2018年06月02日

小型(軽量)戦闘(爆撃)機で卓越した空戦運動能力を持った機体はF-16Cをおいて無いか

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、取敢えずは、ほんのりぽかぽかで良い天気ですね・・・いよいよ6月3日(日)は待望の「アメリカン・ディ」が開催されます。ではチト内外のニュースを観て見ようか、国内の話題では、加計学園・獣医学部新設で、「安倍首相が加計理事長に面会した内容の愛媛県新文書の記載内容は誤った情報だった」と学園の渡辺事務局長が発表しているが、どうみてもおかしな事務時系列の流れである。挙句は、「3年前のことではっきり覚えていない」ときた。おかしいべ!!新学部創設で盟友の加計理事長が会って無い?などというのは、欺瞞・隠ぺいの何ごとでもないなぁー、その場拭いの言い逃れでしかないなぁー。まぁー、糾弾しなくても、時間の経過と共に時代が経過すれば隠し事も暴かれた行く、余程のことが無い限り、どんな出来事も一緒だが墓場まで(自分の生き様人世を欺き)携えて行くわけにもゆかないだろうから・・・・ 後に暴露されても、その時代には、その世の中では話題にもならない・・・「賢いキツネは利口なタヌキ、悪賢いむじなを仲間に引き入れる」それではさて、恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、これぞ戦闘機という鋭く精悍な絵がありましたので、是非に紹介したい、アメリカ空軍・航空戦闘軍団・第9空軍・第20戦闘航空団・第20作戦群・第79戦闘飛行隊 (Tigers)所属機のF-16C (CC-192)
Block-50 94-0040 ファイテングファルコン 多用途戦術戦闘(爆撃)機である。空戦小技の絶妙さと軽妙な万能性では、類稀を観ない小型戦闘機であるなぁーとジジイのひとり言。 「では、ごきげんよう」
小型(軽量)戦闘(爆撃)機で卓越した空戦運動能力を持った機体はF-16Cをおいて無いか





Posted by tsuzuki  at 16:35 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。