2017年01月29日

アメリカ艦船指揮コマンド内部の様子を見て艦名を推測することは出来るかな

三沢アメリカ村(東北一オシャレな店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、今日はスカプラ上空、好天気です。昨日は親戚の葬儀で昼から供養酒をかなり煽りましたのでちと二日酔いだけど今日も一日楽しく過ごそうット。では内外のニュースを観て見よう、国内では自衛隊の「特殊な戦闘服」の納入で大手繊維メーカーの「ユニチカ」がとんでもないことをしでかしてる、儲けるためであろう「カッツ!!!!」一般には全然なじみがないが「軍の戦闘服」は特殊な繊維糸で織られてる、まずは強度段階はあるものの難燃性である、またそのほかにも特徴があるが極めて丈夫に出来ている。勿論一般の服生地と極端に違う、特殊なものである。見た目では解らないがアメリカ軍のはかなり強度、難燃対応が図られている。さて、恒例の軍事絵を観て見よう、いろんな職種が有るが仕事に従事する姿は観ていてそれなりに気持ちがいいものである、これは戦闘艦船運航組織の一員として働く姿である。アメリカ海軍のミサイル駆逐艦の戦闘指揮所(コマンド)内部の様子(俗にターゲット・ポイントアタッカー)であるが詳しくは艦名(コマンドチーフ胸のブランチパッチが良く見えない)を含めて詳細一切説明が無かったなぁーと思いながらまたもやジジイの独り言。





Posted by tsuzuki  at 12:24 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。