2018年07月04日

B-1Bボーンの不気味な存在はアメリカの腹の底にある「スーパーマン」マックスパワーに同じか?

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、
本日、曇天模様に悪いことにしぐれ雨が落ちているし、湿度は高く最悪だね。と言ってるまもなく気温が下がり、本格的な雨降りとなった。じゃー!そう言えば今日はアメリカ合衆国の「独立記念日」だ!!大花火大会だ!8時ごろからかな?ではチト内外のニュースを観て見ようか、アメリカTheドランプ現大統領の「シンクタンク」一派の国務長官をはじめ各要人たちが焦ってきたような感じ・・・?北朝鮮との非核化取組みに関わる交渉対談の場設定に、だらりだらりの対応と肝心な話になるとなしのつぶて態度にも似たお相手を見せる北朝鮮に・・・・サァーこれからどうするTheドランプ現大統領!!いつ怒るのかなぁー・・観もの!それではさて、恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、常に、非情・独裁国「ジョンウン北朝鮮」の急所である喉元に狙い定めている、その姿から彷彿させる忍び寄る「黒い大鷲」グローバル戦略機の絵を紹介したい、アメリカ空軍・地球規模打撃軍団・第11空軍・第7爆撃航空団・第7作戦群「テールコード:DY」・第28爆撃飛行隊所属のB-1B (MSN 83) 86-0123 ランサー(別名:"B-One"「ボーン」超音速(超低高度侵攻)戦略重爆撃機である。物騒な話であるが、これが本当の出撃をすることになれば「根こそぎ破壊」いわゆる皆殺しであるなぁーとジジイの独り言。「では、ご機嫌よう」
B-1Bボーンの不気味な存在はアメリカの腹の底にある「スーパーマン」マックスパワーに同じか?





Posted by tsuzuki  at 17:00 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。