スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2017年02月22日

ブラックレイヴィンズ・メンテナンス連中のNWU戦闘服はフレームレターデント仕様、参考に

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズな店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、今日のスラは澄み渡っています、したがって気持ちがたいへんよろしい。では内外のニュースを観て見よう、今国会で南スーダン自衛隊派遣問題で稲田防衛大臣を良男性にあるまじくしつこく国家質問にかこつけて詰問している民進党の「後藤祐一」が女性職員(官僚)に『パワハラ』だって、馬鹿、どういう人間性をもって女性イジメをしているのだ。「防衛省関係者によると、後藤が数時間にわたり、大声を上げたり、机をたたいて罵声抗議?し、特に女性官僚には「人事評価を下げてやる」「お前をクビにできる」などと、超高圧的な態度と言動で話したという」どアホが、多分、自分の地位をいいことにタカをくくり坊若無人な汚口、罵声を浴びせたのだろう・・・、馬鹿たれ!民進党も腐ったか!!さて働く人の軍事絵をひとコマ見て観よう、在日米軍三沢航空基地にローティション配備されているアメリカ海軍の第135電子戦攻撃隊(ブラックレイヴィンズ)のE/A-18Gグラウラー電子戦攻撃機のメンテナンス整備隊の連中はグアム・アンダーセンでの単独訓練移転遠征に同行し逞しくも雄雄しく働いているのである。持ち上げてるミサイル型のデータ収集機器はサイドワインダーミサイル(大体80キロ?)と同じで結構な重量だなぁーと思いながらまたもやヂヂイの独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 12:37Comments(0)