2018年06月29日

後ろ姿も鋭い、F-16CM Multirole( Air Superiority Fighter)

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、
朝から降っては止み、降っては止みの繰り返し・・・・完全うっとうしいなぁー。これはしばらく続くらしい・・。ではチト内外のニュースを観て見ようか、国内の話題は、うっとうしいニュースばかりだから、しばらく長時間休養とする。それではさて、恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、後ろ撮りのスタイルからの絵を紹介したい、ご存知、日本各基地の航空祭で知名度が高くなった「在日米軍三沢航空基地ジョイント航空自衛隊三沢基地」に配備されている太平洋空軍F—16Cデモンストレーター乗機である。アメリカ空軍・太平洋空軍・第5空軍・第35戦闘航空団・第35作戦群(ワイルド・ウィーゼル部隊「WW」)・第14戦闘飛行隊所属のF-16CM (CC-24) Block-50B 90-0824 ファイティング・ファルコン「戦闘攻撃・多用途」戦闘機である。この絵の機体には戦技実証者の「PACAF F—16 Demo」曲技(試技)機動飛行パイロットのジェイク“プリモ”大尉が搭乗しているのだろうなぁーとジジイの独り言。「では、ご機嫌よう」
後ろ姿も鋭い、F-16CM Multirole( Air Superiority Fighter)






Posted by tsuzuki  at 18:16 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。