2017年02月18日

願掛け「三沢基地航空祭」に集合!バーズ、インパルス、ライトニング、ランサー、バフたちよ

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズされた店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、
今日は非常に天気がよろしいです。で、今日は内外のニュースを止めて、小生の希望的な観測でのエアーショー招致の分析をしてみたい。先日、前出分析情報も出していたが「アメリカ空軍の最高峰の飛行曲技展示飛行隊の『サンダーバーズ』来日に想いを込めて紹介したが今年の米空軍『サンダーバーズ』極東ツアーの動向分析の一助として、勝手な分析追加情報を紹介したい。今年のコロラド・エアーショー終了の9月25日から翌10月6日の約10日間に空白のスケジュール日程があるが、これはどういう事か????
ここしばらくは極東ツアー(日本では特に「在日米軍三沢航空基地」訪問)が組まれていないがもうそろそろお出でになる頃である。因みに三沢基地のこれからの動静は、去年と今年の2回目(今年は5月上旬から7月中旬)に亘るメイン滑走路改修工事が完全終了し新品になる事からこの5月前までに米空軍、米海軍、航空自衛隊演習も消化されるであろう。また、関連して今年は最新鋭F-35A統合打撃戦闘機の航空自衛隊への配備などがある。恐らくは、今年9月末に設定されるであろう『三沢基地航空祭』には「米空軍・サンダーバーズ」「空自・ブルーインパルス」の飛行展示の他、「空自・F-35Aステルス統合打撃戦闘機」や「米海兵隊・F-35BライトニングII短距離・垂直離着陸戦術戦闘機(ニフカバトルネットワーク運用)」の地上展示、加えてグアムの「B-1Bランサー超音速低空進攻戦略爆撃機」の機動展示が観られることを願ってる。さて恒例の軍事絵であるがアメリカ戦闘軍団・第12航空軍・第388戦闘航空団・第388作戦群・第34戦闘飛行隊(粗暴な牡羊)所属のF-35A(AF-81)13-5075 ライトニングII 統合打撃戦闘機である。この戦術戦闘機は、これまでの機動飛行演習で1機で複数十機を相手にドッグファイトがこなせると言う戦闘機機能最精粋の「ゲーム・チェンジャー」と呼ばれているなぁーと瞑想にふけりながらまたもやヂヂイの独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 14:40Comments(0)

2017年02月17日

戦闘訓練で対敵技術習得した海兵隊歩兵(女性)士官戦闘員をあまく見るとえらい目に遭うよ

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズされた店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、今日の早朝は晴れて気持ちが良かったが今時分はシトシト雨になりました。ここ二、三日の夜10時過ぎにアメリカ空軍の大型機や戦闘機がバンバン飛び出して行く、すでに1週間以上前にブラックレイバン、ワイルド・ウィーゼル(14FS)がグアムやアラスカやタイ?かな、或いはインド(エアーショー)にはパンチ・デモ機が出て行ったが・・・・、で残ってるワイルドウィーゼル(13FS)も日中(朝)の飛び出しが少ないような・・・。では内外のニュースを観て見よう、アメリカ・ドランプ組閣体制が揺らいでいる。これは当分続くだろう、アメリカ国民の半分以上がドランプを押したのだからガタついても選出した保護主義推奨の国民と共和党組織が何とかするであろう・・・・まぁー、内政干渉は出来ないな。ドランプのビジネスマン論理の経済向上論は所詮、自社、企業・個人投資家が儲けを追求することには長けていることになるが・・・・。さてここで恒例の働く軍事絵をひとコマ紹介する、アメリカ軍隊における女性軍人に対する差別、偏見は克服、寛大なようでなかなか裏舞台を見せられるとそうでもないようである。アメリカ海兵隊の女性士官候補生の「海兵隊歩兵(女性)士官コース訓練」訓練一端は表向きこんな感じです。男女別なく自身の国を守り地球(区域)規模?の安寧存続に励む訓練姿は美しく観ていて気持ちが良いものであるなぁーと思いながらヂヂイの独り言。

  


Posted by tsuzuki  at 11:58Comments(0)

