2017年07月21日

北朝鮮のGLBMは彼らの他国に対する威嚇本命であり、精度も実戦ステージ・フェーズ4か

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、きょうも35度越え、暑いのひとことです。かなわんわ!!では内外のニュースを観て見ようか、北朝鮮ではこれまでにない超大規模な干ばつ状態が到来し極端な食糧不足が極めて深刻な国民生活状況(独裁国であることから一部の特待国民を除く。)を招いてるらしい。超非情国・独裁国家のでぶっちょ委員長、自国民の窮状を何と考えているのか???アメリカに肩を怒らして対抗して「弾道ミサイルロケット」など開発、試射実験などで超高額な予算を費やして!!??自国民を人間と考えていないのか?虫けらでは無いぞ!!さて関連して恒例の軍事絵をひとコマ観て見よう、北朝鮮・朝鮮人民軍・ロケット軍が血まなこになって開発を進めている旧ソ連製ミサイルの改造改修の大陸間弾道弾ミサイルロケットの地上発射型移動式大陸間弾道弾ミサイルロケット(GLBM)の「北極星2型(KN-15)」で飛距離3000キロを超えるので準中距離弾道ミサイル(MRBM)とも区別されている。
この「北極星2号(KN-15)」大陸間弾道弾ミサイルロケットは扱いやすい高速発射が出来る固体燃料で 地上発射型移動式キャニスター車輌から圧搾ガス力で打ち出され、射出後、空中でメインエンジンに点火して飛翔アップしていく、「コールド・ローンチ」方式と呼ばれる発射方法を独自開発している。とりもなおさず 、北朝鮮はICBMよりIRBMのほうに開発力に力を入れ、対抗国へ誇示する選択を執っているらしい、そういう中でICBMの超長距離大陸間弾道弾ミサイルロケットの開発を地道に?時にはオーバーなデモンスト・アピール?を行い進めているのかなぁーとジジイの独り言。
北朝鮮のGLBMは彼らの他国に対する威嚇本命であり、精度も実戦ステージ・フェーズ4か


  


Posted by tsuzuki  at 15:51Comments(0)

2017年07月20日

マリンコー・ウォーリアーズたちはフォース・リーコン部隊員になることを胸に抱いている

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、気持ちが良いだけ素晴らしい天候ですね。この天気続けばいいなぁーっと!では内外のニュースヲ観て見ましょうか、ロシアで「戦闘機開発フェーズ:第4++(ツープラス)世代」の最新鋭戦闘爆撃機でロシア航空機製作会社(ミグ社)製造機の『MiG-35ステルス戦闘爆撃機』がお披露目された。この機体はアメリカ空軍の最新鋭F-35ライトニングII・ステルス戦闘(爆撃)機に対抗ものであり、外国(特に中東諸国、東南アジア)への売り込みを視野に入れた機体であり、ロシア空軍の次期主力戦闘爆撃機に決まっているとのこと。またこの最新鋭MIG-35ステルス戦闘爆撃機はロシア空軍の現運用主力機のMiG-29フルクラム戦闘爆撃機シリーズの大幅な刷新を図ったものであり、現用のレーザー攻撃(爆弾)兵器、開発中のあらゆる種類の兵器の搭載装備を可能にしているとのこと。勿論ステル機能の超精密工学力により、アタック、ディフエンスの敵対戦ドッグファィト、敵対防空システム攻撃破壊能力の格段アップを図っているとのことである。さてここで恒例の働く?軍事絵を見て観ましょうか、厳しい試練を積み重ねている様子が伝わってくる絵があったので紹介したい。アメリカ海兵隊・海兵予備軍団・第4海兵師団・第24海兵連隊・第2大隊・E中隊の戦闘員の地上戦・進攻作戦訓練における後方戦闘員への偵察状況を糾弾か??現在の海兵隊員(訓練)の戦闘服装、装備と携える武器はフルアタッチメントのM4A1カービン突撃銃!??興味があったら参考にして下さいとジジイの独り言。
マリンコー・ウォーリアーズたちはフォース・リーコン部隊員になることを胸に抱いている




