2016年08月26日

アメリカ陸軍、アフリカ紛争国のパートナーシップとして派兵準備か?

三沢アメリカ村(オシャレな店)スカイプラザミサワ広場上空、ワァー、ザァ―ザァーだ、すごい豪雨です。ったく、勘弁してくれよ。しようが無い自然には勝てない。内外ニュースを見て観ると?俳優の高畑女史の息子が法を犯したことに。母親として道義的責任なのか育て方がまずかった・・・。どうとか、本人は大人でしょう?犯罪だから司法の場に委ね法律に照らし捌けば良い。母親が就職に奔走したとか?母親が子を助けるのは当たり前でしょう。母親の道義がどうとか、マスコミ報道の場に引き出され話題性追求にあっている。母親は息子の責任者として一生逃れられないのか?選挙権、自覚行動していても大人で無いのか?まぁー、母親が自分に(育て方に)責任があると述べているので・・。チョット異常な解釈かもしれないがこれと反転してよく日本の母親は子供を連れて無理心中、道連れにするなど特に息子を溺愛しいつまでたっても子離れしない・・・。息子が何歳になっても大人として認められていないような気がする。社会人として自立した時点から大人ではないか?外国ではこの種のことはあまり聞かない・・。話を替えて軍事話題を一つ。
アフリカ紛争国のパートナーシップとして派兵準備のためのか?この絵は派兵先の正確な現地の地形状況等を掌握し、悪天候を加味した実弾射撃に伴う局地戦移動でのアメリカ陸軍・第3歩兵師団・第2歩兵旅団戦闘団・第30歩兵連隊・第1大隊・B中隊員の泥ぬかるみ地形踏破の状況で敵対鎮圧前進の悪路進攻行軍訓練?このグチャグチャ道ともつかない傾斜地移動、勘弁して下さい。見慣れてるとは思いますが、これがアメリカ陸軍武装戦闘員の服装です。良く観察して。ただの独り言。







Posted by tsuzuki  at 15:37 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。