2017年05月05日

ワイルド・ウィーゼル・CMタイプとライトニングII・Bタイプのスクラムはまず有り得ない

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズされた店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、天気晴朗で風微弱なり、極めて過ごし方良し。連休3日目に入っていますがだんだんと入込客の群れが渡来して来ている、本日も好調な兆しが見てきたようである。井の中の蛙わずにならず、では内外のニュースをちと見て観よう、国内ではもう連休帰省客のUターン、第2次帰省客の都落ちで高速道などがごった返しているのかな?在日海兵隊岩国基地では今日、アメリカ海兵隊・最新鋭ステルス戦闘爆撃機のF-35B(Block-?)短距離離陸・垂直直陸ステルス多用途戦闘機が一般公開されたようである、現在、海兵隊岩国基地には10機が配備されている。戦闘機のステルス性のメリットは敵戦闘機の捕捉を受けず長距離から攻撃・防ぎょミサイルで撃墜可能で、前方展開地域の敵対勢力支配地区でも捕捉探知・迎撃反撃されることなく偵察、攻撃を行えると言う。さて恒例の働き?軍事絵をひとコマ着て観ようっと、今日はさらりと日本ではもうお馴染み成りましたが「在日米軍三沢航空基地」米空軍・第35戦闘航空団の戦闘機F-16CMワイルドウィーゼル機による「PACAF・F-16・Demo・Team」の飛行展示機動の見事さである。近場でいつも観ているが訓練回数を増すたびに新たな意識が生まれてくるようであるなぁーといつものヂヂイの独り言。
ワイルド・ウィーゼル・CMタイプとライトニングII・Bタイプのスクラムはまず有り得ない





  


Posted by tsuzuki  at 12:29Comments(0)