2017年02月18日

願掛け「三沢基地航空祭」に集合!バーズ、インパルス、ライトニング、ランサー、バフたちよ

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズされた店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、
今日は非常に天気がよろしいです。で、今日は内外のニュースを止めて、小生の希望的な観測でのエアーショー招致の分析をしてみたい。先日、前出分析情報も出していたが「アメリカ空軍の最高峰の飛行曲技展示飛行隊の『サンダーバーズ』来日に想いを込めて紹介したが今年の米空軍『サンダーバーズ』極東ツアーの動向分析の一助として、勝手な分析追加情報を紹介したい。今年のコロラド・エアーショー終了の9月25日から翌10月6日の約10日間に空白のスケジュール日程があるが、これはどういう事か????
ここしばらくは極東ツアー(日本では特に「在日米軍三沢航空基地」訪問)が組まれていないがもうそろそろお出でになる頃である。因みに三沢基地のこれからの動静は、去年と今年の2回目(今年は5月上旬から7月中旬)に亘るメイン滑走路改修工事が完全終了し新品になる事からこの5月前までに米空軍、米海軍、航空自衛隊演習も消化されるであろう。また、関連して今年は最新鋭F-35A統合打撃戦闘機の航空自衛隊への配備などがある。恐らくは、今年9月末に設定されるであろう『三沢基地航空祭』には「米空軍・サンダーバーズ」「空自・ブルーインパルス」の飛行展示の他、「空自・F-35Aステルス統合打撃戦闘機」や「米海兵隊・F-35BライトニングII短距離・垂直離着陸戦術戦闘機(ニフカバトルネットワーク運用)」の地上展示、加えてグアムの「B-1Bランサー超音速低空進攻戦略爆撃機」の機動展示が観られることを願ってる。さて恒例の軍事絵であるがアメリカ戦闘軍団・第12航空軍・第388戦闘航空団・第388作戦群・第34戦闘飛行隊(粗暴な牡羊)所属のF-35A(AF-81)13-5075 ライトニングII 統合打撃戦闘機である。この戦術戦闘機は、これまでの機動飛行演習で1機で複数十機を相手にドッグファイトがこなせると言う戦闘機機能最精粋の「ゲーム・チェンジャー」と呼ばれているなぁーと瞑想にふけりながらまたもやヂヂイの独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 14:40Comments(0)