2017年02月16日

M240マシンガンに正面から睨まれ、ましてやこっちへ発砲とか思うと気持ちの良いものでは無い

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズされた店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、ちちっと小寒いがまぁー凌ぎ易い気候となっております・・・・が、車の往来はいつ通りだが人通りは閑散としている。では内外のニュースを観て見よう、トップの失態まがいの出来事で混乱が続いてるアメリカで軍がシリア内戦に地上軍?の派遣を提案しているらしい、軍事政策素人の目か見てもこうなるとロシアのシリア介入で泥沼化が硬直化する恐れが出てくるだろう、軍事「変」には軍事「乱」で対抗措置がおのずと拡大を見せるだろう日本の南スーダンへの国連派遣とかなんとか言ってられない。完全な戦争状態に突入する前章事態である。止めれるのは国連でもない!ヨーロッパ軍事列強国だけかもしれない。さて、恒例の働く軍事絵をひとコマ紹介する、この絵はアメリカ陸軍の装甲騎兵部隊である第11装甲騎兵連隊(黒馬連隊)隊員による7.62ミリ・M240B中量級機関銃による防ぎょ、援護射撃訓練である。こういう武器は正面から観るものではない!恐ろしく気持ちが良くないものである・・・・過去の戦争時ではこういう場面が多々あったのかなぁーと思いつつヂヂイの独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 15:59Comments(0)

2017年02月15日

海兵隊・怪獣スタリオンは何から何まで巨大です、でもこれが海兵機動群の強襲大量進攻では強い味方

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズした店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、なんか今日も良い気候に恵まれています、気分いいです最高ですよ。では内外のニュースを観て見よう、これまでの予知推測どおり北朝鮮キムジョンウンの体制下でよほど目につくのか?ウロウロしてジャマなのか異母兄のジョンナンが命を受けた女殺し屋に薬殺された。現在の北朝鮮体制下ではジョンウンも側近も含めて誰も信用できない日常生活を送っているだろう、このことは側近連中に次抹殺されるのはは俺・私かも?を抱かせるであろう?殺られる前に殺れの恐怖感情を破滅的に増幅させるであろう。日本の東京では豊洲問題で新証言がでて来たらしい?何回も言うが嘘つき当時の石原元都知事が公務職従事で知らないと言うのは、嘘つきの塊である、この方を当時の都民は崇拝していたのだから余計始末に悪い。まぁ、一般の方々は行政組織、事業処理、予算充当の仕組みは多分理解できないからしようがない。さて、恒例の軍事絵でどっしりと重装感のある絵をひとコマ紹介する、アメリカ海兵隊の海兵空地任務部隊である第2海兵航空団・第29海兵航空群・第464

海兵重ヘリコプター飛行隊(コンドルズ)所属のCH-53Eスーパースタリオン大型輸送ヘリコプター機である。この巨大重量雄姿では一回のフライトでドラム缶25本分(航空機燃料は灯油に似ている)は消費するであろうなぁーと考えながらヂヂイの独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 15:37Comments(0)

2017年02月14日

ウァーホッグ・タンクキラーのアベンジャー砲の破壊力は半端ではない威力を持ってる

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズなお店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、今日の今時分でもほんのり暖かい気候状況です、春がそこまで近づいて来ているらしいですね。では内外のニュースをちと見て観よう、公立医療機関始まって以来の悪しき歴史を作るか京都府立医科大付属病院がこともあろうに大組織・暴力団と癒着をしているらしいと言う事で高等検察庁が捜査に入った、これもでも民間個人診療所の診断書改ざん事件はあったが公立病院は無いでしょ??高検が可動したのでそれなりの裏を執ってあるであろう。病院関係者特定の医療算術(現ナマを見せられ手を出したか?)なのか。本来医療は医術でしょう、違いますかね?さて恒例の軍事絵でわりと綺麗な絵が在ったのでひとコマ紹介する、アメリカ空軍でお隣り大韓民国・在韓オーサン航空基地に配備されてるアメリカ空軍・太平洋航空軍団・第7航空軍・第51戦闘航空団・第51作戦群・第25戦闘飛行中隊(フライング・エルヴィス→飛翔王)所属のA—10CサンダーボルトII・対地(対戦車)攻撃機(04/OS)である。この攻撃機のニックネームは「イボイノシシ」、別名「タンクキラー」とも呼ばれてる。もうリタイアの時期が近づいて来ているが機体先端に装備している強力な破壊力を持つ30ミリ砲アベンジャー機関砲の攻撃は戦車などの相当な厚さを持つ特殊鋼もブチ抜く威力を持っているものすごい威力で地上部隊の頼もしい支援(攻撃)機だなぁーと思い出しながらヂヂイの独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 17:23Comments(0)

