2017年02月14日

ウァーホッグ・タンクキラーのアベンジャー砲の破壊力は半端ではない威力を持ってる

三沢アメリカ村(東北一アメリカナイズなお店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、今日の今時分でもほんのり暖かい気候状況です、春がそこまで近づいて来ているらしいですね。では内外のニュースをちと見て観よう、公立医療機関始まって以来の悪しき歴史を作るか京都府立医科大付属病院がこともあろうに大組織・暴力団と癒着をしているらしいと言う事で高等検察庁が捜査に入った、これもでも民間個人診療所の診断書改ざん事件はあったが公立病院は無いでしょ??高検が可動したのでそれなりの裏を執ってあるであろう。病院関係者特定の医療算術(現ナマを見せられ手を出したか?)なのか。本来医療は医術でしょう、違いますかね?さて恒例の軍事絵でわりと綺麗な絵が在ったのでひとコマ紹介する、アメリカ空軍でお隣り大韓民国・在韓オーサン航空基地に配備されてるアメリカ空軍・太平洋航空軍団・第7航空軍・第51戦闘航空団・第51作戦群・第25戦闘飛行中隊(フライング・エルヴィス→飛翔王)所属のA—10CサンダーボルトII・対地(対戦車)攻撃機(04/OS)である。この攻撃機のニックネームは「イボイノシシ」、別名「タンクキラー」とも呼ばれてる。もうリタイアの時期が近づいて来ているが機体先端に装備している強力な破壊力を持つ30ミリ砲アベンジャー機関砲の攻撃は戦車などの相当な厚さを持つ特殊鋼もブチ抜く威力を持っているものすごい威力で地上部隊の頼もしい支援(攻撃)機だなぁーと思い出しながらヂヂイの独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 17:23Comments(0)