2018年01月18日

局地帯域電波妨害、破壊攻撃の海軍グラウラーと広域帯域通信せん滅の空軍チーズカッターでは

三沢アメリカ村(北日本一オシャレな店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、気象情報では暖かくなるとは云ってたがぼんやりとお日様が出てこ寒いなぁー、マァーこの時期だから満足。「スカプラ」入込客、今時分は閑散である。平日はしようが無いなぁー・・・・ぼやき!さて内外のニュースを覗いて観ようかな、最近のニュース報道を見ると、内外問わず毎日どこかで自分勝手なはた迷惑な傷害事件、逆切れ暴行事件が起きている、何なんだこの季節時期????すぐにカッと来る人間が増えてるような感じを受ける。災難はいつどのような形で降りかかって来るか判らない「クワバラ、クワバラ」気を付け??よう。では恒例の軍事絵の話題をひとコマ紹介する、最近の「在日米軍横田航空基地」への空軍機の出入りが目立つなぁー、アメリカ空軍の機能向上改造機C-130J大型輸送機への転換機の飛来、空中を飛び交うあらゆる電波を超強力波で破壊?、妨害、分断攻撃する高密度電波妨害システム装置を搭載したアメリカ空軍のEC-130Hコンパス・コール広域帯域電子戦攻撃機の飛来である。どうやら、横田飛来機は「EC-130H (MSN 382-4554) 73-1590 コンパスコール広域帯域電子戦攻撃機(DM)らしいがもう少しスッキリした絵があったので紹介したい、同じ部隊の第55電子戦闘群EC-130H-Block-35 (MSN 382-4546) 73-1584 コンパスコール広域帯域電子戦攻撃機(DM)である。いずれにしてもこの特殊機は、電子戦攻撃における敵対防空網の電子妨害、撹乱、破壊と対抗攻撃情報の分析(解析)管制補助などを行うのかなぁーとジジイのひとり言。
局地帯域電波妨害、破壊攻撃の海軍グラウラーと広域帯域通信せん滅の空軍チーズカッターでは

  


Posted by tsuzuki  at 15:17Comments(0)