2017年06月08日

EA-18Gエレクトリック・アタッカーのランサーズは西太平洋でワシ、タカの如く眼光鋭く

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズされた店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、パラッと来たが止んで今はどんより空が続いてる。では内外のニュースを見て観よう、今朝ほどのニュースで朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)・朝鮮人民軍・戦略ロケット軍が
地対艦(巡行弾道?)ミサイルを日本海北方側に数発発射したらしい、随分とミサイルロケット各種の実験ペースを急いでいるものだ。どういうタイプのミサイルなのか単純に海上移動の艦船標的タイプなのか??もしかしたら同国の(大陸間)弾道ミサイルロケットの発射に伴う、敵対国の弾道ミサイル迎撃ミサイルに対する迎撃破壊ミサイルロケットの発射実験なのか?謎は深まる?マァー、北方日本海への200キロ巡航であればどうと言う事は無い、ただ気になるのは「目標物標的捕捉技術精度」と「上昇高度とリフト・スピード」である・・・。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ観て見よう、今日からはアメリカズ・ネィビーを何点か見て観たい。アメリカ海軍・第6艦隊(空母打撃群)の超大型(10万トン級)原子力航空母艦「USS ジョージ H.ブッシュ」の艦上から訓練離艦するアメリカ海軍・第8空母航空団の第131電子戦攻撃飛行戦隊(愛称「ランサーズ」)所属の EA-18G -168772 (MSN G-86) グラウラー電子戦攻撃機(500/AJ)の飛行戦隊「ボス・ファイター機」だねーと考えながらいつものジジイの独り言。
EA-18Gエレクトリック・アタッカーのランサーズは西太平洋でワシ、タカの如く眼光鋭く



  


Posted by tsuzuki  at 16:14Comments(0)