  


Posted by tsuzuki  at 15:22Comments(0)

2017年07月19日

メディカル・サージカル・チームの迅速対応でどれほどの戦闘員が最前線地から生還して来たか

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、曇りです!ジメーッとします、うるおいは何処へジトを通り越してベトですかね??ではここで国内外のニュースを見て観ましょうか、アメリカで「前大統領・オバマ氏の政策」のことごとくに反対を唱え、制度廃止を強硬に進めている「ドランプ現大統領」が医療保険制度改革(いわゆる「オバマ・ケア」)執行停止?改正案がアメリカ議会の同族仲間の「共和党」一部議員の反対票で通らないようである。大統領の支持率も月毎に低下して来ており、同族「共和党」議員仲間からも苦言が飛び交ってるし、若者・中高年の雇用増進対策もつつとして進まない。サァー、どうする!?ドランプよ醜態を拡大し居座り続けるか???「アメリカ・ファースト」の使い方を間違ていないか・・・・自分さえよければ「良い」の精神政策用語の実践活用解釈を間違っていないか!!さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ紹介しよう、アメリカの名誉をかち得た人々・・・アメリカ空軍・合衆国特殊作戦軍団(空軍特殊作戦軍団)・第24特殊作戦航空団・第720戦術群・第720作戦支援飛行隊?所属の「特殊作戦外科医療チーム」がアメリカ合衆国名誉賞の「軍事医学賞」を受賞した。その英雄たちの横顔を見ると非常に爽やかな感じをこの青年たちから受けるなぁーといつものジジイの独り言。
メディカル・サージカル・チームの迅速対応でどれほどの戦闘員が最前線地から生還して来たか


  


Posted by tsuzuki  at 15:06Comments(0)

2017年07月18日

対抗国への配慮も無く不法・傲慢侵入を繰り返す中国海警局・艦船!その国の有様、独裁国を表現

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズされた店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、上空にはすじ雲みたいのが浮かんでますが今時分は極めて快晴なり、三沢より南400キロぐらいかな大雨模様であるらしい、北上しないでほしいなぁー!!では内外のニュースを見て観よう、アリューシャン列島でかなり強い地震が発生したらしい?日本への津波の影響無いとのこと。そう言えば小生の住む街にはしばらくの期間、被害をもたらすような「大地震」が来ていない、忘れた頃に自然災害が襲ってくると昔から言われてるので常に臨戦態勢を考えて?おかなければ・・・・  「中国版・海上保安艦船」がどういう意図があるか?なんか北日本の青森県にも無作法にも領海侵犯を繰り返している。マァー何でもありの国だから常々気を付けないと・・・「中国版・海上保安艦船」海警局の侵略船は全長約100メートル、基準排水約3000トン超クラスと言われているから、我が国の「海上保安庁」(国土交通省に属する、略称「海保」)の大型「巡視船」並みであろう。ただ、東北・青森県沖合領海の海上警備にあたっている巡視艦船はだいたい約1000トン級であるから、その差は推して知るべしである。またすごいことに、中国は東西南北の不法な国土領域の拡大を狙っているせいもあってか造船事業が急激繁栄しており、3000トン超級の警備艦船、或いは5000トン超級の警備艦船も軍用艦船改造改修または増産しているとのこと。これら警備艦船には当然、大口径機関砲4基装備、強力な破棄力を持った速射砲1基、超圧な放水銃数十基を装備のほか高速艇2隻艦内積載、はてはヘリコプター1機を格納搭載しているとのこと。まるで軍艦まがいである。安倍政権下の日本国政府(国土交通省)もうかうかしてはおられない!!!対抗措置として海上自衛隊艦船を向けるわけにもいかないので取り敢えず、「中国海警の重武器装備大型艦船」には「海上保安庁の大型高速重武器装備艦船」のより早急な装備取り組みを進め、海上警備で警告対抗するしか、ないのかもしれない。独裁国・中国の遠慮ない無作法かつ不法な領海侵入については確固たる態度をもって日本国も臨まなけれならないはずである、安倍政権・・最前線海域で一生懸命任務に当たっている海保人間の立場を少しでも理解するようなことがあるのかなぁーと疑問に思いつつジジイの独り言。
対抗国への配慮も無く不法・傲慢侵入を繰り返す中国海警局・艦船!その国の有様、独裁国を表現


