2018年02月16日

この個人運用可能な携行武器カールグスタフ数種を日本では陸上自衛隊(普通科部隊)でも採用

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今日はまだまだ気温が低いものの、意外に日当たりも良くポカポカ天気だった。まぁー夕方以降は極端に寒くなるでしょうが・・・・では内外のニュースをチト見て観ましょうか、平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子エース「羽生結弦」スケーターの素晴らしい演技を見て、ひとりでほくそ笑んでいたら、新たな気象情報が入って来た、またまた、関東地方を中心に「南岸沿い低気圧」の影響が強行なのか、19日(月)の夜遅くから20日(火)の昼頃にかけて、かなりの雪や雨が降るとのこと。当然、北日本もそのあおりを被るのかなぁー・・・・ アメリカ軍の北朝鮮に対する軍事動向として、核開発関連施設などを局地限定的に先制攻撃するとメディア報道で言われていた「ブラッディー・ノーズ(鼻血)作戦」に関して、アメリカ議会・上院外交委員会の公聴会で国務次官補代行が存在しないと明確に証言。ただ、思うに核開発関連の現場施設に対する攻撃は後段作戦になるであろうが、一等先制進攻作戦は空爆による朝鮮人民軍「軍事命令指令本部」と各戦術、戦略、特殊作戦軍などの中間軍事命令伝達指導の各要所(機関)ではないのか
???さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、実弾射撃訓練の絵があったので紹介したい、アメリカ陸軍・第2歩兵師団・第2ストライカー旅団戦闘団・第23歩兵連隊・第4大隊所属戦闘員による軽歩兵用携行(対戦車、対装甲車両、マルチロール対応破壊)84ミリ無反動砲(カールグスタフM3)である。歩兵戦闘員の携行する武器は、順次アップデートされてより強力になって来ているなぁーとジジイのひとり言。
この個人運用可能な携行武器カールグスタフ数種を日本では陸上自衛隊(普通科部隊)でも採用






Posted by tsuzuki  at 18:37 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。