2017年03月17日

そしてまた1機ヘラクレスが鮮やかで綺麗な弧を描きながら戦術輸送列戦場面から去って行く

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズな店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、一時、小雨小雪交じりの天気から打って変っていきなりの晴れ渡った青空、さっきまでの天気は一体何なんだ??そういえば、三沢飛行場の滑走路がメンテナンス工事のためこの5月中旬から7月上旬まで閉鎖される。この間わが三沢の「在日米軍三沢航空基地」のアメリカ空軍・ワイルドウィーゼル部隊は八戸海上自衛隊基地に移動か、アメリカ海軍・対潜ポセイドン部隊は嘉手納基地へだろうし、同じくブラックレィブン部隊はアメリカ本国へ帰還するし、航空自衛隊のサムライ部隊は千歳基地へ臨時移転?など目まぐるしい移動準備に入るだろう。まぁーそれでも7月以降には、それぞれが帰って来るだろうし、さらにアメリカ海軍の新しい電子戦攻撃部隊も来るし、空軍のグローバルホーク無人偵察機部隊も来るし、また年末には最新鋭機F-35A部隊の準備配備の動向も見えて来るだろう。では内外のニュースを見て観よう、やけくそ籠池学園の突飛な発言問題と南スーダン陸自遠征日報工作問題で騒々しい一日が暮れて行く・・・・何だか、よう解らん詐欺、偽証のような不可思議だらけの成り行きでしばらくは静観することとする。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ紹介する、アメリカ軍の予備軍団で空軍州兵局・アラスカ空軍州兵・第176航空団・第176作戦群・第144空輸飛行中隊(ザ・ラスト・フロンティア)配備機であったC-130H-4982 (82-0060) ハーキュリーズ戦術輸送機が見事な山脈上空旋回をするラストフライトだなぁーと感じながらバイバイナイスフライトでヂヂイの独り言。
そしてまた1機ヘラクレスが鮮やかで綺麗な弧を描きながら戦術輸送列戦場面から去って行く




  


Posted by tsuzuki  at 16:01Comments(0)