2018年06月28日

保安庁が手を焼く海洋警備、海上自衛隊出動艦船の出動要件を現実に即した対抗解析を急ぐべき

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、打って変って、今日は非常に気候が安定している。煙草の一服も「美味い!」、熊も何処かへ行った。チト、サッカー番組は煩わしいが?・・・。現在のところ三沢の戦闘機は一機もフライト無いような状態・・・なんかあったのか??ではチト内外のニュースを観て見ようか、国政を見渡せば、ここにも嘘つき者がまた一人居た!!細野豪志元環境相(野党)が当時、証券会社から5000万円を借り入れて隠匿、これはダメでしょう!のちに訂正(修正)、それないでしょう!弁明、釈明の内容いかんを問わず議員(国政議員)失格でしょう!!記載漏れ、うっかりミス、気が付かなかったとは言わせん!!そんなこと素人でもわかる!辞めーいや!もう一つは、いやな、ニュースだなぁー。なんも落ち度もなく治安維持にあたってる中、ケダモノ殺人者に不意を襲われた警官、いきなり人殺しと対面した工事交通整理の方、とてもじゃないけど、言葉で表現のしようが無い、何をどう言ようが殺された人の無念には届かないし、伝わらない。法治国家のしがらみの中と云えども許されるならば、この人間の皮を被った極悪、極非道殺人者を・・・・。それではさて、恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、こいつが日本列島の周りを目障りにも出たり、入ったりでウロウロしているなぁー、中国人民解放海軍・東海艦隊所属の艦番号「548」(ミサイル)フリゲート艦(愛称:益陽)・ジャンカイⅡ級054A型4500トン
である。人の敷地周辺内外をうろちょろするな、何の威嚇じゃ、物議をかもし出すのか?眼障りだ!!東シナ海に向かうだろうが・・・中国も極度に大平洋への往来に制約されているなぁーとジジイの独り言。「では、ご機嫌よう」
保安庁が手を焼く海洋警備、海上自衛隊出動艦船の出動要件を現実に即した対抗解析を急ぐべき








Posted by tsuzuki  at 12:30 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。