2016年09月21日

B-52Hストラトフォートレス(通称バフ)戦略爆撃機の列戦とスクランブル

三沢アメリカ村(東北一オシャレな店)スカイプラザミサワ広場上空、今時分日は落ち来つつあるがまだお天気は秋空気分のゆったりしたムードでのすっきりした感じです。さて、グアム・アンダーセンの面白い軍事絵が在ったのでいきなりここで恒例本日第2弾の絵を紹介する。強大な地上攻撃破壊力を持つ500(約220キロ)ポンド爆弾最大84発を搭載でき「成層圏の要塞」と言われているB-52Hバフ戦略爆撃機の待機列戦です。戦略爆撃機の緊急発進は数十秒間隔で行われる。スクランブルにおいての戦略前方展開行動に伴う戦時前線爆撃に必要な手順と投下爆弾攻撃に関わる諸準備はエンジンスタートと同時にテイクオフするランウェに出るまでの数十秒の間に完了しなければならない。何故ならば対抗国のミサイルロケットの目標到達には地球上のどの地点でも約20分以内であるから…。先ほどに引き続き独り言。






Posted by tsuzuki  at 17:06 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。