2018年06月09日

陸軍州兵のディフェンス・ウォーリアーの対抗武器も精度の高い戦闘兵器が着々と配備 

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、
本日はまたまた残念ながらどんより雲の中の霧雨・パラパラ雨?模様模様の様相ですネ、天気は。梅雨に入ったのか??ではチト内外のニュースを観て見ようか、海外話題では、またぞろ「爆弾発言」だ!でももうあまり気にしないか?アメリカ現大統領・The ドランプがNATO仲間でもある「G7」会談の場で、「G7」7か国の全員採択で「ロシアの排除を約束した」のに、ここに及んで、突然「G7はロシアを追い出したので、もう一度戻して交渉テーブルにつかせるべき」という・・・・。やっぱ、変なやつである・・・一緒のグローバル・タッグ仲間をどういう風に受け止めているのか??マァー、普通じゃァ無いなぁー・・・。と思いながら、実は、中東産油国「イラン」のアラブ人?特有(なのか?)の不穏で不気味な動静もヤッパリ気になるぜよ。それではさて、恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、これが武器の迫力ですねと言う絵があったので紹介したい、アメリカ陸軍・モンタナ州陸軍州兵軍団の国防戦闘員による敵対・局地戦想定?における軽携行火器のM136E1限定空間軽装甲防ぎょ武器システムと連動するAT4-CS・80ミリ歩兵携帯対戦車砲による照準発射手順プログラム教導と射撃訓練かなぁーとジジイの独り言。「では、ごきげんよう」
陸軍州兵のディフェンス・ウォーリアーの対抗武器も精度の高い戦闘兵器が着々と配備





Posted by tsuzuki  at 18:10 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。