク進攻、アフガン掃討進攻、シリア改政突如進攻等、根底にはアメリカに刃向かう国、テロ等集団に対して寛容でない・・・いずれやる。そして日本も巻き込まれる・・・その時は正義の自由主義国の一員としてやるだろう。小生が生存しているこの時代内に・・・・・。今、入ったニュースだが、韓国の現大統領、日本の安倍元首に対して、「米韓合同軍事演習を延期すべきではない」との意見に対し、「わが国の主権の問題であり、内政に関する問題だと不快感を示した」、この大統領、いつも何を考えているのか解らない朝鮮民族「韓国人」・・・日本はいつも「てい」のいいように振り回されている・・・。さあて、恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、アメリカ海軍のハリー・S・トルーマン・キャリアストライク・グループのグローバル機動展開の主軸となる世界一の最強・超巨大原子力航空母艦「USSハリー S.トルーマン(CVN 75)」艦船上で、それぞれ2機のFA-18E「ライノ」、第136戦闘攻撃飛行戦隊(ナイトクルーズ)の戦闘攻撃機部隊の作戦発艦指示を行なうフライトデッキオペレーターのきりり!としてかっこいい!さばき!現場で一度味わいたいなぁーとジジイのひとり言。
巨大空母「USSトルーマン」で発艦ゴーサイン体験をして見たいなぁーと思ってる空母マニアです

  


Posted by tsuzuki  at 18:57Comments(0)

2018年02月09日

伝説の怪雷鳥・合衆国空軍「サンダーバーズ」よ訪日は20年の「東京オリンピック」がターゲット

アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、きれいに晴れ渡って、ほんのり暖かいし言う事無いくらい気持ちが良い日です。では内外のニュースを観て見ましょうか、安倍政権は、名護市長選で自公推薦の渡具知武豊氏が当選(小泉進次郎氏の応援が絶大なる当選効果を生み出した。)したことから、移設計画を進めている沖縄県宜野湾市の「アメリカ海兵隊普天間飛行場」に関わる名護市への「在日米軍再編交付金」の2ヶ年分計約30億円の支給をするとのこと。移設反対派の稲嶺進氏(落選)が市長時代の8年間はキャンセルされていた。選挙政治がらみの予算執行は、強大な権力を持つ、何十億の政府交付金をカットするから・・・・・まぁー、良く調べると、この「交付金」科目以外にも、億を超える金額の「調整交付金」、「特別交付金」、「民生安定補助金」などなど・・・・ところで非情・独裁国「北朝鮮」の軍事パレードにおいて、この前発表した、新型と言ってるICBM級大陸間弾道弾ミサイルロケット「火星(ファソン)15号」<KN-22>を4基お披露目したらしい。この火星15号は、飛翔射程が1万5千キロで、世界では唯一、北朝鮮しか持たない9軸18輪可動の移動式発射機台車に乗せられ、臨戦迅速移動が出来る。また、このほかにも「新型短距離(攻撃、迎撃)ミサイル」(旧ソ連製の「イスカンダル」を模倣か?)や火星12号、同14号もパレード参加したらしい・・・・ 精巧な「張りぼて」なのかどうかはよほど近くで機体中まで観察しないと解らないなぁー。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、この絵は、わざわざ説明をくわえなくてもいいかな?言わずと知れた!世界のトップ戦技飛行チームの一つアメリカ空軍の「サンダーバーズ」(合衆国空軍・航空戦技飛行中隊)である。鋭く華麗で流麗なフォーメーション背面上昇を見せる姿は航空マニアの憧れ、あれ、まだ、今年の曲技機動練習に入ったばかりで編隊機番がプリントされていないような気がするなぁーとジジイのひとり言。
伝説の怪雷鳥・合衆国空軍「サンダーバーズ」よ訪日は20年の「東京オリンピック」がターゲット




  


Posted by tsuzuki  at 17:17Comments(0)