  


Posted by tsuzuki  at 13:49Comments(0)

2017年07月17日

様々な実戦を想定したシュミレーション・ハード訓練で戦闘員として屈強な一人前になって行く

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今日も最高?に暑い、だれてきた・・と思ったら気象情報で大雨警戒・土砂崩れ警報が出た。盛岡、久慈、八戸と豪雨らしきものが北上して来ているらしい。今んところほぼ快晴です。では内外のニュース見て観ましょうか、小生の注目度ナンバーワンのアメリカ・ドランプ君、サァー大変だ!??世論調査で「アメリカ一とんでもない男」のドランプ・アメリカ大統領の支持率が40パーセントを切った。アメリカよ何処をさまよ歩くのか????ドランプ君、ほざくにも事欠いて、アメリカでもかなり名声の高いジャーナリスト報道機関の調査結果を「選挙戦での世論調査は大統領選で最も不正確だった」と悪あがきにも「書き込み」でこき下ろしているらしい・・・・アンポンタン!!さて恒例の働く?軍事絵を見て観ましょうか、今日は勇壮。果敢に観える絵をさらりと紹介して見よう、アメリカ陸軍・第1騎兵師団・第1装甲旅団戦闘団・第5騎兵連隊・第2大隊戦闘員の装甲兵員輸送戦闘車で進攻輸送・偵察監視などのハードトレーニングかな?・・・とジジイの独り言。
様々な実戦を想定したシュミレーション・ハード訓練で戦闘員として屈強な一人前になって行く

  


Posted by tsuzuki  at 16:30Comments(0)

2017年07月16日

それにしても105ミリ榴弾砲弾は馬鹿でかい気がする、これに狙われたら地上の覇者戦車もアウト

三沢村アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、大雨が北上して来ているが束の間の晴れ上がりになっています。今夜あたり、北海道を含めた北日本・東北地方にも降雨量が増大してくるのかな・・・??豪雨であれば大した対処も出来ないであろうがともかく観察を怠らようにしよう・・・。ではチト内外のニュースを見て観ようか?国内では異質な人殺し事件ばかりで物騒な世の中だ!!・・・国外の話題もさしたる動静もないし良い意味で平安なのかな???さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ観て見ましょうか、アメリカ空軍・特殊作戦軍団の第4特殊作戦飛行隊?(8-Ball)
が対地攻撃戦で強靭な破壊力を持つAC-130U (92-0253) スポーキー2世・ガンシップ戦術局地制圧・対地攻撃特殊作戦機を運用している。この絵はこの強力な破壊威力を持つガルガンタン「ガンシップ」が搭載している武器の一つ、破壊力抜群の105ミリ榴弾砲弾である。因みにこれはPGU-43/B・105MMと言って訓練弾かなぁーとジジイの独り言。
それにしても105ミリ榴弾砲弾は馬鹿でかい気がする、これに狙われたら地上の覇者戦車もアウト
  


Posted by tsuzuki  at 16:41Comments(0)

