スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2017年06月20日

9月開催の「三沢航空祭」には「空自・F-35Aタイプと米海兵隊・F-35Bタイプが揃い踏みかな

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズされた店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、今日は素晴らしく良い天候です。変な話、秋晴れみたいですね・・・?でもなんか気象情報だと、今夜から低気圧の影響で雨らしいです・・・・。ではいつもの話ですが内外のニュースを見て観ましょう、小池都知事も大変な立場に置かれてる豊洲移転、築地ブランド課題でやいのやいの云われて、心非ずの評論屋タイプの批評は容赦が無い!東京都に住んでいればどう思いどう云うか・・・言うのは勝手だしなかなか心落ち着かな行政施策に取り組んでいかなければならないから、きついでしょうな。フラー、フラー!!さて恒例の働く?軍事絵のきれいなひとコマがあったので観て見ましょう、アメリカ空軍最新鋭のマルチロール・ステルス戦闘機でアメリカ空軍・航空戦闘軍団・第12航空軍・第388戦闘航空団・第388作戦群・第34戦闘飛行隊(RUDE RAMS)所属のF-35A (AF-92) 14-5091 稲妻2世・全天候型ステルス統合打撃戦闘機(5091/HL)である。すでにこの同系機のBタイプは岩国基地に配備されており、三沢市にある「在日米軍三沢航空基地ジョイントベース航空自衛隊三沢基地」にも今年度中に配備されると聞いてるなぁーとジジイの独り言。
9月開催の「三沢航空祭」には「空自・F-35Aタイプと米海兵隊・F-35Bタイプが揃い踏みかな

  


Posted by tsuzuki  at 16:22Comments(0)

2017年06月19日

F-16シードの前方展開戦闘時の基本フォーメーションは3機態勢(セット)で超低空進入ですか

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズされた店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、早朝は少しヒヤッとしたが今時分は昨日に続き気持ちの良いくらいいい天気ですね。モヤモヤも吹っ飛びますね。さすがに月曜日、スカプラも閑散としてる!なんや知らんけど、相変わらずスカプラ2階の「萬屋」さんには買い取ってもらうお客さんがのそのそやって来る・・・? では内外のニュースをこの時間少し覗いて観ようかな、中東で一般人の人間を盾に抵抗を続けてる超過激派・殺戮テロ集団「イスラム国(IS)」が自分たちの侵略接収した都市のシリア・ラッカ戦闘地上空でイスラム国と戦っているアサド政権軍「空軍・戦闘攻撃機(ロシア製?)」をアメリカ軍を主体に包囲網を狭めて来ている対IS「有志連合軍」のアメリカ空軍機が撃墜したらしい・・・シリア国営報道通信はシリア空軍機のパイロットが行方不明で「同機は対IS攻撃作戦を遂行中だった」と言い、アメリカ軍を非難している。そうでなくても、時々、シリア政権軍とアメリカ軍はこれまでもことあるごとにぶつかってきている。ある意味、味方同士の拡大衝突は避けたいものである。
さて恒例の働く?軍事絵を見て観よう、精悍なものである。昨日に引き続き同部隊のアメリカ空軍・欧州軍(南アフリカ軍等戦域管理)隷下の第52戦闘航空団・第52作戦群・第480戦闘飛行隊(Warhawks) 所属のF-16CM-Block-50 (91-0361/SP)ファイテングファルコン戦闘攻撃機である。アメリカ空軍戦闘機飛行中隊の編成は基本的に単座型、実働機複座型いれて約24機体制での編成がされてる、マァーあまり知られていないがなぁーとジジイの独り言。
F-16シードの前方展開戦闘時の基本フォーメーションは3機態勢(セット)で超低空進入ですか
  


Posted by tsuzuki  at 13:31Comments(0)

