2018年04月18日

なるほど、ネービーシールズ侵攻遂行上の縁の下のチカラ持ち部隊である「CRS- 4」

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今朝ほどはたいそうと、「ご機嫌な天気」であったが、夕方の今時分になったら、突然しぶしぶと雨が降って来た・・・この気まぐれ天気!そうだ、天気は気まぐれか?では内外のニュースをチト見て観ましょうか、国内の話題と云ったら、相変わらず国政動静も含めて「セクハラ」「セクハラ」(パワハラもあるなぁー)
・・・・異常なくらい、いや異常だな。何でもかんでも「セクハラ」・・・報道も面白いくらい各社「セクハラ」話題にのめり込むし、おそらく視聴者もとんと暇な方々が多いだろうから・・・精神的な病?にかかったようにのめり込まれてゆく・・・・時代だなぁー?!下らん!下らん!さもしい!でケリをつけたい。まぁー、いろいろな理解や解釈があるだろう・・・止めとく。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、アメリカ海軍の第1沿岸河川岸(防備)群・第4沿岸河川岸(防備)戦隊“Coastal Riverine Squadron (CRS) 4”・対抗攻撃戦闘員によるアメリカ海軍・新型挺「MkⅥ 高速パトロール挺」船甲板上で50口径(12.7ミリ)高破壊威力を持つ「M2(マシンガン)重機関銃」射撃訓練で武器資格取得中のチェックか?時として、彼らは有名なアメリカ海軍の特殊作戦強襲中隊「ネービーシールズ」の信頼できるバックアップ支援中隊としても活躍してるんだなぁーとジジイのひとり言。
なるほど、ネービーシールズ侵攻遂行上の縁の下のチカラ持ち部隊である「CRS- 4」






Posted by tsuzuki  at 18:04 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。