スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2018年03月21日

曇天に映える不気味な機体ですね、AVハリア・プラスよ低空でのドッグファイトは重戦闘機と互角闘?

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今日もほぼ快晴なれどかなり寒い!!かなりこたえるなぁー・・・!!今日のデモンストレーション練成訓練は凄すぎる空中機動を見せてくれた・・・  F-16CM-Block-50タイプの特異な特性メカニック機動反応を知り尽くしていないと、このような超低高度からの変則回転、ほとんど直角の高高度上昇へ機体輪転変化が出来るはず無いと感じる、クイックな機体変化機動は操縦技量と相まって、より素晴らしい飛行テクニックがハイアップされて来る。とにかく凄い飛行機動である。観せたいの一言・・・ジャッカル。将来、彼は「バーズ」チームに確実に行くな・・と思う。ではチト内外のニュースを観て見よう、身内の?和田正宗議員、ありゃ、「馬鹿か!」当該質問の根底を見極めたうえでの「発言か!」?要するにこの程度か!肌身に久し振り味わった。レベルの問題じゃない、ちゃんと勉強しろ!!さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ観て見よう、小生の好きな防衛戦闘機体の一つです。戦時動態、変動一等最初に前線進攻進入するアメリカ海兵隊・第2海兵航空団・第14海兵航空群・第542海兵攻撃飛行戦隊 “Tigers” 「01/WH」所属のAV-8B+(R)-27-MC (MSN 322) 165584 ハリアー IIプラス 垂直離陸・着陸対地攻撃機(通称:戦車キラー)である。地上戦における強襲・歩兵ストライカー部隊の最高の相棒だなぁーとジジイの独り言。
曇天に映える不気味な機体ですね、AVハリア・プラスよ低空でのドッグファイトは重戦闘機と互角闘?

  


Posted by tsuzuki  at 13:51Comments(0)