2017年06月24日

榴弾砲・砲兵戦闘員のくすぶった火薬臭がするホコリまみれの装填作業はパワーと素早さが合致

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズされた店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、晴れてますね、いいですね、カラ梅雨も手伝ってか穏やかな気分になってます。そう言えば『在日米軍三沢航空基地ジョイントベース航空自衛隊三沢基地』を配備基地とするアメリカ空軍・F-16CMワイルドウィーゼル戦闘機部隊約50機、アメリカ海軍・EA-18Gスコーピオン電子戦機ローテ部隊約6機、同じくP-8Aトライデント対潜水艦哨戒部隊の数機、航空自衛隊のF-2Aサムライ要撃・対艦船・対地上戦支援戦闘機約25機の他T-4高等練習機など総勢約100機近くが「三沢飛行場メイン滑走路工事」も終わったことから来週あたりから続々と帰ってくるよ。では内外のニュースを見て観ましょうかな、非情独裁国「北朝鮮(朝鮮人民軍)」の(大陸間)弾道弾ミサイルロケットの試射問題で防衛対策を強化している日本の現状ミサイル迎撃ブロック体制である第一撃・海上自衛隊・イージス艦搭載型のSM3迎撃ミサイル(スタンダード)、第2撃・航空自衛隊PAC3地対空誘導弾パトリオットの二段構えをさらに強化するため、日米共同開発で新たなイージス艦搭載型の迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の発射実験をしているが失敗したらしい・・・・、より迎撃精度を高精度化するための開発であろうがそうは簡単にはいかないものである。さて恒例の働く?軍事絵を観て見ようか、アメリカ陸軍・第18空挺軍団・第101空挺(空中強襲)師団・第2旅団戦闘団・第320野戦砲兵連隊・第1大隊・B中隊の砲兵戦闘員による155ミリ・M777超軽量・牽引式野戦榴弾砲(ハウツァー)に特別訓練に付加されている高爆発物砲弾装填・発射訓練模様である。これは重労働の作業であるので若くなければできないなぁーとジジイの独り言。
榴弾砲・砲兵戦闘員のくすぶった火薬臭がするホコリまみれの装填作業はパワーと素早さがガッチャ













Posted by tsuzuki  at 12:36 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。