2018年01月16日

リポ・ネーム「フランカーE」のツインエンジンは噴射ノズルが360度動作?ラプター機動と同格か?

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今日はお久しぶりのポカポカ天気ですね・・・明日もそうであることを願って・・・では内外のニュースをチト見て観ましょうか、非情独裁国「北朝鮮」活動を見据えてか、在日海軍佐世保基地(佐世保・艦隊活動司令)にアメリカ海軍の向上改修艦・強襲揚陸艦「USSワスプ (LHD-1)」約4万トンが交替配備された。この新改造艦は、在日海兵隊岩国基地(山口県)に遠征駐留配備されている第12海兵飛行大隊の最新鋭「全天候ステルス統合打撃戦闘機・F-35B(海兵隊仕様)を艦載機として運用するとのこと、強襲揚陸艦「ワスプ」は地上戦先攻突撃戦闘の海兵隊員約1,600人の他、中型兵員・物資輸送機オスプレイ、エアクッション型水陸揚陸艇を搭載しているなぁー、さて恒例の働く?軍事絵を見て観ましょうか、今日はポイントを変えてさりげなく、ロシア宇宙航空軍・航空防空軍の最強型戦闘爆撃機であるSu-35S (RF-93813) フランカーE マルチロール(多用途)高機動制空大型戦闘機である。意外と機体外形の曲線的な流れは華麗で微妙に流麗でロシア機としても人気がある。中東地域への遠征時の絵なのか?隠れ撮りしたような感じがするなぁーとジジイのひとり言。
リポ・ネーム「フランカーE」のツインエンジンは噴射ノズルが360度動作?ラプター機動と同格か?






Posted by tsuzuki  at 16:31 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。