2017年06月18日

欧州の「戦う鷹」F-16CMは、三沢のワイルド・ウィーゼル部隊とミッション・オペは互角

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズされた店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、気持ちの良いくらいいい天気ですね。鬱な気分もぶっ飛びましたね。今日は日曜日・・・が入込客はあまり来ん!なんや知らんけど、2階の「萬屋」さんにはメチャクチャ買い取ってもらうお客さんが集まって来ている、世の中、モノ余りなのかなぁー??では内外のニュースをチト覗いて観ようっと、アメリカ中西部の陪審員裁判で「黒人男性を職務質問で射殺した警官の過失致死罪に無罪評決」が出た。警官は激しい抵抗と身の危険を感じたのか??黒人集団の抗議デモが起きたと言う事は事実は違うと考える、根底には過激な人種差別の思想が累累とねずいてるミネソタ州だから・・・。どんなに時代が進んでも神、仏、イスラムの教えがあっても人類から無くならないであろう。さて恒例の働く?軍事絵を見て観よう、戦闘機の基本的なフライト・スクラムを組んだ格好いい絵があったので紹介したい、アメリカ空軍・欧州軍(南アフリカ軍等戦域管理)隷下の第52戦闘航空団・第52作戦群・第480戦闘飛行隊(Warhawks) 所属のF-16CM-Block-50タイプ(順に、50D・91-0481/SP, 50P・92-3918/SP, 50D・91-0412/SP)ファイテングファルコン戦闘攻撃機の整然と切れの良いフォーメーションである。激しい訓練のたまもの、この整列編隊飛行の息はそう簡単に合わせえるものでは無いなぁーとジジイの独り言。
欧州の「戦う鷹」F-16CMは、三沢のワイルド・ウィーゼル部隊とミッション・オペは互角


  


Posted by tsuzuki  at 11:14Comments(0)

2017年06月17日

スーパー・ハ―キュリースのエア・コンボイ超低高度編隊飛行を観て見たいなぁーっと想う

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズされた店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、幾分ヒャットした感じがしますがお日様は出てるし風も無いようですのでまぁー凌ぎ易いと思うよ。では今日の内外のニュースをチラット覗いて観ようっと、事故です!!アメリカ海軍・第7艦隊・第15駆逐戦隊のトマホーク巡航ミサイル搭載・ミサイル駆逐艦「USSフェッツジェラルドDDG-62」が民間コンテナ船と海上航行衝突事故を起こしたとのこと、詳しい事情等は今後の調査になるが死傷者の少ないことを祈る。ところで中東地域のイラク、シリア国内で殺戮を繰り返してる超過激派テロ集団の追いつめられた国家の「イスラム国(IS)」の最高指導者バグダディ容疑者がロシアの空爆で死亡したらしいとのこと、イスラム国ISの排斥包囲網も急速に縮まって来ていることから、イラク、シリアのあちこちに小集団で散らばってるテロリストの最後の開き直りで死なば諸共で一般市民を人間の盾に使うのは序の口で集団強制爆弾破壊を行うことなどが心配になる・・・・・??さて恒例の働く?軍事絵を昨日に引き続いて同型機を紹介したい、合衆国欧州(派遣駐留)航空軍・第3航空軍・第86空中輸送航空団(VIRTUS PERDURAT)・第86作戦群・第37空中輸送飛行隊(BLUE TAIL FLES)所属のC-130J-30 #5613 (08-8603) スーパー・ハ―キュリース・マルチミッション軍用輸送機である。かなり絵映り角度の良い絵であるので紹介したいなぁーとジジイの独り言。
スーパー・ハ―キュリースのエア・コンボイ超低高度編隊飛行を観て見たいなぁーっと想う



  


Posted by tsuzuki  at 15:54Comments(0)

2017年06月16日

USAFスーパー・ハ―キュリーズのマルチロール運用、作戦マルチミッションでの力量は超増大

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズな店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、本日も浮雲一つ無く、一面グレーのまがまがしい天気で気圧も低い感じの憂鬱極まりない二重にうっとうしい気候ですね。では内外のニュースを見て観ようかな、国内動向ではなんか相変わらず殺人事件?の話題だし、海外の目だった話題は特にない感じで平穏と言えば平穏、平静と言えば平静かな?さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ観て見ようっと、軍用輸送機のバージョン・アップが続いてるアメリカ軍の前方展開戦術・戦略部隊の迅速行動支援機の一つアメリカ空軍・航空機動軍団(THE ROCK)・第18航空軍・第19空中輸送航空団・第19作戦群・第61空中輸送飛行隊(GREEN HORNET)所属の最新鋭改修機C-130J-30 (12-5756) スーパー・ハ―キュリーズ(マルチロール・マルチミッション)軍用輸送機である。機能のあらゆる面が任務運用、作戦時の展開行動想定視野を入れて力強く進展した機体だなぁーとジジイの独り言。
USAFスーパー・ハ―キュリーズのマルチロール運用、作戦マルチミッションでの力量は超増大

  


Posted by tsuzuki  at 16:27Comments(0)