2017年02月13日

サァー、行こうぜよドッグファイトのアンダーセンへ、メディニラ対地ボンブレンジに向かって

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズされた店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、今日も快晴爽快な気候ですね。ちらっとその辺でも散策したくなるね。さて、内外のニュースを観て見よう、日本海の山陰地方ではなんかいつに無い連日の大雪で混乱しているようだ、自然に負けない除排雪に頑張ろう。うちらのほうでもちょっと昔にはこういう事もあったね。何とかみんなで協力し合って克服して行こうぜよ。では恒例の働く軍事絵をひとコマ紹介しよう、アメリカ海兵隊・第3海兵航空団・第11海兵航空群・第225海兵(全天候)戦闘攻撃戦隊(ヴァキングズ)所属のF/A-18D(夜間攻撃強化型)ホーネット戦闘攻撃機である。グアム・Eコープノースに向かうパイロットのアタックハンドサインに敬意を証して敬礼するグランドクルーの後姿にはキッリッとした感じが手に取るように解るし、伝わって来るなぁーと考えつつヂヂイの独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 13:51Comments(0)

2017年02月12日

レーダーバスターワイルド・ウィーゼルよ、ジャミング・ブラックレイバンよと言っても知名度は

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズな店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、取敢えずは今日も爽快な天候に近いです、まぁまぁの気候ですね。スカプラも週末は来客が多いですね、おこぼれを頂戴したいですね。では内外のニュースを観て見よう、北朝鮮がムスダン改良型の中距離弾道ミサイルロケット(核弾頭の小型化が技術的に確立していれば搭載可能型)を試射したらしい、一応はロケット燃焼はある程度成功しているようだが???目標着弾地点のインプット精度はどうなのか??かなりの疑問が残る。この時代日本民族は非常に誤射を気にする、勿論間違っては困る訳だけど、でも先進国のミサイル誘導技術においても誤射は有り得る・・・・・チョット待って、勘弁してよ。さて恒例の軍事絵をひとコマ紹介する、この絵は在日米軍三沢航空基地配備のテナント自衛隊は勿論、アメリカ空軍、アメリカ海軍の精密戦闘、爆撃、攻撃戦闘機が集結しているグアム・アンダーセン空軍基地などが運用している対地上戦支援攻撃射撃・射爆撃標的場(ファイアー・ボンブレンジ)であるファラロン・デ・メディニラ島(通称メディニラ・レンジ)である。よく見ると投弾爆撃痕跡が観えるかなぁー、日本の皆さんにあまり知られていないがアメリカ海軍では結構な歴史がある、小生も久し振り?に現状を観て見たいなぁーと思って空想的思いに耽ってヂヂイの独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 12:10Comments(0)

