2018年03月25日

近接戦ドッグファイトの空の王者と言えるF-15Cイーグルは高熟練度のパイロットが操っている?

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、本日も少し肌寒いが日差しがよく快晴ですね。日曜日は平日と違って、やっぱり買い物客でごった返しです。では内外のニュースをチト見て観ましょうか、中東地域・シリア内戦が劣悪な戦争状態で激しさを増してきている。ここ数日で、隣国のトルコ軍がバックで支援するシリア政府の反体制派が、敵対戦闘集団のクルド系武装集団YPG(「クルド人自由防衛隊」と訳すか?)との戦闘が続いていたがこれを制圧したらしい。区域によって進攻、制圧、退却などの繰り返しが続いているらしいが・・・・この戦闘は、思ったより長引きそうである・・・・悲しい歴史の一ページが綴られ進行している。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、澄み切った青空に華麗な訓練出撃飛行を見せる在日米軍駐留軍戦闘機である。アメリカ空軍・太平洋空軍・第5空軍・第18航空団・第18作戦群「ZZ」・第44戦闘飛行隊 "Vampire Bats" 所属の F-15C -35-MC (MSN0859/C273 ) 83-0013 イーグル全天候型・戦術(要撃)戦闘機である。離陸時の推力超増推進(アフター・バーナー全開)で飛び出して行く姿は、勇壮の一言に尽きるなぁーとジジイのひとり言。
近接戦ドッグファイトの空の王者と言えるF-15Cイーグルは高熟練度のパイロットが操っている?







Posted by tsuzuki  at 14:58 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。