2018年04月17日

戦闘機の発射では、空母艦上クルーのオフィサー、シューターのテキパキしたハンドサインが華麗だ

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、
今日も上空はスッキリ快晴なり。もちろん、スカッと気持ちが良いもんですよ!ではチト内外のニュースを観て見ましょうか、海外動静を観ると、他国の政治がらみ動静にシノゴノ茶々を入れる筋合いが無いが、誰も止められない??ロシア・プーチン政権下の選挙投票での堂々としたイカサマ投票、また、数々のジャーナリスト、反政府要人の不審死亡説などが情報で入って来ると、今回のジャーナリスト不審死のことも疑うなぁー、あまり知られていないが、現在のロシアでも旧ソ連時代の反逆思想等粛清機関のかの有名な「KGB」機関員のリタイヤ―組残党?の息のかかった「特殊・特別捜査官?」なる者が存在しているとのこと。ただ、ロシア人はこの件や、いかさま選挙については、そんなもんですと口をつぐむ・・・・大方の独裁国はそうだが、ここも特殊なお国柄ですね!さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、アメリカの国際水域での海洋警備業務支援する継続的なローテーションの一環として展開する アメリカ海軍の「空母任務機動部隊」の原子力超大型空母「USSハリー S.トルーマン(CVN 75)」艦上における射出離艦訓練を行う第1空母航空団・第81戦闘攻撃飛行隊(VFA81) "Sunliners" 所属の F/A-18E (MSN E155) 166836 スーパーホーネット艦隊空母付多目的戦闘機「AB/406」である。離艦は、グリーンヘルメット着帽、イエロージャケッツ着装した「航空機射出(着艦)指揮士官」と「射出士官」とのタッグ・ハンドサインがパイロットの的確な射出をフォローしているであろうなぁーとジジイのひとり言。
戦闘機の発射では、空母艦上クルーのオフィサー、シューターのテキパキしたハンドサインが華麗だ








Posted by tsuzuki  at 17:17 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。