2017年04月21日

ジェロニモ部隊の降下見事。標的されたウサマ・ビンラディンのターゲットネームもジェロニモ

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズされた店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、不安定な天候だけど一応は凌ぎ易い。スカプラ館店内ホールにゴチャマント県外からの人だかり、そう言えば今日は「在日米軍三沢航空基地」米空軍による月一回の基地内見学会「フライディツァー」の日だ。では内外のニュースを見て観よう、小生があおる訳では無いが国内人民には冷酷な態度をとり、欺き、食糧難を強いり、国外向けには騙し、欺瞞、虚飾を装う「北朝鮮」がこのところ「超強力な軍事先制攻撃声明」でアメリカを威圧、けん制しているがあんまりとんでもない強硬すぎる強力な愚弄発言は控えた方が良い。アメリカがこれまで歴史的に「力」で押さえつけた軍事行動をあおるだけである、つまりは国際世論が一致すれば北朝鮮・指導部は消滅する。それはそうと中国軍が軍事演習か何か解らないが陸・海・空軍が異常な動きを見せているらしい。また「北朝鮮の核実験」強行に備えてアメリカ空軍のRC-135Sコブラボール情報諜報・光学電磁偵察電子戦機を飛ばしているとのこと。勿論、アメリカは海軍のカールビンソン原子力超大型空母の「空母(戦闘)機動打撃群」を北朝鮮海域への北上をゆっくりとではあるが進海させている、と同時に日本の北太平洋岸の海中にはアメリカ海軍の最後の切り札とも言うべき「弾道ミサイルロケット」及び「トマホーク巡航ミサイル」を搭載した隠密水中艦「大型原子力潜水艦」をかなりの数すでに移動配置させているだろう。さて恒例の軍事絵を見て観よう、アメリカ陸軍・第25歩兵師団・第4歩兵旅団(空挺)戦闘団・第501落下傘歩兵連隊(ジェロニモ)・第1大隊戦闘員による空中降下敵対地進攻訓練かな?見事な空中傘下だなぁーといつもの独り言。
ジェロニモ部隊の降下見事。標的されたウサマ・ビンラディンのターゲットネームもジェロニモ(因みに、ミッションオペレーションは「ネプチューン・スペア」ネービーシールズ・チーム6(デブグロ)







Posted by tsuzuki  at 15:40 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。