2017年06月15日

ノース・コリアの核分裂実験ダストを常に監視収集するコンスタント・フェニックスWC-135



アメリカ村(東北一アメリカナイズされた店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、相変わらずの曇り空で雨は降っては止み気温は低いわでちと嫌な感じである。まぁいいか、では内外のニュースを見て観ようっと、国内では「獣医学部新設に関わる怪文書事件」で新しいことが出て来たらしい!?パソコン共有フォルダにそれらしきものが発見されたと言う事。どうなるかは別として、役職を持った(準)官僚役人がこういう文書があったと言ってるんだから、あるのは当たり前である。公務員は勝手に(公)文書、(公文)メモは作成しないものである、小生も元公務員であったので実に明解に納得する。怪文書なる物は何らかの「悪しき意図」が無ければまず作って内部・外部公表しないことはハッキリしている。ところでアメリカの連邦捜査でドランプ大統領が特別検察官(アンタチャブル・ユニット)から前連邦捜査局(FBI)長官解任疑惑事件で司法妨害の嫌疑捜査を受けているらしい。アメリカのドランプ(ビジネスマン→シカゴのアルカポネ)大統領さんよ、どうなってるんだ??これじゃ低中産層階級の無・停職者の雇用拡充はなかなかおぼつかないかな?さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ観て見ようーっと、素晴らしい絵があったので観よう、北朝鮮の核爆弾小型化製造に直結する地下核実験問題でアメリカ軍の軍事特殊航空調査部隊である航空戦闘軍団・第25航空軍・空軍(最新)技術応用センター所属の核兵器ハンター“nuke hunter” WC-135W (61-2667)コンスタント・フェニックス特殊観測機である。 核兵器ハンターは空中放射性等浮遊粒子収集プラットホーム機として核技術が未熟な北朝鮮がまき散らした不要物を国際的に影響が無いかどうかの観測をいち早く進めているだろうなぁーとジジイの独り言。
ノース・コリアの核分裂実験ダストを常に監視収集するコンスタント・フェニックスWC-135



  


Posted by tsuzuki  at 16:29Comments(0)

2017年06月14日

大英連合ジャッカルは国益保護第一義のもと海外領土防衛と国際平和維持活動の支援に活躍

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズされた店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、本日もまた素晴らしい天気でありマスネ。「The Last of the Mohicans」のテーマ曲を聴きながらとっても気分がよろしいです。平日のこんな日はスカプラも人の出入りは閑散としますね・・・・仕方が無いですね!では内外のニュースをチト覗いて観ますかな、日本に牙を向いてきた(北)朝鮮人民軍では旧ソ連から購入した「かなり旧式の戦闘機類」の延命・改修に躍起だろうし、ミサイルにしても「スカッド・Cタイプ」類は200発以上持っており、これの改修・改良・修正補造を進めているだろうけど朝鮮技術者の精密製造技能がそこまで到達していないようであるのであまり極端に直し入れないほうが良いような感じがするぜよ。また、メキシコでは国家政府軍とメキシコ・マフィア武力集団(テロリスト)とで麻薬戦争が激化して来ており、ジャーナリストの暗殺や住民を巻き込んだ殺戮が増加して来ているらしい。殺人集団は血迷い狂うと何をしでかすか・・・・非情・無慈悲な殺人しかしない。普通の平和な生活をしている人間にはとても理解できるものでは無い、何故か、徒党を組んだ集団はおごり崇拝や慣れ親しんで狂ってるから・・・国内では、大多数派の首相支持派が石破茂氏との論議での異論動向に対して集団強権を誇示し場合によっては石橋氏の今後の党内活動に動止態様を見せるのか・・・今の所、石破氏のいい意味での一匹狼まがいの対抗姿勢は新たなより国のために飛躍した党を結束出来るのか?・・・得てしてこんな場合の集団内の動静は単一人には冷ややかで疎外した態度であるなぁーと。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ観て見よう、きれいな絵があったので紹介したい、欧州NATO軍の一員であり女王陛下の部隊である「アームド・フォーシーズ・オブ・ザ・クラウン」 (Armed Forces of the Crown)、いわゆる「イギリス連合王国」陸軍の偵察・パトロール用戦闘装甲車両のスパキャット「HMT400・ジャッカル」4輪高機動車である。このタイプには運用任務や作戦内容で装備付帯、交換で様々な形体車輌があるのかなぁーとジジイの独り言。
大英連合ジャッカルは国益保護第一義のもと海外領土防衛と国際平和維持活動の支援に活躍

  


Posted by tsuzuki  at 14:25Comments(0)

