2017年07月20日

マリンコー・ウォーリアーズたちはフォース・リーコン部隊員になることを胸に抱いている

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、気持ちが良いだけ素晴らしい天候ですね。この天気続けばいいなぁーっと!では内外のニュースヲ観て見ましょうか、ロシアで「戦闘機開発フェーズ:第4++(ツープラス)世代」の最新鋭戦闘爆撃機でロシア航空機製作会社(ミグ社)製造機の『MiG-35ステルス戦闘爆撃機』がお披露目された。この機体はアメリカ空軍の最新鋭F-35ライトニングII・ステルス戦闘(爆撃)機に対抗ものであり、外国(特に中東諸国、東南アジア)への売り込みを視野に入れた機体であり、ロシア空軍の次期主力戦闘爆撃機に決まっているとのこと。またこの最新鋭MIG-35ステルス戦闘爆撃機はロシア空軍の現運用主力機のMiG-29フルクラム戦闘爆撃機シリーズの大幅な刷新を図ったものであり、現用のレーザー攻撃(爆弾)兵器、開発中のあらゆる種類の兵器の搭載装備を可能にしているとのこと。勿論ステル機能の超精密工学力により、アタック、ディフエンスの敵対戦ドッグファィト、敵対防空システム攻撃破壊能力の格段アップを図っているとのことである。さてここで恒例の働く?軍事絵を見て観ましょうか、厳しい試練を積み重ねている様子が伝わってくる絵があったので紹介したい。アメリカ海兵隊・海兵予備軍団・第4海兵師団・第24海兵連隊・第2大隊・E中隊の戦闘員の地上戦・進攻作戦訓練における後方戦闘員への偵察状況を糾弾か??現在の海兵隊員(訓練)の戦闘服装、装備と携える武器はフルアタッチメントのM4A1カービン突撃銃!??興味があったら参考にして下さいとジジイの独り言。
マリンコー・ウォーリアーズたちはフォース・リーコン部隊員になることを胸に抱いている




  


Posted by tsuzuki  at 15:22Comments(0)