2018年07月14日

F-35AとF-16CM、EA-18G、P-8AやF-2Aが飛び交う三沢の空はいつ梅雨明けか

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、
今日の午前中は久し振りに清々しく、ホロあったかい気候でしたね、気分も爽快そのもので・・・気持ち良かった、でも夕方今時分は陽はいいものの少しヒャットして来た。日が経つにつれて「甚大な豪雨被災地」の悲惨な拡大状況が報道されて・・・まだまだ、行方不明者がたくさんいるとのこと・・・身につまされる思いである。では、チト内外のニュースを観て見ようか、相変わらずアメリカ第一主義のブローカーThe Donald現アメリカ大統領が何かにつけてフェークを放っているらしいが・・・。極東に眼を向けると、非情・独裁国のカドワカシノの国「北朝鮮」に海上での石油製品などの積み荷を移し替える「瀬取り」で「ロシア」や「中国」が闇の武器商人よろしく、海賊まがいのゆすり、たかりの積み荷「高額」売り渡しを行なっているとのこと・・・この三国とも「海の暗黒街」の愚劣な闇商人で一蓮托生だ。それではさて、恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、ズバリ、アメリカ空軍のもう一つの象徴機である制空制圧戦術機を紹介したい、アメリカ空軍・カリフォルニア空軍予備役軍団・第144戦闘航空団・第144作戦群「ANG Fresno」・第194戦闘飛行隊「Nickname :Griffins」所属のF-15C -37-MC (MSN 0923/ C317) 84-0014 全天候型・戦術(航空制圧)戦闘機である。カッコいいとしか言いようがないなぁーとジジイの独り言。「では、ご機嫌よう」
F-35AとF-16CM、EA-18G、P-8AやF-2Aが飛び交う三沢の空はいつ梅雨明けか
  


Posted by tsuzuki  at 17:50Comments(0)