2018年01月29日

見た事無いが「地獄の様相」とも言えるのか?シリア北部地区、南部地区の膨張する民族間紛争は!

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今日は少し寒いですが空はスッキリと晴れ上がっておりますね、上空をF-16CM・ワイルドウィーゼル・“パンチ”?デモンストレーター機が東に西にと華麗に飛び回っている。
では、ちょこっと内外のニュースを覗いて観ましょうか、国外中東地域では悲惨にも戦闘(内紛)が激化の一途を辿っているとのこと。今年に入ってのロシア空軍・戦闘爆撃機?によるシリア・ダマスカス東地区市街地に対しての空爆でビルが破壊されて飛び散るコンクリートの砕けた瓦礫の恐怖・・・・・比較はされないがついこの間の「白根山」の噴火で飛散した噴石みたいだ。反政府軍(クルド武装集団民族戦)やダァーイッシュ(ISIS)生き残り残党に対してと称して、こうした空爆が市街地を標的に繰り返されているとのこと。悲しく恐ろしいことだが、跡形も無く殲滅されるであろうところでも・・・そんなところでも人間(非戦闘一般民)は生き抜いて行くのか?? シリアのクルド武装集団YPG/YPJ(Syrian Kurdish armed group)の戦争は歴史的には古くから継続されていたなぁーとジジイのひとり言。
見た事無いが「地獄の様相」とも言えるのか?シリア北部地区、南部地区の膨張する民族間紛争は!






Posted by tsuzuki  at 15:22 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。