2017年05月29日

未知数の人民軍空軍の戦闘機装備はロシア空軍の武器思想を踏襲し多種多段武装がマルチの頂点

三沢アメリカ村(東北一アメリカ内された店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、今日は今時分までスッキリ、さわやかな気候でした、こんな日は妙に気分よろしいですね。スカプラも閑散とはしているものの、なんとなく穏やかな流れですね。なんか昨日の運動会が憶測に反して素晴らしく盛会に行われたらしいです、教務諸先生方本当のお疲れ様でした。では内外のニュースを見て観ましょう、非情国・独裁国家「北朝鮮」が早朝にまた弾道ミサイル(SALBM改良型)の試射をしたらしい?日本も「厳重な抗議」を送ったとのこと。こんなことで動じる某国では無いとは思うが・・・・ご承知の通り、あの国は「いつも意に関せずの態度で無視される」日本政府はこの次またやったらどういう表現で国民の理解を得るのか・・・「厳重」の次は「何の言葉表現」を充てるのか?北朝鮮が保有する旧ソ連製の「スカッド」「ノドン」タイプの中距離弾道ロケットはハッキリ言ってかなり金属自然摩耗老朽化が来ているであろう・・・それを順次点検、改修、改造して飛翔体としての運用である以上、この際には時宜もあいまったことからミサイルロケットの現在までの劣化状況等の確認も必要であり、やたら急いで改造精度、密度を対外的威嚇アピールの意味合いを強めて行っているように見えてしようがない?相当老朽化したミサイルロケット(旧ソ連製)は北朝鮮での精度維持、管理技術じゃ難しいのでは?さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ観て見よう、あまり見慣れてなく珍しいとこで中国・人民解放軍・空軍の主力戦闘機の一つである第1戦闘機師団・第2航空連隊?かな、(殲撃十型)J-10A戦闘攻撃機(英語では「ファイアーバード」)である、華麗で綺麗な絵が在ったので何となく眺めている。中国の戦闘機はあながち侮れないと思いつつジジイの独り言。
未知数の人民軍空軍の戦闘機装備はロシア空軍の武器思想を踏襲し多種多段武装がマルチの頂点










Posted by tsuzuki  at 17:57 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。