2017年06月13日

イタリアのC1アリエテ重戦車のタンク・コンボイこんな集団ははそんなに観れるものでは無い

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズされた店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、今日は天気いいですね、サッパリとした気分で過ごしています。ではここで内外のニュース見て観よう、「ロシアゲート疑惑」で取りざたされてるドランプ・アメリカ大統領がホワイトハウスのテレビ報道初公開の自身の「閣僚幹部会議」で太鼓持ちの各閣僚から褒めちぎられたとのこと、最高ボスに指名推挙された各閣僚のへつらい機嫌取り発言行動は金と権力のある組織ボスのもとではうさん臭いと言われても当たり前のことである。各閣僚はドランプ大統領を大衆の前で極端に褒めれば褒めるほど閣僚自身の処遇がアップされると言う事を深く理解している。操り子供の如くの態様を認識している閣僚ほど不気味な存在は無い。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ観て見よう、なかなか観られない欧州の戦車絵でスッキリしたのがあったので観よう、イタリア(共和国)・共和国陸軍・アリエテ機甲旅団の戦車連隊?に所属する主砲44口径120mm 滑腔砲(40発以上積載)を搭載するC1アリエテ(意味は「牡羊座」)大型重戦車である。重量55トンもあるのにV型12気筒スーパーチャージド・ディーゼルエンジン1200馬力超を持ち60キロ以上で走行する能力を持ってる。凄いなぁーと勇ましい絵を見ながらジジイの独り言。
イタリアのC1アリエテ重戦車のタンク・コンボイこんな集団ははそんなに観れるものでは無い


  


Posted by tsuzuki  at 14:37Comments(0)

2017年06月12日

バレット50ターゲット・ロックオン・シュートで瞬時に物体の一部分が片となって消滅・・か

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズされた店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、どんよりした曇り空のような感じ、変に落ち着きますね。雨はいらないです。ではここで内外のニュースを見て観ましょうか、フィリピン国軍がミンダナオ島で進めているイスラム武闘派『マウテ・グループ』(過激派組織「イスラム国」(IS)系・武装勢力)の掃討作戦でアメリカ軍の軍事顧問団(前線戦闘のプロ集団)を要請した、しないでもめてる。まぁープロ集団の任務はあくまでもフィリピン国軍に治安サポート、情報収集、監視及び偵察分野での指導らしい?がそれだけでは収まらないでしょ・・・、最近はフィリピンのドゥテルテ大統領が対外的にスピーチしてる意味が良く解らない・・・パフォーマンスか??? ん、政治家(屋)はそんなもんです。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観よう、おっかないからサラリと観ましょう。アメリカ海兵隊・第2海兵遠征軍(海兵空陸機動打撃群)・第24海兵遠征団所属の狙撃(スナイパー)専門戦闘員による標的狙撃訓練で特殊用途スコープ付きライフル(SASR)の50口径(12.7ミリ)・M107(M82A3)バレット82軍戦対物用大型セミオート狙撃銃である。この大型銃、有効射程距離約2000メートル超と言われてるがスナイパー技量の超一流者と言われてる狙撃手は噂にはなるものの歴史に残らず2700メートルの対物を破壊するとも言われてるなぁーとジジイの独り言。
バレット50ターゲット・ロックオン・シュートで瞬時に物体の一部分が片となって消滅・・か







  


Posted by tsuzuki  at 15:37Comments(0)

2017年06月11日

7.62ミリ弾丸で貫かれたら生物体の合体は無残に片として破壊される、恐ろしい小火器の一つ

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズされた店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、週末日、昨日と打って変わって今日は爽やかさが有り余る天候です。買い物客もわんさか来ております。人が集まって来ると小生も気分がハイになりますね・・・いいですね。では内外のニュースを見た観ましょうか、国内は相変わらずの事件、事故話題で・・・・なんかうっとうしい。このところいぶかしげな話題の切れない海をヘだめた朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)・朝鮮人民軍・戦略ロケット軍の動向として、北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞の電子版論説で「大陸間弾道弾ミサイルロケット」恐らく飛翔距離5000キロ以上の開発に関して最終段階に来たと報じてる。先般までの数十発のミサイルロケット試射実験、特に中距離弾道ミサイルロケット「火星12」号の発射実験などで高高度、大気圏への上昇、落下再突入実験でミサイル弾頭部(小型核爆弾、生物化学爆弾)を熔解防御する熱遮蔽(しゃへい)超高レベル精密技術の確立に到達したことをアピールしている・・・・実はこの技術、アメリカやロシアでも開発に相当数の年限を擁した高度技術である。北朝鮮の主張が本当であれば、あとは「目標物標的捕捉技術精度」と「上昇高度とリフト・パワースピード」である・・・。さて恒例の働く?軍事絵を今日はさりげなくひとコマ観て見よう、アメリカ陸軍の勇猛果敢で名声を馳せた「合衆国特殊作戦軍団」の「空挺・第75レンジャー連隊」特殊作戦戦闘員による7.62ミリ・M110Aセミオートマチック軍用狙撃銃での狙撃ロックオン射撃訓練の様子である。狙撃ライフルで何おか狙らわんやと思いつつジジイの独り言。
7.62ミリ弾丸で貫かれたら生物体の合体は無残に片として破壊される、恐ろしい小火器の一つ



  


Posted by tsuzuki  at 15:25Comments(0)