2017年02月11日

ロシア、北朝鮮、中国から見た日本列島南北延長線上の島々群は軍事・経済進攻上ジャマな存在

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズな店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、今日は太陽光もあたたく感じるし天気もいいし気分のほうも爽快だし、この分だとどっしりと重く厚い積雪も解けるであろう。さて、内外のニュースを観て見よう、オイオイこれってどういうことだ、足立区で長男の鼻にチューブを押し込んだり顔に落書きしたり、両手足をテープで縛り、虐待の様子を「ツイッター」にアップで母親は「おもしろかったから投稿した」、これってどういう人間の神経????子供はオモチャでは無い。この母親の親御さんはどういう育て方を??最近はこういう事件が多くなってきたような感じがする。では、恒例の軍事絵に類した極東諸国・国家間の防衛ラインと軍備遠征進出ラインの境界線状況をひとコマ紹介する、この絵は日本側とは反対(ロシア、中国、北朝鮮)側から見た海洋(日本海等)を挟んだ地図である。よく見ると、大陸・ロシア国、北朝鮮国、中国から見た日本列島南北延長線上の連立した島々群の千島列島から日本列島そして台湾までの奄美列島が大陸側から見ると一つの膨大な長さの頑強な砦となっていると言える。したがって、前記の独裁国家から見ると経済艦船は勿論、資源確保、防衛進攻で海洋「太平洋」公海上に出向く際には非常にジャマな存在である。だから、ロシアとの北方4島問題でも、中国との東・南シナ海問題でも難癖をつけて来て不法ずうずうしい進出により既成事実をでっち上げて正当化を主張する。民族のこれまでに培った歴史・社会(共産国)文化との違いであるので・・・・・・想いにふけりながらまたもやヂヂイの独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 11:11Comments(0)

2017年02月10日

北朝鮮のICBMを睨んでかアメリカ空軍・ボーン超音速戦略爆撃機をアンダーセンに大量遠征

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズな店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、今時分は快晴いですが夕べからの約10センチぐらいの降積雪もおさまり、早朝から歩道の除雪に小生の除雪車がフル稼働で投雪・・・・・。除雪車の馬力も通常時は19でいいが今日はえらく雪が凄く重いためマックス22で稼働・・・エンジンもひぃーひぃー云ってチト可哀そうな感じの除雪車運行であった。では内外のニュースを観て見よう、音響メーカーユニットの「ソニー」タッグが耳を塞がずに周囲の音や声を聞きながら、音楽も聴けるオーディオデバイスを開発したね、これでながら族の無神経な事故率を抑えることが出来ればよいが・・・・・???さて、恒例の働く軍事絵をふたコマ紹介しよう、アメリカ空軍・航空地球規模戦闘軍団・第8航空軍・第7爆撃航空団・第7作戦群・第9遠征爆撃飛行隊のB-1Bランサー(通常は「ボーン」部隊と呼ばれる)超音速・超低空戦略爆撃機(86-0127/ DY)をはじめ一度に一気に7機がグアム・アンダーセン空軍基地に飛来してる。アメリカ空軍ではこれまで毎年わたりB-1の他、B-52Hストラトフォートレス(空飛ぶ要塞)大型戦略爆撃機、B-2Aスピリット・ステルス戦略爆撃機をインド・アジア太平洋地域の安寧に提供しているがボーンがこんなに集団で来るのは珍しいではないかなぁーとヂヂイの独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 12:33Comments(0)

2017年02月09日

ほとんど離陸滑走路のいらないAV-8BハリアーII+は最新型のF-35BライトニングIIと似てるね

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズの店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、今日も多少気温は低いものの爽快ですね、心の内もこうあってほしい一日です。では内外のニュースを観て見よう、驚きですね、どうもあの天下の「東芝(グループ)」がひん死の重傷らしいです、あまり良い表現ではないがこりゃ駄目かも???こういう場合に日銀の黒田なんとか総裁、安倍ノミクスよなんとかしなければ!!恐らくは自社グループの自助努力ではどうに来出来ないのでは??超法規的な経済救済施策で安倍さん何とかしろ、昔、銀行数行を立ち直させたのではないか!!ドランプ大統領の娘の話題なんか、日本にとってはどうでもいいことだよ。さて、恒例の働く軍事絵をひとコマ紹介しよう、アメリカ海兵隊のボノム・リシャール 水陸両用強襲揚陸艦→USS Bonhomme Richard(LHD 6)の艦上から離艦して行くアメリカ海兵隊・第3海兵航空団・第13海兵航空群・第311海兵攻撃隊(VMA-311:トムキャッツ)のAV-8B ハリアー II+ (V/STOL) 短距離・離着陸攻撃機である。御多分に洩れずこの飛行部隊も搭載艦船と共にインドア・アジア太平洋地域の安寧を支える定期パトロールで戦闘準備のための部隊水準維持訓練を行ってるだろうなぁーと思いながらヂヂイの独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 12:22Comments(0)