2017年07月15日

カブトムシの実力はそのうち様々な前方展開・抑止制圧力の場でその実力が発揮されるであろう

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、今時分の夕方もただ暑いの一言、だるい、かったるい、何とかならんか!??気候に恵まれているのは素晴らしいことであるが、こう暑くてはかなわん。我慢、我慢。それが出来なきゃ引っ越せ!!では内外のニュースを見て観ましょうか、国内は特に何も話題が無い感じ?かなり有名だと言われてる男性芸能人の不倫話題だけ?特にコメント無し!個人間の愛欲だし?女性の事(気持ち)は解らないが「男・・おとこ」だものの、時に別な女性の肉体と何とも云われない気持ちを求めるであろう。相反して普通はお金と地位には女性も群がるだろうね???アメリカ・ドランプ政権がアンに人種差別の政策とも言える偏見施策を表に出してきた、そのうち「黒人」「中南米人」のみならず「アジア人」にも目を向けられるのは時間の問題である。同盟国「日本」!!をわめいてるのは、お人好しのこのアジア「日本国人」だけかな???そんなはずはない・・・、人道に反するとは自分勝手な主張じゃなければいいが???さて恒例の働く?軍事絵を見て観よう『大好きな「こやまひかる」さん』が言っていた天空に舞う「カブトムシ」君です。アメリカ海兵隊・第2海兵航空師団・第31海兵航空群・第501海兵戦闘攻撃訓練飛行戦隊(Warlords:武将たち)所属の最新鋭のF-35B (BF-43) 169028 電光2世号・ステルス戦闘攻撃機「 VM 28」である。このライトニング・ステルス戦闘攻撃機は最高峰を行くラプター・ステルス第5世代戦闘爆撃機とは違って、その実力を良~く観察して見たいものだなぁーとジジイの独り言。
カブトムシの実力はそのうち様々な前方展開・抑止制圧力の場でその実力が発揮されるであろう



  


Posted by tsuzuki  at 17:19Comments(0)

2017年07月14日

アメリカ空軍特殊作戦部隊の活躍は作戦上、任務限定されているのでその実態は判っていないか

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズされた店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、真夏の猛暑日と言っていいくらい日が続いてる、この時期毎年のことだけどだれてくるなぁ~!天気がいいのは農家にとっては「かけが無いこと」だけど・・・・・。では内外のんニュースを観て見よう、北朝鮮軍事筋、アメリカ軍はここ数日動静に変化が現れず???
むしろ、中東内紛のイラク、シリア交戦動向がマスます卑劣な状況下に置かれており、一般市民への被害拡大がより一層懸念の度合いを高めて来ているらしい。今もどこかで人が殺されている・・・・!!!九州を襲来した猛烈な大雨自然災害の影響が北上しつつあり、愛知、岐阜地域の襲い掛かって来ているらしい。先般の事を考えると「避難指示」「避難勧告」はもとより、大雨襲来現場での低地の浸水や河川の増水、膨大な土砂災害に警戒を怠らないようにしなければ・・・・自然界の未知数の猛威は何をしでかすか解らない、ただ、恐ろしいの言葉より浮かんでこない。さて、恒例の働く?軍事絵を見て観ましょう、アメリカ空軍・空軍特殊作戦軍団・第27特殊作戦航空団・第27作戦群・第522特殊作戦飛行隊(Fire Balls)所属のMC-130J (09-5713) コマンド2世号・マルチミッション戦闘輸送/特殊作戦空中給油機である。空軍特殊作戦部隊の侵入、回収、戦術物資の空中投下の他空中給油に使われる。この部隊の存在はかなりの歴史を持っているが湾岸戦争以降、最近になってようやく知られてきた部隊だなぁーとジジイの独り言。
アメリカ空軍特殊作戦部隊の活躍は作戦上、任務限定されているのでその実態は判っていないか
  


Posted by tsuzuki  at 16:40Comments(0)

