2018年05月23日

敵防空網デストロイヤーは始まれば、超低高度深々侵攻するワイルドウィーゼルF-16CM「戦鷹」

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、
また、ヒャットした天候が迫って来たねぁー、三沢基地に演習のため集結して来ていた多数の戦闘機部隊も今朝ほど分散帰京して行ったかな?ところで、アメリカ空軍が朝鮮半島の空域及び海域の「気象分析予報、情報」に異常な興味をもってご執心らしい・・・?『ユギオ』日程辺りに「おっぱじめるのか?」では、チト内外のニュースを観て見ようか、内国動静では、「アベノミクス」も終わりだな。前にも言ったように公務行政職の職員は、官僚は基より、たとえ一般住民相手でも交渉、相談、協議し指摘、指示、助言あった口頭内容に関しては、一般の会社などと違って「必ず」文書化して複数の部署で保管しているものである。まず、一般の会社、団体等で有り得ない保管手法であろう。常に?官僚にうまいように動かされている大臣、代議士等諸氏・・・国政存立?、隆盛を宿坊して日夜励んでいるだろうが「日本男子よ!」「いさぎよくなれ!」「是正しろよ!」・・・マァー、分が悪くなってくるとシノゴノ抜かすのは、いつも組織で上位に君臨するやからだけどな。そして、そのうち忘れ去れる。さて、恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、防空網破壊のデストロイヤーである三沢基地駐留配備の「ワイルド・ウィーゼル」部隊のアメリカ空軍・太平洋空軍・第5空軍・第35戦闘航空団(WW「ワイルド・ウィーゼル」)・第35作戦群・第14戦闘飛行隊所属機のF-16CM (MSN CC-20) Block-50B 90-0820全天候型・航空制圧多用途戦闘(爆撃)機である。このところ、三沢の米空軍戦闘機部隊の訓練密度は高水準化を維持しているだろうなぁーとジジイのひとり言。 「では、ごきげんよう」
敵防空網デストロイヤーは始まれば、超低高度深々侵攻するワイルドウィーゼルF-16CM「戦鷹」







Posted by tsuzuki  at 11:37 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。