2018年06月08日

E-2D Advanced Hawkeyeは 空中索敵眼であり、戦術戦闘機の指揮も行う

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、本日は残念ながらどんより模様の天気ですね・・・おぅー、チトヒヤッとしますな。梅雨入り前出しかな?ではチト内外のニュースを観て見ようか、米・朝首脳会談の「核」駆け引き思惑など、なんかどうでもよいような感じになって来たなぁー、またぞろ、このような国家間の交渉の場にいつも引合いに出される「拉致(山賊、海賊みたいな人さらい)」話題であるが、これまでもそうであったように進展挫折に悲観を隠しきれない・・・『是非に、今回の機会に開放、返還がされれば』と願わざるを得ない・・・。中東産油国「イラン」の不穏で不気味な動静も気になるが・・・。それではさて、恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、最新版と言われている空中早期警戒・指揮コントロール機であるアメリカ海軍の航空母艦USS ハリー S. トルーマン(CVN 75)艦載の第6艦隊(空母機動群)・第3空母航空団・第126空母早期警戒飛行隊 "Seahawks" に所属するE-2D (MSN AA-8) 168275 ホークアイ・高規格・全天候型艦隊付戦術空中早期警戒機(AEW)「AB600」である。この航空機は空母の空中索敵眼であり戦闘機の戦術作戦の指揮管制も行う頼もしい奴だなぁーとジジイのひとり言。 「では、ごきげんよう」
E-2D Advanced Hawkeyeは 空中索敵眼であり、戦術戦闘機の指揮も執るか







Posted by tsuzuki  at 16:24 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。