スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2017年03月04日

タキシーウェーのオーサン・バイパー機の向こうには対戦車戦タンク・キラーのウォーフォッグが

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズな店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、昨日と打って変わって今日は寒い、時折、小さな綿雪が舞い降りてくる、もう春でしょ!!では内外のニュースを観て見よう、昨日は石原慎太郎元東京都知事の豊洲移転問題での釈明弁解記者会見、いい加減にしろ!!大都市の公務行政の親分でしょ、いまさら誰のせいにする!あんたが公務行政の長でしょう、知らんぷりもいい加減にしろ。公務自治体が重要施策案件を決めるのに筆頭の知事が詳しく知らななんてことは自治体では有り得ない、決めるのはあんたでしょ!!舐めるな自治体を。国会では野党特に共産党が安倍首相の奥さんを公人、私人の立場問題の追求をしているらしい、共産党お得意のお家芸ですね・・・・もっと違う政策論をぶつけて国会を盛り立てないさいよ。さて、恒例の働く?軍事絵をひとコマ紹介する、お隣り北朝鮮に威光を放している韓国駐留のアメリカ空軍・太平洋空軍・第7航空軍・第51戦闘航空団・第51作戦群・第36戦闘飛行隊(トォージョー)所属機であるF-16CG-Block-40G(89-2139)ファイティング・ファルコン戦闘爆撃機(139/OS)である。この夜間作戦能力向上型で自動地形追従機能装備のF-16CGバイパー機は北朝鮮との38度線(軍事休戦ライン)を境に対峙して常に北朝鮮・戦闘機、爆撃機、特殊作戦強襲侵入ヘリ(無差別殺傷自刃部隊)の軍事動静に目を光らせているだろうなぁーと考えながらヂヂイの独り言。
タキシーウェーのオーサン・バイパー機の向こうには対戦車戦タンク・キラーのウォーフォッグが

  


Posted by tsuzuki  at 12:10Comments(0)