2018年04月12日

このF-35A、航空自衛隊三沢基地に第1陣に続き第2陣として次に配備される機体だろうなぁー

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、
上空はスッキリ快晴なり。もちろん、スカッと気持ちが良いもんですよ!ではチト内外のニュースを観て見ましょうか、国内動静は、自然災害による悲惨な出来事、人殺し事件、隠ぺい・欺瞞な話題など悲しく、うっとうしく、うんざりな報道ばかりですね・・・・。世界動静を観ると、延々と続く中東地域のシリア内戦(政府軍対反政府軍の戦争)の何でもアリな残虐な争い、これにクルド人民族(クルド防衛軍)、ISダーイッシュ残党が絡み、紛争拡大が増長して来ている。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、「在日米軍三沢航空基地」ジョイントベース「航空自衛隊三沢基地」の改編臨時飛行部隊用の「雷神飛行隊」配備が迅速に進められているF-35A (AX-07) 89-8707「電光2世」全天候・ステルス統合打撃(マルチロール)戦闘機である。この新世代・戦闘機、精密超高度装備の塊り、全方位光学センサー、超長距離探知レーダー、全球体光学視角システム、複数目的物同時瞬間索敵システムなど精密高度センサーパッケージ装備しているマルチロール機ですね。極東巨大隣国のそれぞれの対抗航空軍の脅威となり、スクランブル・フライト対応は勿論、制空ディフェンスの抑止力効果は高強度の牽制力を生み出すであろうなぁーとジジイのひとり言。
このF-35A、航空自衛隊三沢基地に第1陣に続き第2陣として次に配備される機体だろうなぁー








Posted by tsuzuki  at 16:09 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。