2017年07月13日

忍者「スコーピオン」部隊の遠征移動は海外ローティション駐留地を拠点にしながら隠密裏

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、本日もまたまた暑い・・・・が気分的にはスッキリといい気持である。スカプラ上空では嘉手納空軍ZZのイーグル戦闘機、三沢空軍WWワイルドウィーゼル戦闘機、サムライ航空自衛隊機や海軍NLスコーピオン電子戦機、そのほか様々な機体が飛び駆ってる。今、F-16ワイルドウィーゼル機が市街地3分の1の上空を轟音で縦断!間違ったな!では内外のニュースを見て観よう、テレビ報道は『松居・個人テレビ局』の言動、行動の話題でもちっきり・・・つまらん!!!!二人の死刑囚の執行がされたとのこと、ほんのわずかな報復の一端をケモノ殺人者に国家として制裁を加えた。考えてみれば事件当日の人を殺して残虐愉快?断命満足?な気持ちであったろう外道人間に対して、被害者の言葉言い尽くせぬ苦しくも哀れな人間性を理解できるであろうか??未だに殺人者(死刑囚)の冥途への追放には時間がかかるのは何故であろうか?憐れみと同情されるべきは何の落ち度もなかったであろう殺された人間である。さて恒例の働く?軍事絵を観て見ましょう、青空に飛び交っているアメリカ海軍・第132電子戦闘攻撃飛行戦隊(愛称:スコーピオン部隊)所属のEA-18G (MSN G-28) 166943 グラウラー電子戦戦闘攻撃機(542NL)である。アメリカ海軍機の中でもレーダー波・電子・電波攪乱、妨害を主任務とする前方展開における低高度進攻攻撃戦闘機で即戦力迅速移動の忍者部隊として味方には頼もしい存在なんだろうなぁーとジジイの独り言。
忍者「スコーピオン」部隊の遠征移動は海外ローティション駐留地を拠点にしながら隠密裏

  


Posted by tsuzuki  at 16:33Comments(0)

2017年07月12日

F-16ワイルド・ウィーゼル部隊のローローアップロー・アタックはイタチのように素早い

三沢アメリカ村「スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)」広場上空、本日も外はムスムスとボァーとした天候です、厭らしい暑さへ感じる天気ですね。マァー天気が良いことはいいことですね。では内外のニュースを見て観よう、極東情勢の動向では「非情独裁国・北朝鮮」のこれまでの数々の弾道ミサイルの発射実験、とりわけ小型核爆弾搭載可能な大陸間弾道弾ミサイルロケットの長射程延長の脅威がアメリカ本国にも広がり、これに対する迎撃システム態勢の確立が急がれて来る。特にアメリカ陸軍がミサイル撃墜に自信を持っているミサイル迎撃地上システム「THAAD(略称:サード)」による標的ミサイルの捕捉、追跡、撃墜破壊の確実な命中精度は未知数であるためアメリカ・ミサイル国土防衛本部は迎撃実験による撃墜精度アップを行い的確な基準まで向上しなければならないだろう。確かに北朝鮮のミサイルロケット開発技術者には以前の失敗から得た知識をかてに急速な技術取得向上を着々と身につけたであろうことから、大陸間弾道弾型のミサイルの高高度上昇・飛距離だけは格段に向上したであろう。このことも激大な脅威なことであるがただ遠くへ飛ばせばよいと言う事ではなく当然、弾着目標地点への弾道弾命中精度が求められるのでは・・・・・・???さて恒例の働く?軍事絵のひとコマ観て見よう、アメリカ空軍・戦闘爆撃機の中でも敵対最前線に第一等進入し敵のレーダーシステムや攻撃システムを低空進攻で爆破、破壊する部隊のアメリカ空軍・太平洋航空軍・第5空軍・第35戦闘航空団(ワイルド・ウィーゼル部隊)・第35作戦群・第14戦闘飛行隊(サムライ)のF-16CM (Block-50B) 90-0822 ファイテング・ファルコン戦闘爆撃機(822/WW)である。このレーダー・バスター戦闘爆撃機は、小生の住む街「在日米軍三沢航空基地ジョイントベース航空自衛隊三沢基地」に海外遠征拠点を置いている。この戦闘爆撃機は軽量小型ながら精密レーダー誘導爆弾など相当数の爆弾武器類を搭載できるなぁーとジジイの独り言。
F-16ワイルド・ウィーゼル部隊のローローアップロー・アタックはイタチのように素早い

  


Posted by tsuzuki  at 14:50Comments(0)