2017年07月11日

グローブマスターは前方展開進攻作戦上の縁の下の力持ち、その頼もしさは大量装備兵員輸送

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一うアメリカナイズされた店かな?)広場上空、今日のこの日も早朝から暑い真夏字が続いていまっす、でも小生はよわい70のせいか、温度上昇にそんなでも無い体感を味わってる!どうかしてるのかなぁー!!では内外のニュースを見て観ましょうかな、集団組織犯罪を計画前段で阻止する「テロ等準備罪処罰法」が施行された。問題はアメリカFBI調査・潜入・捜査活動に類した特殊捜査能力を育成・習得保持できるか?特殊な集団犯罪に対して捜査の法執行権で無く、捜査官個々の能力である。今の日本は平和すぎて国民に判り易く理解されていない、とりもなおさず、現状の個々の警察官の緻密な捜査能力が諸外国より、より優れているからである。そこのところ解らないと警察現場が非常にもの悲しい、日本の現場警察官の個々の業務遂行の積み重ねがこんにちの日本を支えてる。確かに少し前までは捜査「警察官」立件「検察官」の一般的に判断して、目に余る捜査能力欠如に伴う汚名事案事件があったのは現実問題であり、今も払しょくされていない面(昔の刑事捜査はずさんだった、だから冤罪が発生する)もある、密室の集団判断の汚点である・・・・邪悪判断か??・・・さて恒例の働く?軍事絵を見て観よう、今日はデカいのでいい絵があったから紹介しよう、アメリカ空軍・太平洋空軍・第3航空団・第3作戦群・第517空輸飛行隊(火の鳥:FireBirds)の「レッドフラッグ・アラスカ17-2」での実力が物語るが、重量戦車、装甲戦闘車などの他組み合わせにより空挺戦闘兵員約100名程度の大量装備・人員を迅速搬送できるC-17A (cn P-67) 99-0167 グローブマスター3世・軍用大型長距離輸送機である。
グローブマスターは前方展開進攻作戦上の縁の下の力持ち、その頼もしさは大量装備兵員輸送

  


Posted by tsuzuki  at 15:12Comments(0)