2017年09月16日

空自向けF-35A隠密マルチロール機は従来の空戦、空爆万能機には及びもつかない攻撃力を誇示

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今日の今時分はぐっと気温が下がった感じでサムー!!帰りは愛用の自転車だ、こりゃたまらんな!!通りには人が歩いていないがスカプラは変に人が多くざわついているなぁーてな感じ。では内外のニュースを見て観ましょうか、国内の話題はこれから攻め入って来る今後の台風の動向ニュースですね、今度の奴も備えあれば憂いなしってなわけにはいかないかな!?北朝鮮の不埒、無謀な非情行動に国連・安保理も色々な手を尽くしてきたがなんかもう手の施しようが無い事態(ピーク)にフェーズレベルが達して来たようだ!!!
どうやらアメリカに先制攻撃を行動できる情勢を暗に与えて来ているような状況になって来たようだ!!!行くか!!??アメリカ合衆国よ!!ただ今、三沢米空軍・第35戦闘航空団(ワイルド・ウィーゼル)レーダーバスター航空戦闘打撃部隊は臨戦態勢執った「局地作戦即応態勢演習(ORE)」です。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ観て見ましょうか、GBU-31(V)1/B (JDAMを装着したMk.84爆弾)精密誘導爆弾投下による武器システム評価プログラム(WSEP)フェーズでのパイロット技術の爆弾性能を検証を実施しているのか、アメリカ空軍・航空戦闘軍団・第12空軍・第388戦闘航空団・第388作戦群・第34戦闘飛行隊所属のF-35A (AF-92) 14-5091 電光2世 全天候型ステルス統合打撃/多用途戦闘(爆撃)機である。アメリカ本国で武者修行している日本・空自の「電光・ドライバー」たちも今後のカリキュラムの中で精密誘導兵器のカテゴリーにも習得ステージを設けられるんだろうなぁーとジジイの独り言。
空自向けF-35A隠密マルチロール機は従来の空戦、空爆万能機には及びもつかない攻撃力を誇示



  


Posted by tsuzuki  at 18:06Comments(0)